ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


岩谷徹


ヨミ: イワタニトオル
掲示板をミル!
5カキコ!

「岩谷徹」(いわたに とおる)とは、2010年に生誕30周年を迎えたビデオゲームであり、”最も成功した業務用ゲーム機”としてギネス・ワールド・レコーズ認定されている「パックマン」の産みの親である。

2010年には、岩谷徹自身もパックマンの開発者としてギネス・ワールド・レコーズ認定された。


概要


1955(昭和30)年1月25日に、NHK技術者に持つ3人兄弟の末っ子として生まれる。

生誕・出身地は東京都目黒区だが、仕事の都合で幼少期に東北地方で過ごし、中学生の頃に東京に戻った。

東海大学工学部卒業し就職したナムコには、ピンボールゲームをつくりたくて入社したものの、ナムコピンボールには参入しておらず、ゲーム基盤の修理知的財産権の管理業務をこなした後の1978年に、ビデオゲーム開発を担当する事となった。

ビデオゲーム開発では、長年開発を心待ちにしていたピンボールの要素を、当時大流行していた「ブロック崩し」に取り入れたナムコアーケードゲームタイトル第1弾「ジービー」を開発(ゲームデザイングラフィック)し、日本国内だけで1万枚以上の売り上げを記録し、「ジービー」の続編にあたる「ボムビー」や「キューティーQ」を開発した。


■sm8017860[ニコ動]

■sm7873235[ニコ動]

1980年には、自身のそしてナムコの代表作となる「パックマン」を、舟木茂雄や甲斐敏夫ら3人と共に開発(ゲームデザイングラフィックを担当)した。

当時としては非常にしい「女性向け」をコンセプトにしたパックマンは、カラフルな色使いと「食」をテーマにした内容のドットイートゲームで、モンスターそれぞれに個別の思考ルーチンを仕込んで取り囲まれそうになりながら逃げるゲーム性を追及し、開発中ゲーム速度を変更してみたところ、速いほうが面いという事になり、リリースされた際は、当初の2倍の速度ゲームが動いているといった内容だった。

日本ではふるわなかった「パックマン」だったが、北市場28万台リリースの大ヒットを記録し、TVアニメ制作される等「80年代ミッキーマウス」とまで呼ばれる程の大ブームを巻き起こし、数億の売り上げを記録して、2005年には「最も成功した業務用ゲーム機」としてギネス・ワールド・レコーズ認定された。

■sm7329366[ニコ動]
■mylist/13022322

1983年には、地面に釘を刺して地を奪い合う遊びをヒントにしたを盗む敵を取り囲んで倒すゲームを原に、ツインレバーという特殊な操作方法を用いて、北向けにミッドウェイに持ち込んだ際に

良い作品ではあるが、良い商品ではない

と評された名作リブルラブル」のゲームデザインプロデュースを担当した。

■sm3331298[ニコ動]
■sm3331418[ニコ動]
■sm2039750[ニコ動]
■sm1934890[ニコ動]

その後はプロデュース業に専念し、「ドラゴンバスター」や、

■sm3162337[ニコ動]
■sm3162467[ニコ動]

源平討魔伝」といった2Dタイトルの他、

■sm6082359[ニコ動]
■sm6566298[ニコ動]
■sm648704[ニコ動]
■sm369489[ニコ動]

リッジレーサー」「アルペンレーサー」「タイムクライシス」のプロデュースを手掛けた。

現在は、大学教授として教をとりながらゲーム開発に関する講演活動や、

  1. プロセスが変化に富んでいる
  2. 作戦性がある
  3. 自分がリーダーシップを取れる
  4. ミス設定に納得ができる
  5. 操作がスムーズである
  6. 練習効果が高い

といったプレイヤーが面いと思うポイントや「観察」する事の重要性、作り手の人生観が与える影の大きさゆえに、クリエイターすならば、ゲーム以外の事にも挑戦して幅広い視野と経験を持つ事等をって、後進育成に尽している。


関連動画


■sm7685984[ニコ動]
■sm595484[ニコ動]


関連商品


■az4757717520
■azB000068H2C
■azB000T6XJKI
■azB000WZ971G


関連項目



関連リンク



最終更新日: 10/10/23 18:54
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ