ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山内一豊


ヨミ: ヤマウチカズトヨ
掲示板をミル!
79カキコ!

山内一豊(1545~1605)とは、流浪の身から織田豊臣、徳の三英傑に仕え、最終的に土佐一の大名へと出世したが、「内助の功」の妻の方が有名だったりするちょっと地味戦国武将である。 


概要


岩倉織田氏の重臣、山内盛豊の息子として生まれるが、岩倉織田氏が織田信長に滅ぼされると同時にが戦死。流浪の身となるが、いろいろあって信長に仕えることになり、やがて秀吉の与につけられる。

の戦いのころになると、秀吉臣になる。秀吉の出世とともに配下の一豊の所領も増え、小牧長久手の戦いの後には長浜2万石の領となり、中村一氏堀尾吉晴らとともに豊臣秀次の宿老となる。地震によって一人を失ったのはこの長浜時代である。
小田原攻めの後に秀次が尾に移るとともに掛川になり、5万石を領有する。

秀次事件では関係の立場を貫き、処分を逃れる。秀吉死後、関ヶ原の戦い直前の小山評定では東海道に所領をもつ大名の中で先駆けて家康に領地を献上し、家康の歓心を買う(これは尾忠氏の案を盗んだとも言われるが)。この功績により、関ヶ原本戦ではこれといった手柄はなかったものの、土佐一を与えられる。

土佐入後は長宗我部氏の旧臣(に一領具足と呼ばれる連中)による反乱を武制圧。この禍根が残り続けたため、山内士を「上士」、長宗我部士を「郷士」とする土佐独特の身分制度が幕末まで続くことになる。 

1605年、高知にて死去。享年60
子がいなかったため、甥の山内忠義が山内を継いだ。 


内助の功


武将としての均的な一豊が一にまで立身出世した理由として挙げられるのが、一豊の妻、千代(名前は諸説ある)の「内助の功」である。偽が明らかでない話もいくつかあるが、戦前の教科書には賢妻のモデルとして採りあげていたりする。有名なのは以下の二つ。


小説などにおける山内一豊


戦国時代を扱う作品は多々あるが、一豊はなかなか出てこない。小山評定でワンシーンあればいい方であろうか。

山内一豊が登場する作品としてはやはり、司馬遼太郎の「功名が辻」が挙げられる。
2006年大河ドラマ化されたということもあり、現在の一豊のイメージはこの作品によるところが大きいのではないだろうか。ちなみに山内一豊を演じたのは上川隆也である。


関連動画 



■sm16820259[ニコ動]

 


関連商品


■az4167663155
■az4167663163
■az4167663171
■az416766318X


補足


信長の野望シリーズにおける山内一豊の力一覧。
武将の概念ができた戦国群雄伝から登場。特に飛び抜けたもなくやっぱり均的である。
一応織田の武将らしく適性の方が足軽適正にべると高い(それでもな武将の域を出ないが)。
但し、関ヶ原時の抜け駆けが影してか、義理が低めなのが難点である。

軍事 内政
戦国群雄伝(S2)   戦闘 61  政治 65 75 野望 53
武将風雲録(S2) 戦闘 60 政治 59 62 野望 28 教養 65
覇王 采配 64 戦闘 65 智謀 25  政治  59 野望 28
天翔記 戦才 124(B) 智才 70(B) 政才 118(B)  魅   64  野望  49 
将星 戦闘 56 智謀 60 政治 54
烈風 采配 49 戦闘  50 智謀 59 政治 52
世記  采配  35 智謀 49 政治 43  野望  42
蒼天 統率 44 知略 45 政治 59
下創世 統率 42 知略 45 政治 60  教養   49 
革新 統率 66 武勇 48 知略 51 政治 67
統率 66 武勇 48 知略 51 政治 67

関連項目



最終更新日: 13/11/03 21:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ