ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


対艦誘導弾


ヨミ: タイカンユウドウダン
掲示板をミル!
54カキコ!

対艦誘導弾とは、日本における対艦ミサイルの呼称である。ここでは、陸自衛隊が運用している各種対艦誘導弾についても説明する。

兵器カテゴリーとしての対艦ミサイルについては該当記事参照のこと。


概要


四方をに囲まれた日本にとって、来する敵対の艦隊撃破は至上命題である。よって日本では70年代より対艦ミサイルの開発が進められていた。

対艦ミサイルとして著名なものはハープーン系列(米国)やエグゾゼ()、SS-N-20(露)、シルクワーム(中国)といったものがあげられるが、日本80対艦誘導弾(ASM-1)を完成させ、以後の対艦誘導弾シリーズの発展へとつながっていく。

名称方法は「(A/S)SM-×」となっており、頭文字中発射の場合は先頭に「Air(中)」、地上あるいは艦艇の場合は「Surface(陸上)」あるいは「Ship(艦艇)」の意味となる。「×」は開発コードとなり、良等が加えられた場合その後ろに「B」などの順序が付く。

ここでは開発順にそれぞれ簡単な説明を行うものとする。


80式空対艦誘導弾 (ASM-1)


支援戦闘機F-1で使用することを的に内で独自に開発された。1973年より開発が開始され、1980年から実用を開始した。発射機からデータを入された後に発射され、シーキミング高度まで降下し慣性航法装置の誘導で巡航、標に接近してからミサイル先端にあるレーダーを作動させ、アクティブレーダーホーミングで命中する。FS-X次期支援戦闘機エアワールド1993年1月号別冊 pp.56-57

F-1F-4EJに搭載された。推進方法はロケット方式。開発当時から逸話に事欠かず、あまりにも模擬標にあたるため標的の手持ちがなくなるとか、「破片でも部品はすべて回収すること」などといわれたのがこのASM-1だったりする。

日本にとって初めての対艦ミサイルであるが、さらにいえば日本近代において開発した兵器として初めて?まともなファミリー化を達成することが出来た。これはシーカー/弾頭/推進部といったミサイル構成をすべてモジュール化したことにより成しえたことであり、以後の対艦誘導弾ファミリーの基礎ともなった。


88式地対艦誘導弾 (SSM-1)


中発射の開発に成功したあとを受けて開発された陸上発射対艦誘導弾。地上発射であるため、ロケットモーターによる推進だけではなく発射後はターボジェットにより自立航法で飛行する。

似たようなシロモノはエグゾゼ、シルクワームなどがあるが、日本独自のものとして地形追従機を持ちえたことがあるだろう。つまり、通常の対艦ミサイルは沿部からの地などから放たれるのだが、土の行きがない日本においては地隠蔽などが難しい。そのため、内陸部深くからトラック程度の車両荷台に乗せられた発射機から放たれ、山間部を縫うように飛び、上陸地点合いにいる艦艇に対して攻撃を行う、非常に嫌らしい有効的な投射を持ちえた。

その他にも色々くありげな話などがあり、米国でのテストでは終末誘導では様々な電子的対抗手段をものともせず全弾命中したとか、ある程度のレーダー波吸収塗料が塗られているという話がある。


12式地対艦誘導弾


2001年から88式地対艦誘導弾()として開発されていた。重装輪ミサイルを6発搭載可。発射機以外にも捜索レーダー、射撃統制装置、中継装置も一緒に展開される。射程は100130kmと推測されており、ミサイルの中間誘導にはGPSが使用され、命中直前はアクティブレーダーホーミングに切り替わる。https://www.zakzak.co.jp/soc/news/170616/soc1706160009-n1.html[外部]

くも2017年度予算で、後継の12式SSM()の開発が開始されている。http://www.jwing.net/news/1503[外部]


90式艦対艦誘導弾 (SSM-1B)


SSM-1を艦艇から発射できるようにしたタイプハープーンの代替として護衛艦などに搭載された。
インターフェースハープーンと互換性を持つよう設計されており、ランチャーもキャニスターの蓋に突起があるほかはそっくり。

現在陸自の12式地対艦誘導弾をベースに、射程延長とヘリからの情報更新を付加した新の研究開発がスタートしており、こちらもインターフェースに互換性をもつ予定。
なお、より妨に強い、アクティブ電波シーカー赤外線画像の複合式の艦対艦誘導弾用センサーの研究が開始されていたが、研究のみにとどまっている模様である。


91式空対艦誘導弾 (ASM-1C)


SSM-1/SSM-1Bと同様に、P-3Cからの発射を可にしたタイプ中発射のため初期推進のロケットモーターは搭載していない。


93式空対艦誘導弾 (ASM-2/B)


それまでのASM-1系列から一新、終末誘導をレーダーではなく赤外線画像(イメージIR)誘導とし、あわせてASM-1以上の射程を達成した。射程は80NM(150km程度)と呼ばれているが実際にはもっとあるだろうとも言われている。イメージIR誘導によって大半の電子妨効化するだけではなく着弾位置すら選べるようになったという話まである。ステルスにも配慮されている。搭載機はF-4EJおよびF-2であり、F-2にいたっては下に4発のASM-2を搭載することが可である。

これまたあまり大っぴらになっていない話であるが、若干良も対応しており現在93対艦誘導弾(B)という名で導入は継続中。さらにここ最近の調達情報を見るにGPS誘導装置やらデータリンクを搭載したASM-2D/Lタイプもあるようだ。えーっと…それってひょっとして日本対地ミサイル(AGM-84 SLAM)ですか?


ASM-3【軍事ワールド】廃艦に実射も 新型対艦ミサイル「ASM-3」ができるまで[外部] 2018.12.3


全長約6m、重量約940kgで、ASM-1ASM-2の後継として平成15年から開発されていた。2019年度から量産される。

固体ロケットモーターラムジェットエンジンを組み合わせることで音速巡航を実現、最高速度もマッハ3以上になる。誘導方式はアクティブ電波、パッシブ電波の両方を使用する複合誘導方式となっている。

修を加えることで護衛艦のVLSにも搭載可とされている。


現在検討および開発中の対艦誘導弾


対艦ミサイルについては現在も色々な形で良・開発が行われている。これは諸外対艦ミサイルが長射程・高速化している現状に合わせているものと考えられる。

新艦対艦誘導弾/対艦誘導弾/新地対艦誘導弾(平成29年予算概算要資料より)

12式地対艦誘導弾を原海上自衛隊護衛艦ないし機への搭載機を眼とした誘導弾である。開発は平成28年度までであり艦対艦誘導弾タイプは既に試験艦あすかにてランチャーごと搭載されている様子が確認されている。88式地対艦誘導弾を原90式艦対艦誘導弾、91対艦誘導弾が開発されたのと経緯は同様。

コンポーネントの共通化を図っており、開発費も60億円以下に収められている。原たる12式が88式同様に素性の良い対艦ミサイルであること。80対艦誘導弾以来継続されたモジュール化、部品共用化の恩恵に預かり新護衛艦P-1機への搭載や配備は近い将来に実現する模様である。

一方の12式地対艦誘導弾を原とした新地対艦誘導弾はに射程延伸。具体的には300km以上の長射程を達成した上で南西諸防衛を達成するものである。従来の陸上自衛隊地対艦誘導弾が沿からかなり屋内の陸地からの発射を想定したのに対し、こちらは同様の射撃手段を用いつつもより長射程射撃達成をしている。

80対艦誘導弾が90年代の各種対艦誘導弾の原となったように、RCS減少及びシーカーにフェイズドアレイアンテナ及びESMを搭載。中間誘導に慣性航法装置だけでなくGPSも採用した12式は至極現状における遷音速対艦誘導弾としては素性が良い様子であり、陸における開発及び性善が継続されると思われる。


関連動画



■sm3032601[ニコ動]


関連コミュニティ


■co1109
■co1088


関連項目



最終更新日: 19/03/20 02:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ