ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山岡賢次


ヨミ: ヤマオカケンジ
掲示板をミル!
35カキコ!

もしかして
漫画家、『浦安鉄筋家族』の作者賢次

『山岡賢次』(やまおか けんじ)とは、元エリート社員(自称)の国会議員(衆議院)である。栃木4区。
作家山岡荘八(やまおか そうはち)の養子。実際は山岡荘八の「山岡」姓はペンネームであり、本名は「藤野」である。そのため山岡議員は藤野から山岡姓に名している。養子になる前の旧姓は「金子」。このように姓名もマルチに変える。

現在民主党委員長の職のほか、アイヌ民族を「蛮族」呼ばわりしたり、若い有権者をナチ呼ばわりしたり、ウィキペディアを書き換えたり、日本銀行の人事に不当なをかけたり、東京地検特捜部を「策捜」呼ばわりする陰謀だったり、日本におけるネズミk…ネットワークビジネスの普及に尽マルチな活躍をする。

自由党時代から小沢一郎党首の側近として浮上したが、小沢は私の揮下」と、ものっそいフカシをぶっこくことも。

1996平成8)年以来、地元の栃木4区で落選し続けているが、例代表で復活当選しているゾンビ議員でもある。
果たして直近の民意^^とやらを反映してるんだかどうだか。

ちなみに、2011年平成23年12月9日参議院は、後述するような活躍ぶりや疑惑により務大臣として不適格である、として同氏の問責を決議した。しかし、当人は「引き続き職務に全を挙げて取り組んでまいります」と意に介さず、任命権者である野田首相も「襟を正して職務遂行に全を挙げてほしい」と続投させる意向を示した。
また、特筆すべきこととして、当然決議に反対した民主党は、採決に先立って「ホメ殺し」とも言うべき反対討論を行った。次の総選挙には、是非その動画を見てから行かれるようお勧めする。 


山岡氏のマルチな活躍ぶりについて


ネットワークビジネスについて

               __‐`'´''"'マ          ____\   ー‐┐    |一
                Z.    __`ゝ          \      ノ´   ⊂
 ∧      /|   ゙斗┘リート=┬-、_      \    ー‐┐   ,/
/   ∨\/   |    `L,.っ,ノ u }ノ ノ   \      ,>   ノ´   \
         |__    .!_// i |     l、     く.   ー‐┐ ー|ー
ー‐┐ ー|一ヽヽ /  u' \ヽ‐'´  !|     ト、     \   ,ノ´   ̄
 ノ´   ノ こ  /_____,  }j  ハ、  ヽ ヽ,___/    /  ー‐┐  ┼‐ヽヽ
ー‐┐  ニ|ニ.     / ___ノ /\_,≧/ u 人.   /     ,ノ´   ノ こ
 ノ´   ⊂   く  {上rン´  ,../ / ヽヽ   \    ||  ニ|ニ
ー‐┐  |     /    ̄   ノ{こ, /,〃   !|    \   ・・   ⊂
 ノ´   l.__ノ   \     ,.イ !l`T´ | /     |:|     /       |
ー‐┐ ー‐;:‐    \   //    l  |     |_|   ∠.、       l.__ノ
 ノ´   (_,     /   ヒ_ー--、_|ー、____,ノj┘    /        ┼‐
ー‐┐   /     /     \ ̄\ー`トー-<    /          ノ こ
 ノ´   \     \      \  ヽ  \  ヽ    ̄ ̄|
 | |   」z.___    >       \. ヽ.  ヽ   l      |/l   /|  ∧  /\
 ・・   /| (_,  /           ) lヽ   ',  l、      |/   | /   V
       ┼‐   \       , イ、_,上ハ   }  小          |/
      ノ こ     \     (≧='''"´ ,∠,__ノ/
      ┼‐ヽ    /           iフ/
      ノ ⊂ト  く               `¨¨¨´
                \

あとはウィキペディア編集者がものすごく詳細に問題点をめているので、読んでみよう。[wikipedia解説][外部]

 

拉致問題担当大臣として平成23年参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(10.28)より)

松原土交通副大臣を拉致問題担当副大臣として兼任させることを野田首相に進言。全く関連のない分野の、しかも副大臣という重役をマルチ兼任させるというのはまさに異例だが、野田はこれを承認。

・「拉致被害者5名の方のうち何名と会ったのか」との質問に「帰者とは会っていない」と涼しい顔で明言。質問者の三原じゅん子を一絶句させる。

・「拉致被害17名の事件現場のうちどこに足を運んだか」との質問に「(拉致被害者に)お帰りいただくということに全を注いでいるので、現場には行っていない」と発言。

・以上の答弁を振り返り、質問者の三原氏は「このような答弁をする大臣を政府が任命するというのは、北朝鮮に対して誤ったメッセージを送ることにならないか」と一。さらに「(党えて被害者救出するうえで)この大臣は相応しくないとか言うつもりはなかったが、あなただけは駄だと、どうしても駄だと、そう感じました」と強い口調で答弁を締めくくった。


7つの疑惑を持つ男


11月15日参院予算委でまさこ議員に「7つの疑惑」を突きつけられる。どこからどう見てもなわけだが、本人は疑惑を全否定。野田首相は「本人が説明すべき事柄」として、擁護しないながらも不適切な任命を認めず、傍観する立場を取った。むしろ疑惑が7つで収まるような気配がないのだが…。

マルチ商法の会社からの献

市長選挙買収 

③収支報告書虚偽記載

秘書給与の肩代わり

⑤論文盗用

マルチ商法の講演会で勧誘演説

マルチ秘書


関連動画


山岡賢次氏に関するニコニコ動画動画


■sm4917959[ニコ動]

■sm16009000[ニコ動]

■sm16177156[ニコ動]

 


新聞報道などの関連記事


山岡賢次氏に関する報道

民主のマルチ疑惑を月刊「文芸春秋」が特集[外部] 2008.12.9 21:29 産経MSN

 民主党マルチ商法業者との“癒着疑惑”を10日発売の刊誌「文芸」が報じることがわかった。
 記事は「民主党マルチ疑惑』焦点の男」と題し、民主党を中心とする「健全なネットワークビジネスを育てる議員連盟」設立の経緯などを説明。その上で、山岡賢次委員長について
(1)マルチ業者から受けた献の振込先が不可解
(2)業務停止命を受けた業者のパーティーに出席した-
などと摘し、「政官業癒着を批判してきた民主党だけに、マルチ疑惑について摯(しんし)に説明責任を果たす必要がある」と結んでいる。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/081209/stt0812092131005-n1.htm

山岡氏へ資金、認める 栃木・真岡市長「要求予想外」[外部] 2009年1月23日17時56分 朝日新聞

 民主党国会対策委員長の山岡賢次衆院議員(北関東)が、北関東市長選への秘書応援派遣をめぐって不透明な資を受け取っていた問題で、応援派遣を受けていた栃木県福田市長23日、役所で朝日新聞などの取材に応じ、「謝礼の要があることは予想していなかった。選挙終盤で断りにくい時期だった」と405万円を山岡氏に渡したことを認めた。
 資提供について、福田市長は「支払うことに抵抗はあったが、山岡氏は(秘書を)引き揚げられると困るだろう、ということをにおわせていた。互いに後ろめたい関係だった」などと説明した。
山岡氏「事実に反する」
 民主党の山岡賢次衆院議員が、北関東市長選への秘書応援派遣をめぐり不透明な資を受け取っていた問題で、山岡氏は23日、報道各社の取材に対し「全く事実に反する。関係する選挙には、営強化のため秘書派遣など物心両面で応援しているが、見返りは受け取ったことはない」とする談話を発表し、見返りとしての資受領ではないことを強調した。
 また、資を受け取っていた口座の会社と、市長側の関連法人が結んでいた顧問契約が「仮装だった」との摘については「市長個人の所有する病院の土地買収問題等の弁護士代などの諸経費だったと聞いている」と説明した。
 そのうえで山岡氏は「政治的にも法的にもすべて適正に対処し処理している。市長サイドの虚言であり、近々行われる市長選への悪質な選挙としか考えられない」とした。
http://www.asahi.com/national/update/0123/NGY200901230001.html

厚労相らの論文を無断転載 民主・山岡氏側の塾経営会社[外部] 2009年1月24日7時9分 asahi.com 

 民主党国会対策委員長の山岡賢次衆院議員が、秘書選挙応援派遣した栃木県市長側から学習塾経営会社「ニューワールド」(以下NW社)を使って不透明な資を受け取っていた問題で、 NW社から市長側が受け取った顧問業務報告書5部のうち少なくとも4部は、他人の文章の無断転載だったことがわかった。 盗用されたのは、添厚生労働相や慶応大教授らで、誤字や脱字も含めて原文と同じだった。

 盗作の発覚は、「顧問契約」に実態がなかったことを裏付けるもので、23日に会見した福田市長も 「契約は表向きだった」と偽装を認めている。 一方、山岡氏は同日、秘書派遣見返りの受領を再度否定し、 「顧問契約は、市長所有の病院経営問題の弁護士代などの諸経費だったと聞いている」と説明した。

 双方の関係者の説明や書面によると、報告書は「ニューワールド経営リポート」で、 市長側が顧問契約を解約する際、山岡氏側に要望。解約直前の03年山岡氏側から5部まとめて病院に届いたという。 A4判3~12ページで、作成時期は01~03年の契約期間に沿う形になっていた。

 「医療の合理化と医療レベルの維持について」と題した文書は、添氏が厚労相就任前の02年11月ごろ、 ホームページHP)上に開した論文と同一。 「平成14年(02年)9月」の分としているが、その時点では開かれていないはずの10月13日の会合に参加した話や、母親介護経験などを記していた。

 HPには「無断転載を禁止」との注意書きがあった。 添氏は「著作権者に何の断りもなしに使用するのは言断。法的にも義的にも問題だ。非常に憤りを感じる」と話している。

 「日本の医療制度の現況について」と題した「平成13年(01年)9月」の分は、 慶応大学池上直己教授(医療経済学)が、983月病院関係者の研究会で話した内容で、 「講演要旨」として催者がネット上に開したもの。池上教授は「会社自体を全く知らない。転載許可もしていない」という。

 「平成13年12月」分の「人権を守る医療活動と医療・経営構造の転換の課題について」は、 宮城県宮城生協会の水戸部秀利理事長の論文だった。理事長は「許可で悪質な商売に使われたら心外だ」と話している。
 「平成14年3月」分の「医療の市場原理・効率化について」は、青森県内の整形外科医が書いたリポートと同じだった。

 山岡氏は01年前半、市長選の際に市長側に自身の秘書応援派遣。一方で、市長病院NW社に、 「顧問料」の名で計405万円を送していた。市長は「実際は選挙応援の謝礼だった」としている。
藤森かもめ小松次郎)
http://www.asahi.com/national/update/0124/NGY200901230008.html
http://www.asahi.com/national/update/0124/NGY200901230008_01.html

不透明資金、無断転用…民主・山岡議員が関係否定[外部] 2009年01月29日 スポーツニッポン

 民主党委員長の山岡賢次衆院議員の秘書らが関係した学習塾経営会社に栃木県福田市長から不透明な資が渡ったとされる問題に絡み、 舛添要一厚生労働相の親族の会社が29日、論文を断転用されたとして、山岡氏と同社に質問状を提出した。
 転用が摘されたのは学習塾会社が福田市長側に提出した「経営リポート」。 山岡氏は同日、弁護士を通じて「同社を保有しておらず、役員でもない。同社とは一切つながりがない」と回答した。  福田市長によると、2001年市長選に山岡氏側から応援してもらった報酬として、同社にコンサルタント料名で約400万円を支払ったという。 [ 2009年01月29日 22:18 ]
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090129134.html

関連法案、解散でさや当て=自民・細田と民主・山岡氏[外部] 2009年2月3日時事通信

 自民党細田博之幹事長と民主党の山岡賢次委員長が3日、都内で開かれた会合で同じテーブルとなり、 2008年度第2次補正予算の関連法案や衆院解散・総選挙をめぐってさや当てを演じる場面があった。
 細田氏は、民主党が関連法案の参院審議に応じないことをやり玉に挙げ 「民主党批判する時間がほしいから、(衆院で再可決できるまでの)60日間抵抗してくれていい」と皮たっぷり。 一方の山岡氏も、解散を先延ばしする麻生太郎首相を当てこすり 「民主党はまだ足が弱いから(9月衆院議員の)任期切れでお願いしたい」とうそぶいてみせた。
 会合は民放テレビの解説委員らの催で、公明党太田代表や社民党福島瑞穂党首ら与野党幹部20余りが出席した。(了) (2009/02/03-22:47)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2009020301063

2次補正関連法案、協議物別れ=自・民国対委員長[外部] 2009年2月9日 時事通信


次へ»
最終更新日: 11/12/10 13:49
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ