ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山口鉄也


ヨミ: ヤマグチテツヤ
掲示板をミル!
60カキコ!

山口鉄也やまぐち てつや、1983年11月11日-)とは、神奈川県出身の元プロ野球選手投手)である。


概要


OB
山口鉄也
基本情報
日本
出身地 神奈川県横浜市神奈川区
生年 1983年11月11日
身長
体重
184cm
86kg
選手情報
投球・打撃 左投左打
守備位置 投手
プロ入り 2005年育成ドラフト1巡
引退 2018年
経歴
際大会
代表チーム 日本日本
WBC 2009年2013年
プロ野球選手テンプレート

小学校から野球を始める。

横浜商業高校卒業後は大学に進学する予定だったが、アリゾナ・ダイヤモンドバックススカウトからの誘いで入団テストを受け合格、マイナー契約を結ぶ。
ルーキーリーグのミズーラ・オスプレイに入団し、4年間プレイしたが昇格できず帰を決意。

2005年投手の層が薄いチームということで横浜ベイスターズ東北楽天ゴールデンイーグルスの入団テストを受けたが不合格。その後に読売ジャイアンツの入団テストを受けると合格。同年の育成ドラフト名され、育成選手として入団。

巨人時代

2007年二軍で好投し、同年4月23日に支配下登録された。6日後には一軍初登板し、一回失点の好投。5月9日には育成出身選手史上初の勝利投手となる。この年は32試合に登板し、2勝2ホールド、防御率3.91だった。


2008年西村健太朗越智大祐とともに中継ぎの柱としてチームを支え、ジャイアンツリーグ優勝に貢献した。この年11勝を挙げているがすべて救援登板での勝利で、中継ぎでの2桁勝利巨人史上初。ちなみに先発の勝ちを消した後についた、いわゆる盗人勝利は一度だけである。そして、育成出身選手として史上初の新人王を獲得した。


2009年WBC日本代表に選ばれ、4試合失点の好投を見せる。シーズンでもいわゆる「2年ジンクス」(山口は4年だが)を全く感じさせず、73試合に登板して防御率1.27、35ホールド(44ホールポイント)という成績で最優秀中継ぎ投手を受賞。今度は育成出身選手初のタイトルホルダーになった。
さらにオフには年俸1億円で契約。もはや、やることなすこと「育成出身選手初」だらけである。全てリリーフ登板で2年で20勝、盗人勝利はほとんどないというべらぼうな勝ち運の持ち


2010年先発に配置転換され1勝を挙げたが、中継ぎが手薄になったことからリリーフに再転換。起用法や調整の失敗、今までの疲労蓄積などから前半戦はたびたび打ち込まれた。しかし後半戦は立て直し、久保裕也に次ぐチーム2位73試合登板27ホールポイントをあげてリリーフを支えた。


2011年開幕当初はクローザーとして起用されたものの故障離脱。復帰後は以前と同じくセットアッパーとして起用されることになった。


2012年は開幕から絶好調で、佐々木主浩の持つ開幕24試合連続失点の記録に並んだ。記録更新はならなかったものの、その後も安定感抜群のピッチングを続けて72試合登板自己最多の47ホールポイントで2度の最優秀中継ぎ投手いた。史上初の5年連続60試合登板を記録。


2013年WBC日本代表に選出されチーム最多の5試合に登板。この年154ホールドを記録し浅尾拓也をぬいて日本記録更新。42ホールポイントで同僚のスコット・マシソンと共に自身三度の最優秀中継ぎ投手となる。


2014年史上初の200ホールを記録し連盟表を受けた。この年も60試合登板し、7年連続の60試合登板となった。


2016年は9年連続で60試合に登板したが、1勝6敗1セーブ19ホールド、防御率4.88と不本意な成績に終わった。


2017年は18試合に終わり、60試合登板は9年でストップした。


2018年登板がないまま、通算ホールド、ホールポイントの記録保持者の座も宮西尚生更新された。10月5日に現役引退を表明し、サプライズで現れた内海哲也杉内俊哉阿部慎之助坂本勇人村田修一長野久義から束を渡された。


その他


2005年ドラフト入団で2008年から中継ぎ投手として活躍した越智大祐とのコンビは「風神雷神」と呼ばれていた。
雷電フォーク越智雷神山口風神称はぐっちゃん、ぐっさん)であり応援歌歌詞にも反映されている。
2012年にはスコット・マシソン山口西村健太朗とつなぐ勝利の方程式が(一部で)「スコット鉄太朗」と呼ばれた。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
巨人 応援歌のピコカキコ一覧 8778

成績



年度別投手成績


年度 球団 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
2007年 巨人 32 0 0 2 0 0 2 1.000 25.1 15 21 14 11 3.91 1.54
2008年 67 0 0 11 2 2 23 .846 73.2 12 69 20 19 2.32 0.99
2009年 73 0 0 9 1 4 35 .900 78.0 14 62 12 11 1.27 0.86
2010年 73 0 0 8 3 5 20 .727 88.2 16 85 33 30 3.05 1.08
2011年 60 0 0 5 1 2 25 .833 61.2 16 38 12 12 1.75 0.99
2012年 72 0 0 3 2 5 44 .600 75.1 7 68 7 7 0.84 0.72
2013年 64 0 0 4 3 6 38 .571 66.2 17 55 12 9 1.22 0.96
2014年 60 0 0 4 3 2 35 .571 56.1 20 42 19 19 3.04 1.44
2015年 60 0 0 4 5 2 29 .444 52.2 15 31 18 16 2.73 1.20
2016年 63 0 0 1 6 1 19 .143 48.0 12 28 30 26 4.88 1.25
2017年 18 0 0 1 1 0 3 .500 13.1 8 10 6 6 4.05 1.65
NPB:11年 642 0 0 52 27 29 273 .658 639.2 152 509 183 166 2.34 1.06

タイトル・表彰


タイトル
最優秀中継ぎ投手 3回 2009年2012年2013年
新人王 - 2008年
東京ドームMVP特別賞 2回 2008年2012年
MVP 1回 2012年7月
ジョージア魂賞 1回 2012年

関連動画


■sm5341813[ニコ動]

関連コミュニティ

■co437


関連項目


外部リンク


最終更新日: 18/11/17 07:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ