ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


山陽自動車道


ヨミ: サンヨウジドウシャドウ
掲示板をミル!
2カキコ!
日本国:高速道路一覧 > 山陽自動車道

山陽自動車道とは、兵庫県神戸市山口県山口市、及び山口県宇部市下関市を結ぶ高速道路である。略称"山陽"。路線番号は E2 本線 AH1  アジアハイウェイ1号線に定されている。


概要


高速自動車国道
(有料)
 E2  山陽自動車道
基本情報
距離 460.9km
 うち本線 419.5km
開通年 1982年 - 2001年
起点 兵庫県神戸市北区
終点 山口県山口市本線
山口県下関市
 (部下関線)
道路テンプレート

山陽自動車道として路線認定が行われたのは1966年本州瀬戸内沿いの都市神戸姫路岡山福山広島・岩・防府・山口など)を通過していく。路線名からも分かるように、略すると「山陽」となり、かつての旧山陽・西街道現在国道2号山陽新幹線山陽本線とほぼ同じ経路を辿る。

1982年野西~備前が初めて開通し、1997年三木小野山陽姫路東の開通を持って「本線」としては全線開通となった。これによって利用客の大半が中国道から山陽に大幅に移ったため、実質的に中国地方の大動脈として活用されるようになった。

中国道との最大の違いは設計構造にある。建設技術が発展途上だった中国道コーナーアップダウンが非常に多く、交通に支障をきたしていたが、山陽トンネル梁、切り通しを多用しており、出来る限り最大で100キロで通行出来るように担保されている。但し、建設費のしわ寄せから、トンネル梁では線幅が切り通しや盛土区間にべて若干狭くなっており、そうした場所では最高速度が80キロに規制されたり、トンネル内での線変更を禁止していたりする。それでも、線形の滑らかさが大変優れているため、中国道べればだいぶマシな方である。

なお、山陽自動車道としては一般的に神戸JCT山口JCTすことが多く、これを「山陽本線とする傾向があるが、それとは別に、

の3路線もまた「山陽自動車道」と案内されている(広島岩国道路に関しては「広島岩国道路(山陽接続)」と書かれている)。このうち、山口ICJCT山口県山口市山口県宇部市)までの区間は高速自動車国道としての建設を行うための「予定路線」すら認定されておらず、JCT~下関JCTを通る「部下関線」と「本線」との間に大きなミッシングリンクが生じている(接続先の小郡バイパスと山口道路で行き来する事は可だが、料の通算時に中国道経由にべて割高になるケースもある)。これとは別に、現在岡山自動車道である岡山JCT岡山総社ICの間も、開通当初は岡山IC未完成であったため、一時的に山陽自動車道として供用していた時期もある。

全体的に交通量が多いため、多くのSAPAでは一通りの設備が整っており、特にサービスエリアなどは民営化によって大胆にリニューアルした施設もある。その反面、意外なことに交通量の多い山陽でも「トイレ自販機だけ」の施設が3箇所ある(篠坂・富・周防)。

広島市付近では国道の整備が不全な箇所(特に東広島市広島市東部にかけての区間)があるため、その渋滞回避を理由に山陽を使う利用客も多い。また、繁忙期になるとほぼ東広島市付近~広島JCT付近にかけてしい渋滞が発生する。時間を短縮したい場合は並行する中国道の利用も検討してみるのも良いだろう。


IC・JCT・SA等



本線


:「施設名称」…上り(大阪方面)のみ進入・退出可。
   「出口標識の記載地域」…上り(大阪方面)のみ表記。
※▼:「施設名称」…下り(九州方面)のみ進入・退出可。
   「出口標識の記載地域」…下り(九州方面)のみ表記。


次へ»
最終更新日: 18/12/07 22:26
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ