ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


小松左京賞


ヨミ: コマツサキョウショウ

小松左京賞とは、角川春樹事務所がかつて催していたSF小説募新人賞。

第1回から終了まで選考委員は小松左京ひとりが務めた。賞100万円。


概要


1999年ミレニアム到来を前に「これからはまたSFの時代だ!」と直感した角川の号で作られた新人賞。

通常、作家名を冠した文学賞作家の死後に作られるものだが、角川は当時まだ存命だった小松左京の元を訪れ、「SFの新人賞を作る。名前は小松左京賞にしたい。選考委員は小松さんひとりで」と直談判。小松左京は「自分の名前を冠した賞なんて死んだ作家みたいじゃないか」と難色を示したが、角川は「大丈夫横溝正史賞を作ってからも横溝正史は8年生きたから」と説得した……らしい実際は横溝正史は第1回横溝正史賞の結果発表後に死去している

2009年の第10回をもって休止。その後小松左京が亡くなり、再開の可性は薄そうである。

選考委員が老齢の小松左京だけだったこともあり、良くも悪くもレトロな雰囲気のSFが受賞することが多かった。そのためなのか、受賞者より落選者の方が大活躍したのが特徴で、第1回では作者が既にデビュー済みだったため落選した北野勇作『かめくん徳間デュアル文庫に拾われてその年の日本SF大賞を受賞。さらに第7回では、伊藤計劃虐殺器官円城塔Self-Reference ENGINEを両方落として受賞作なしという結果が事後的に話題を集めた。

とはいえ第1回では後に時代小説方面で活躍する、第3回では受賞作が映画化された機本伸、第4回では後に『の宮』で日本SF大賞を受賞する上田夕里などが受賞しており、伊藤計劃円城塔が世に出るきっかけを作ったことも合わせれば、21世紀の日本SFに大きな貢献を果たした賞と言えるだろう。たぶん。


大百科に記事のある関係作家・作品



関連商品


■az4309411673
■az4758432333
■az4758433720
■az415031165X
■az415030985X


関連項目



最終更新日: 15/07/31 04:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ