ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山田栄子


ヨミ: ヤマダエイコ
掲示板をミル!
36カキコ!

山田栄子(やまだえいこ)とは、日本女性声優である。


概要


1980年代を代表する声優の一人。特に「世界名作劇場」の常連声優として親しまれている。

赤毛アン」のアンシャーリーや、「キャプテン翼」の岬太郎、「の若物語」のジョオといえば70年代まれの人にはわかりやすいだろうか。「小女セーラ」のラビニアも有名。

女性にしては低く澄んだが特徴だが、役によっては別人のような高音域も使用する。

役に入り込み、感情を理解した上で演じることを信念としている(小女セーラ出演時にこの信念に悩まされているが)。その信念から可憐な美少女や勝気な少女から大人女性少年魔女動物コンピューター、人魂など担当分野の広さは現在人気声優にも決して劣らない。

全盛期をしっかりとキープしており、2006年に発売されたPS2ソフトキャプテン翼」ではアニメ放送終了後約20年経過したにも関わらず、昭和アニメと変わらないで岬太郎を演じていた。

2007年三ツ矢雄二が自身の公式HPで「引退した」という言葉をつけて紹介したが、久村栄子名義でNHK人形劇に出演し続けており、山田栄子名義でも「復活版・世界名作劇場」の第二作「ポルフィの長い」に数話出演するなどまだ現役であるといえる。

ラビニアについて

山田栄子をるにおいて外せないエピソードが前述した「小女セーラ」のラビニア役で出演していた頃の話である。

放送当時セーラの学友ラビニアと学院の経営者マリア・ミンチンのセーラへのいじめが過になったとき、視聴者からの非難が殺到した。

その際、山田やミンチン役の中西妙子までが恨みを買い、それぞれの自宅にカミソリ入りの手紙を送られてしまう事態に発展。また、山田自身もセーラに執拗ないじめを繰り返す心情が理解できず、感情を理解して演じるというポリシーとぶつかりひどく苦悩してしまう。島本須美によると収録の際、泣きながらセーラをいじめていたほどだったという。

結果、ミンチン役の中西ともども「こんな役は二度とやりたくない!」」とっている(のちに洋画版の小女セーラでもラビニアを担当しているが)。しかし、ラビニア役を担当したことで演技の幅をさらに拡げるとともに自身のキャリアターニングポイントになったのも確かで、役者としてはとても良い経験になったとも山田っている。

その後も世界名作劇場の常連声優として親しまれることになる。


出演作品



アニメ



吹き替え



ゲーム



関連動画



■sm11949905[ニコ動]

■sm13194277[ニコ動]

■sm772942[ニコ動]
■sm7028195[ニコ動]

■sm11933067[ニコ動]


関連商品


■azB0041FI5UW
■azB003EDWHKQ
■azB003EDWHL0
■azB00005HVLU

■azB00005Y0YV


関連コミュニティ



関連項目



最終更新日: 15/08/15 09:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ