ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山佐


ヨミ: ヤマサ
掲示板をミル!
16カキコ!

山佐株式会社とは、パチスロの大手メーカーである。パチスロ明期から現在に至るまで開発・販売を続けている。

通称は山佐、ヤマサYAMASAなど。


概要


設立:1967年

パチスロ事業がメイン。0号機時代から開発・販売を続けており、4号機まではパルサーシリーズ・プラネットシリーズメインとしていた。中でも1990年に発売され、大ヒットした3号機の「スーパープラネット」は裏物全盛の時代において、どの台がノーマルのままホールに設置されていたしい機種であった。

3号機以前の裏物が一斉に規制・撤去(しぶとく生き残っていた機種もあったが)され、5号機初期などとはべ物にならないくらい厳しかった4号機初期だったが、当時としては異例の大ヒットを飛ばした「ニューパルサー」を発売。
その後も勢いは止まらず、業界初のタイアップ機種「ピンクパンサー」などのヒット機種を量産し続け、パチスロ業界トップメーカーとして君臨し続けていった。

しかしユニバーサル(後にアルゼユニバーサルエンターテインメント)のクランキーコンドルを始めとする技術介入機種の台頭以降、特に4号機中盤のCT・AT機時代は全にアルゼサミー導権を奪われた。
ST機時代はサミー大都技研が強かったため、キングパルサージャイアンパルサーなど大ヒット(評価とはまた別)と言ってもいい機種もあったが、かつてのトップメーカーとしての威厳は最なかった。
頼みの綱のニューパルサーシリーズも某ピエロ全に地位を奪われる有様で、さらに4号機時代末期はロクな機種を作れずメーカーとしては衰退していった。

5号機時代に入り、今後はニューパルサーシリーズを軸にひっそりとやっていくのものかと思われたが、2007年7月に発売したART機「戦国無双」が同発売のJPS2027」とともに大ヒットを飛ばし、ART機の地位を確立させた。また「新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に~」も同発売で、この3機種はほぼ全どこのホールにでも設置されている状況だった。
ART機は以前から(古くは4号機のハードボイルドARと呼ばれていた)あったが、ART機を定着させたのはこの2機種で間違いいだろう。

2008年も「キン肉マン」「バイオハザード」「ウルトラマン・ザ・スロット」など後のARTブームの先駆けとなる機種を立て続けに発売した。2008年は山佐の年だったと言っても過言ではないだろう。それと同時に山佐全復活のイメージパチスロファンに持たせた。

だが勢いはそれまで。2009年7月に発売された「機動戦士ガンダムⅢめぐりあい宇宙編~」はそこそこ売れたものの、その年の他の機種は特に立ったところもなく、戦国無双から続いていた勢いは全に途絶えた。

その後は長らく低迷時期が続いたが、2011年1月発売の「燃えよ!功夫大戦」が中々の評価。続けて3月に発売した「モンキーターン」は大人気となった。その後も「下布武2」がまあまあのヒットを収め、いよいよ山佐復活なるか?と思わせたものの、8月発売の「ウ○トラセ○ン」が見事に全てをぶち壊した。
2011年の良台とク○台のトップを同一メーカーが獲得するという、記録を打ち立てた。

2012年に入ってからも期待されていた「鉄拳2nd」が後に再評価されるものの当時の評価は賛否両論2012年は業界全体で大不作の年だったので、2012年発売の台の中では良台の部類に入ってしまうが)、追い討ちをかけるように「銀河鉄道999」、「鉄拳デビルver.」、「押高校慶援」がこれまた微妙であり、止めとして、10月発売の「パチスロキ○マン~キン王位争奪編〜」が去年に続き底的にぶち壊した。こんな中、「キュロゴス2」がひっそりと11月に発売されたが、どうなったかは、もはや言うまでもないだろう。まともだったのは6月に発売されたノーマルタイプの「ニューパルサーSP」だけであったことは、昨今のART機種流の業界の中、皮であろう。

そして2013年。「ヤマト2」「戦国無双2」「キャプテンパルサー」は少し残念な結果であった(それでも2012年べてマシ)が、続く「ゼーガペイン」「スタードライバー」は中々のスマッシュヒットを飛ばした。

2014年はいよいよ2011年に大ヒットを飛ばした「モンキーターン」の後継機が登場したのだが…前作とべると辛い部分が多く、残念ながらヒットとは言えずに終わる。2014年の他の販売機種は「ケロット3」、「バーストエンジェル」、「鉄拳3rd」、「シーマスター・ララ立ちのプレリュード」。鉄拳シーマスターが期待されていたものの、今一つの評価。(鉄拳3rdそれなりに人はついていたが)その中で、ケロット3は中々の人気を博した。

2015年は安定のパルサーシリーズ、「ニューパルサーデラックス」から始まったが…何を血迷ったのか全告知機として販売。ジャグラーハナハナは厚く大コケ。そして続く「ゴッドイーター」が浅い天井ゲーム性で話題になり中々好調。だが、その後も続かない。「押し順ケロルン」、「煩悩ブレイカー」、「無双OROCHI」、「ゴッドイーターver」と、見所はある機種ではあるのだが、人気は今一つ。そして12月に「リノ」が発売される物の、解析が出回る前に撤去が始まっていたと言う事態に…解析を知って打つと面い、と言う評価が多かった為、色々と不運に見舞われたと言ってもいいだろう。(解析ありきなのはどうかと言う評価も当然あるのだが)

そして2016年。これから出るのは新基準ばかり、と言うある意味パチスロ界の節とも言える年。最初に出た「鉄拳3rdエンジェルver.」。リール4つ、ARTと一昔前の5号機を髣髴とさせ話題にはなったのだが…やっぱりヒットは飛ばせない。次に出たのが、往年の名機「キングパルサー」の後継機、「キングパルサー~DOT PULSAR~」。4号機世代は論、キンパルだから本気を出してくるだろうと予想していた5号機世代も期待していたのだが…それはもう物凄い勢いで盛大にコケた。ニューパルサーデラックス、押し順ケロルンに続いてカエル3連敗。残りの4号カエルジャイアンパルサービッグパルサーが残っているが…どうなる事やら。

4月にはリノを更に荒くしたスーパーリノMAXが登場。もうスペックからして危なすぎて、7月現在で27店舗にしか導入されていない。店にしても客にしても怖すぎる台だからある意味当然か。

そして6月、これも熱狂的なファンがいる「ナイツ」の後継機、「ナイツ2」が販売。マイルドリノ、と言う感じなのだが…4thリールでリーチい、とナイツの良さがど消えてしまっている状態で評価は散々。ナイツとは別物、ナイツの名前を借りたリノと割り切れないのも、人気だった機種の宿命だろう。

次に控えるのが「スーパープラネットデラックス」。3号機、4号機と共に人気があったスープラの後継機。しかしまたもや全告知機。リーチマシンに何故しないのか、少しはアクロスを見習え、と言うが多数上がっており、もはや不安しか見えてこない。

2016年ヒットが一つもない、と言う事だけにはならないで欲しい物だ。


サウンドチーム


山佐サウンドと呼ばれる、山佐サウンドチームの作り出すBGMは非常に高く評価されている。古くはニューパルサーFM音源を駆使した重厚なBGMファウストメフィストナイツなどの幻想的な曲、戦国無双は言うに及ばずバイオハザードカッコ良さ、最近で言えばモンキーターンなども素晴らしい

例えク○台、微妙な台でもサウンド面では手を抜かず、BGMだけは評価される機種も多い。


ホールでダメなら家では・・・


昨今はスロット実機を自宅に迎えて打つ輩が増えている(スロ)。いくらハマっても減らないから山佐のサウンド聞き放題だぜ!
と、お思いの諸君、山佐の台はリールの動作音が全メーカーぶっちぎりのうるささである。間違いなくドン引きするであろう。マンションやアパートではほぼ100%苦情が来ちゃうレベルである。事実上、一軒でしかプレイできないのである。残念でした。


代表機種



3号機以前



4号機



5号機



関連動画



4号機以前



■sm13681090[ニコ動]

■sm1967577[ニコ動]
■sm10525196[ニコ動]
■sm2665586[ニコ動]
■sm10535134[ニコ動]
■sm13237362[ニコ動]
■sm10650453[ニコ動]
■sm1463109[ニコ動]


5号機


■sm10013068[ニコ動]
■sm2340259[ニコ動]
■sm3675686[ニコ動]
■sm4460056[ニコ動]
■sm13287149[ニコ動]
■sm15021310[ニコ動]


次へ»
最終更新日: 19/01/29 22:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ