ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


小田急7000形


ヨミ: オダキュウナナセンガタ
掲示板をミル!
2カキコ!

小田急7000形とは、小田急電鉄特急車両である。称はLSE(Luxury Super Express)。


概要


1980年に導入されて以来、未だに現役であるロマンスカー車両である。展望席はこの小田急7000形(以下LSE)と小田急50000形VSE)のみであることから、ロマンスカーと言えばこの車両と言う人もとても多い。第24回ブルーリボン賞を受賞している。

4編成が製造されたが、うち2編成がとなったため、現在は2編成が残るのみである。なお、どちらも旧塗装仕様となっている。

ちなみに後から製造された小田急10000形(HiSE)や小田急20000形(RSE)が引退しているにも関わらず、LSEが現役なのはバリアフリーに対応しているかいないかの差である。


歴史


小田急では1957年小田急3000形(以下SE)を、1963年ロマンスカー玉となる前面展望席を設けた小田急3100形(以下NSE)を設けたわけであるが、SEは10年もてばいいように設計されたために、1970年代になると老朽化によるSEの置き換えが検討されることになった。当初はSEをNSEで置き換えて、NSEの分を新車両で置き換えることなどが検討されたが、NSEが検に入ると輸送不足のSEが代用で箱根特急を走らさざるを得ない状況になっており、最終的には新車両の本数をNSEを上回る分製造して、NSEを置き換え、そのNSEでSEを置き換えることになった。こうして1980年発注されたのが小田急7000形ことLSEである。

こうしてNSEの後継として製造されたLSEであるが、先頭部はNSEとくらべてシャープデザインを強調するため、前面60度から48度としたほか、火類や称表示器などは体に埋め込み、運転席は「屋根の上に載せた」感をなくすようなデザインとした。

また、称表示器は従来はアクリを交換していたのを自動幕式(方向に巻き取る)に変更。は手動式の開き戸から、自動開閉式の折戸となった。
室内は明るさを強調し、小田急2300形以来のリクライニングシートを採用。また、スイッチ操作で座席を一斉転換できるようにした。

ちなみにLSEは連接として製造されたこともあり、国鉄が新車両開発のための試験として、ボギーとの較のために国鉄東海道本線で試験走行が行われたことがある。国鉄は試験走行の結果、連接の導入は見送られ、JRグループになった今日でも連接が本格的に導入されたことはない(試験車両と量産先行しか存在しないE331系のみである)。

1983年7004編成が投入されたことで、LSEの増備は了。輸送不足のSE箱根特急を走ることはなくなった。

1995年1997年にはリニューアル工事が行われ、塗装変更やバリアフリー対応などが行われた。

その後、2010年に部品の不具合が見つかったことから、運用離脱し、同時期にとなった7002編成を除いて、4月に運用復帰。7001編成も2012年2月に運用終了となった。

なお、7003編成は2007年7月より、7004編成は2012年2月より旧塗装仕様で運用に就いている。


関連動画



■sm19880611?ref=search_tag_video[ニコ動]


関連商品


■azB009SYHKCK
■azB0018T64ZM


関連コミュニティ


■co1124


関連項目



最終更新日: 14/01/13 14:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ