ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


岐阜県


ヨミ: ギフケン
掲示板をミル!
306カキコ!
要編集 この記事は要編集記事の一覧に挙げられています。
編集・情報提供にご協ください。(掲載理由:[加筆希望記事(飛騨地方関連)])
編集が終了しましたら要編集記事の一覧までご報告願います。
岐阜県
面積 約10,621Km2
県庁所在地 岐阜市
県の 蓮華
県の木
県の 雷鳥
県の





富山県
石川県
福井県
長野県
愛知県
三重県
滋賀県

岐阜県とは、日本の中心に位置する中部地方東海地方の県の一つである。

※全体的に飛騨地方の方の加筆が望まれています※
もちろん美濃地方出身の方の加筆も歓迎。岐阜について知ってる限りをぶつけてください。
第3回今週のオススメ記事にこの記事「岐阜県」が選ばれました。


概要と豆知識



岐阜県の知名度


の知名度調でも中位に位置する等、なんとも中途半端である。
テレビのお自慢番組などに登場する際は、特に大きな見せ場のいまま出番が終わってしまうことが多い。
酷い場合だと、岐阜県が登場すらしないこともある。県民としては非常にゆい事態である。
岐阜県民からすると何でそんなに知名度がいのか不思議なところである。

文部科学省国立教育政策研究所が平成20年おこなった調では、小中学生で正しく位置を知っている率は44.2%との結果がでている。これは下から9番という悲しい結果である。[3] 

未来検索ガジェット通信平成21年5月おこなった「あまり気にかけたことのない都道府県はどこ?」と言う調では、15位と悲しい結果がでている。[4]

筆者の友人は岐阜県と聞いて「ああ、いがたくさん採れるところだね」と言っていた。なぜそのようなイメージを持ったのか。全く以てである。 (ちなみにい生産量1位熊本県

しかしその知名度のさ、県の具体的なイメージさ、けっこうな田舎という特徴から作品の舞台となりやすい。作品一覧は後述。


岐阜県の地理


北側に位置する飛騨地方と、南側に位置する美濃地方の2つに大きく分けられる。

美濃地方はさらに、西から西濃、岐阜、中濃、東濃と分けられることもある。(選挙区・天気予報など)
飛騨地区も中央分嶺をに飛騨北部、飛騨南部と呼ばれることがある。

市町村名・地域区分などは「岐阜県:市町村の一覧」の記事を参照。平成の大合併で多くの市町村が合併した。


もともと岐阜県を構築する2つの令制国飛騨美濃国の関係は明治時代までさほど親密とはいえなかった。間に交通の邪魔になる飛騨山脈が走っているので、むしろ疎遠といってよいぐらいだった。

飛騨地方は隣接する富山県越中南部と文化・経済的に結びつきが強く、両者をまとめて飛越地方ともいう。
飛騨江戸時代は幕府直轄の領とされ、高山に政庁が置かれたが、その代官が日本海側(北陸地方)にある越前(現:福井県)と加賀(現:石川県)の領管理も任されるなど、伝統的に北陸地方との結びつきが強かった。

そして明治時代の置県では、飛騨地方は一時期信濃(現:長野県)の一部と一緒になって筑摩県を構築したことがあるなど、中信地方長野県中部)との関係もある程度存在した。

明治9年の再編で筑摩県が解体され、そのうちの飛騨地方が岐阜県へ合併されることになったことで、この地域は初めて監督官庁が東海道中山道沿い(太平洋側)の岐阜市名古屋市へ置かれることになったと言える。

そのため、現在でも「岐阜県」とひとえに言っても中京圏との結び付きが強い地域、北陸と関係が強い地域、中南信と関係が深い地域が混在しており、統一した「県民性」「県の土」を見出しにくい面が存在する。これは、岐阜県が「存在感」の薄い県と言われる原因の一つと言うことができよう。

土・文化が異なる地域が明治9年に政策で一つの府県にされた例は、他に筑摩県の片割れを統合した長野県、それに静岡県伊豆駿、遠江を統合)、京都府京都を中心とした山と、丹波の一部、丹後を統合)、兵庫県摂津の一部、丹波の一部、播磨、但淡路を統合)、福島県会津中通り浜通りの3地方を統合)、山形県村山最上、置賜、庄内の4地方を統合)などがある。
これらの府県も、岐阜県と同様に「一つの県でありながら、まとまりに欠く」という問題を抱えていることが多い。

なお余談であるが、もぐら氏による都道府県擬人化漫画作品「うちのトコでは四国四兄弟)」では、岐阜県は一県であるにもかかわらず、兵庫県ともども複数人キャラとされてしまっている(他の都道府県は基本的に1都道府県=1キャラ)。上に記した県内事情が影しているといえよう。


交通


古くは「美濃を制するものは下を制す」等と言われていた位に 交通の要所だったらしい。東海道新幹線東海道本線は通っているが、国道1号線は通っていない。 

鉄道網について
岐阜県内を走っている鉄道としては、JR東海東海道新幹線東海道本線中央本線高山線太多線)、名古屋鉄道名古屋本線犬山線各務原線広見線羽島線竹鼻線)、長良川鉄道樽見鉄道養老鉄道、明知鉄道などがある。
このうち樽見鉄道樽見線)、長良川鉄道越美南線)、明知鉄道(明知線)は旧国鉄特定地方交通線だった路線で、第三セクターの会社が運営している。これらの3路線と高山線太多線以外はすべて電化路線であるので意外と電化率は高い。
 JR東海の路線のうち中央本線多治見中津川間)、東海道本線高山本線岐阜美濃太田間)、太多線ではTOICAICカード乗車券)が利用できる。なお、名鉄では広見線の一部(新可児~御嵩)を除いてmanaca(同乗車券)が利用できる。
 
2011年6月中津川市リニア中央新幹線を設置する事が発表された。建設予定地は美乃坂本駅付近。と同時に内最大規模となる車両基地も建設される予定である。
道路網について
岐阜県内を南北に結ぶ国道41号線国道156号線、東西に結ぶ国道21号線国道158号線、東濃地方を横断する国道19号など、各種一般が縦横尽に整備されており、さらに道の駅51箇所も有るので自動車での移動に不自由いとも言えるのだが、広い県内を結ぶはずの高速道路網に難点がある。
名神高速、中央高速、東海北陸自動車道中部縦貫道路という愛知県滋賀県長野県北部・南部富山県福井県の5方向に直接リンクする高速道路があり、東海北陸・甲信・近畿方面の交通の集束地として名実共に『日本列島ん中の県』への存在感を徐々に高めてはいるものの、それぞれは基本的に独立した高速道路となっており、JCTの多くは愛知県にある。ICを降りないならばわざわざ木曽川を越えて南下してから北上・東西にいくことになるのが残念なネックになっている。
例えば東海北陸自動車道富山から大阪方面に行く際は、岐阜県は入って、出て、入っての通りに終始してしまいがちで、これが岐阜県のイマイチ存在感を維持している一因ともいえる。これも岐阜名古屋植民地であるという歴史的な悲しい性が影している。
そんななか、岐阜県民の要望や土交通行政の利便性向上を狙い、上記の高速道路を円環に結ぶ東海環状自動車道下建設中であり、今度こそ交通王への期待が高まる。計画では東海北陸自動車道東海環状自動車道などで県内の要所を結ぶようになってはいる。だが、未だ建設中や計画止まりの区間が多く意味を成していない状態である。この為、今現在での移動は国道県道を使う事になる。
2008年7月5日にようやく岐阜県を南北に縦断する東海北陸自動車道が全通。ただし暫定2線区間や急な坂トンネルが多いため、土日や観光シーズンになると十数kmに及ぶ渋滞となるのが難点。
南部を東西に結ぶ東海環状自動車道は県西部ルートがようやく決定した。大垣市内など、一部着工されている区間もあるが、既に建設が進んでいる区間とべると著しく遅れている。
なお、県道に関しては「岐阜県:県道の一覧」の記事も参照。
また、観光道路についても充実しており、特に石川県白山市一里野と白川郷を直接結ぶ白山白川郷ホワイトロードや乗岳ふもとを走る乗スカイラインが有名である。なお、後者については現在環境保全のためマイカ規制が行われており、観光バスなどの観光車両やふもとと畳を繋ぐ路線バス以外の自動車両は全面通行禁止なので注意が必要である。
路について
県内に空港が二ヵ所(各務原飛行場、飛騨エアパーク)有るわりには悪なまでに不便である。それは各務原飛行場がほぼ自衛隊専用(各務原飛行場および航空自衛隊岐阜基地には県内で一の航空管制施設があるため、県の防災ヘリ等も各務原飛行場を運用拠点としており全に自衛隊専用というわけでもないが)、飛騨エアパークは定期航路が農道空港だからである。
その為に岐阜県民は他県にある空港を利用するしかい状況である。(愛知県中部国際空港を利用する場合が多い)
なお、各務原飛行場は現存する飛行場の中では日本最古の飛行場である。
路について
なし県なので航路はい。県内企業の輸出入業務に関しては大半が名古屋港を利用している。

河川


南部を流れ太平洋に注ぐ木曽木曽川長良川、揖)や北部を流れ日本海へ注ぐ宮川などがゆったりと流れている 。

郡上市高鷲町(旧郡上高鷲村)には全でもしい国道沿いの分嶺(長良川/)が存在する。(ひるがの高原

西濃南部(県南西部)は、木曽が合流しつつある場所でもあることから昔からに悩まされてきており、輪中と呼ばれる、防で囲まれた集落がいくつも作られた。
江戸大正期にかけて何回も治工事が行われ、輪中の必要性は薄れていった。 現在でも、沿いではないところに防のようなものが何箇所かで見ることができる。これはかつての輪中の名残である。


山・山脈


岐阜県に存在する山脈としては、日本アルプス飛騨山脈木曽山脈)や伊吹山地、また山では霊峰白山が有名である。

東海地方外の人間には、「岐阜県=山」というイメージを持たれがちである。
飛騨地方は山岳地帯な地形であり、美濃地方岐阜市大垣市のある中濃部を除き、東濃や西濃は山だらけなので間違ってはいない。間違っちゃいないが長野の方が山がちだと岐阜県民はしたい。


気候



次へ»
最終更新日: 19/08/17 08:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ