ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


小早川隆景


ヨミ: コバヤカワタカカゲ
掲示板をミル!
55カキコ!

小早川隆景こばやかわ・たかかげ 1533年日未詳 - 1597年7月26日)とは、日本戦国武将・戦国大名である。

人物概要は以下の通り。

 


生涯



父の駒として


文2年(1533年)に、毛利元就の3人息子として生を受ける。幼名は徳寿丸。
利発な性格で、容姿も端麗なイケメンだったとされる。その容姿が時の大大名だった大内義隆に止まり、長毛利隆元ともども2人は義アッー!な関係に(ry

毛利元就政治的布石として、次である吉川元春と共に他の養子となった。
小早川竹原)に養子として入り、同の有する地元軍勢を取り込む。その後、分筋である小早川沼田)も統合して継承し、毛利の影を徐々に安芸全体に浸透させていく。
この政争劇の裏で、田坂全慶を始めとする反毛利の多くが粛清されていったわけだが、はこの時期(まだ10代!)から既に元就の謀略に動的に参画していたとされる。

の統率と智謀は凄まじいものがあり、小早川軍勢とこれに付随した情報網を束ね、毛利の重要な補となるまでに時間はかからなかった。1555年の厳島の戦い、続く1557年の防長経略、1560年代の尼子との戦いにいては元就の右腕として、最重要の役割を果たした。

元就の隠居、隆元督継承後は、世にも有名な「三本の矢」そして「毛利」の1人となる。隆元が急逝すると、隆元の一人息子(つまり甥)毛利輝元を当として補佐するにあたり、更にその立場を強めていく。

2年(1571年)に毛利元就が、75年の寿を全うして逝去。の遺志を継いで毛利の守成に従事していくことになるが、彼の人生の正念場は、むしろこれからと言えた。

 


両川の片翼として


創業者(正確には中の祖だが)である毛利元就が逝去し、守成の時代を迎えたはずの毛利だったが、そこに思わぬ強敵が現れる。織田信長であった。しかも間の悪いことに、織田信長と敵対した元将軍足利義昭が、1576年に毛利を頼って落ち延びてきてしまった。
更に悪いことは重なるもので、信長包囲網の中心的存在であった本願寺が、毛利に救援を要請してきたため、先の義昭の件も重なって、毛利はこれに応えざるを得なくなった。

織田信長と、その配下であった羽柴秀吉は、硬軟織り交ぜた様々な策略で毛利を削いでいった。
吉川元春ともども、両を遺憾なく発揮してこれに対抗するも、中央を押さえていた織田信長の勢いは凄まじく、盟友・上杉謙信の病死、第二次川口の戦い(1578年)、三木合戦(1580年)や鳥取における敗北1581年)などが重なり、毛利は徐々に劣勢となっていく。

正10年(1582年)には、ついに要衝である備中高松までもが織田軍(羽柴秀吉軍)に全に包囲され、攻めに遭ってしまう。この時点では、織田軍に単独で勝利する論見を捨てており、安国寺恵瓊を通じて織田と和交渉を図っていたとされる。
だが、その和は、意外な形で成立することになる。

本能寺の変により、織田信長が横死したのである。羽柴秀吉は停戦を受け入れた毛利軍をに、中国大返しを行って明智光秀を討ってしまう。
この時、の元は「秀吉を追撃すべき」としたが、秀吉を評価し、その天下統一を予見していたは追撃を却下したとされる。(これには異説もある。だが、この時の遣り取りと確執が元で、は元との仲を壊してしまったらしい。事実、元はこの直後に隠居し、秀吉距離をとった。)

 


豊臣政権下の実力者として


本能寺の変に伴う騒動の後、秀吉に接近し、四国攻め、九州征伐、小田原の役などに参加。その天下統一事業を積極的に支援し、毛利豊臣政権下の大大名(中国地方を中心とする8カ半、およそ1205000石)として守り通すことに成功したのである。
自身も、四国攻めの後は伊予を、そして九州征伐後には筑前を中心とする3カ、およそ37万石を有する大名として取り立てられる。だがは、これを「私を毛利から引き剥がそうという秀吉の謀略であり、その手には乗らない。領地は一時的に預かっておくのみ」として、領地は一度毛利本家に収めさせ、そこからめて拝領するという形をとり、終生毛利一家臣としての立場を貫き通した。

だが、はその後も秀吉の野望に付き合わされる羽になる。彼の最後の戦いとなり、かつ寿命を縮める原因にもなったのが、朝鮮出兵こと文の役である。
立花宗茂島津義弘ら各地の傑達と共に、朝鮮・明軍と闘を繰り広げる。中でも有名なのが諦館の戦いであり、宇喜多秀家と共に最前線に立ち、数的優勢だった朝鮮・明軍を撃破する。だがそれまでの務が祟り、帰後、は病床に伏せることになる。

4年(1595年)、羽秀俊(後の小早川秀秋)に督を譲り、三原に隠居。2年後の慶長2年(1597年)に、まるでを使い果たしたかのように逝去した。享年65
死の少し前、同じく病を抱えていた異穂井田元清と「どちらが先に死ぬかな」と言葉を交わしていた。(結局はが先に逝ったが、元清もそのわずか1ヶ後に亡くなった。)

の遺言通り、毛利を守り通すために全人生げた。だが、そのの苦労が、跡を継いだ元によって危うく泡に帰しかけるのだが、それはまた別の話。

 

陪臣にして、直江山城小早川左衛門、監物杯は

下の仕置をするとも、仕兼間敷(しかねまじき)ものなりと、称誉せられけり。

豊臣秀吉       

晩年の豊臣秀吉が、臣達の中で下を任せられる人材はいるか、とかれた際に返した答え。

直江山城』は、直江兼続のこと。『監物』は、の名宰相と呼ばれた直政のこと。そして両者と並び称されているのが、『小早川左衛門』こと小早川隆景である。
秀吉から羽筑前宰相、備後中納言などと呼ばれてその才覚をされ、そして同時に警されたという。

 

私の死後、豊前の黒田殿

が領地の中に休憩所を建てたいから土地を貸して欲しい」

と言ってきても、絶対に貸してはならない。

彼の言葉には、裏の意味が必ずあるからである。

が死ぬ少し前に、臣達に言い含めたとされる文言。

豊前の黒田殿、というのは秀吉の軍師として名高い黒田官兵衛のことである。は官兵衛と非常に仲が良かったとされ、互いを『切れ者』『賢人』と褒め称え合う仲だったが、同時に領地を接する仮想敵でもあった。
が死んだ際、官兵衛は「日本からは、これで賢人がいなくなった」と嘆いたと言われているが、これは称賛と同時に好敵手を失った哀惜も含めた物言いであろう。(は官兵衛のことを「殿は即断即決が多すぎる。後悔することが多いだろう」と評していた)

 


逸話色々



新形三十六怪撰における隆景


戦国時代と直接関連はないが、幕末から明治期にかけて描かれた妖怪浮世絵・伝奇物語である『新形三十六怪撰』(著:月岡芳年)に、なんと小早川隆景が主人公として登場する物語がある。それが、29話にあたる『小早川隆景と天狗山伏問答の事』である。

この話を要約すると、このようになる。

朝鮮出兵を論む関白秀吉は、豊臣臣・小早川隆景に軍船の大量建造を命じた。はこれに応じて豊前の山に赴き、造船のための伐採を行おうとする。
山のの要請に難色を示すも、はこれを説得し、山への入山を許される。だがそこで、は様々な怪異に襲われるのだった。

そしてある晩、の元に大柄な山伏が姿を現した。山伏はに向かって、「この山の木々は、千年以上も切られたことのない木である。それを切り出し、軍船に仕立てるとは何事か。下に名高き仁将である小早川隆景殿が、そのような非な行いをなさるとは信じられない」と言った。

対するは、山伏の異様な外見を見て即座に「これは天狗だな」と見抜いていた。そこでは怖じた様子も見せずに、「確かに、このが私利私欲のために木を切るというのであれば、非難されても仕方がない。だがこれは天子様の代行である関白秀吉殿のご命であり、私はの命に従っているに過ぎない。そういう山伏殿こそ、たかが木如きにこだわって儀を蔑ろにしているではないか。それこそが非に値しないのか」と切り返した。

対する山伏(天狗)はに反論することができず、のように消え去ったという。

・・・天狗相手に説教をするとか、どこの高僧か仙人様ですか。

論、これは伝奇物語であり、架の話ではある。だが江戸時代を通じて、小早川隆景という人物が民衆の間でどのような評価を得て、どのようにり継がれていたのかが端的に判る話ではある。

(ちなみに、上の要約文は本来の内容をかなり端折っています。もっと詳しく知りたい人は「 天狗」でググってみて下さい。)

 


信長の野望における隆景


信長の野望」(PCシリーズにおける小早川隆景の力一覧。

元就に匹敵する知略と政治を持ち、戦闘力も優秀で、まさに元就亡き後の毛利の守護。また史実で毛利軍を統括した実績も評価されてか、軍適性が高い設定となっている。


次へ»
最終更新日: 16/04/06 02:42
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ