ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します



ヨミ: シマ
掲示板をミル!
8カキコ!

(しま)とは、全方位をに囲まれた地形のこと。世界的には、オーストラリア大陸を基準に、それより小さなものを島と呼ぶ。


その他の用法


元々は外部から隔絶された、区別された土地を「シマ」と言った。現在もよく「縄り」の意味で島という言葉が使われる。もっとも、地形のことと紛らわしいためシマと仮名文字で表記されることが多い。

また、転じて以下の意味にも用いられる。


概要


[画像を見る]

地球上に数多くある地形のひとつで、六大陸に接していない陸地はみなこれである。一般的に島と言うとの上に浮かんでいるものを想像すると思うが、に浮かぶ陸地もまた島である。

際的な「島」の定義には、「に囲まれている」のほかに、「自然にできた地形であること」「満潮時に沈まないこと」が条件づけられている。このため、人工島などは際的には島として認められず、たとえばシーランド公国上要塞を領土としたなどは「領土としての要件を満たさない = 島ではない」と扱われる。

世界最大の島は北大西洋のグリーンランドデンマーク・自治領)で、その大きさは約216方km。ちなみに大陸最小のオーストラリア大陸は約761方kmで、「島」と「大陸」の間には3倍以上の面積の差があることが分かる。

「島=小さい」という固定観念は結構根強く、デフォルメした島の絵を描かせると、たいていの人は小さな島に椰子の木が一本生えたものを描く。

なお、国家の本土とは別に、上にある島を領有することはその近辺の領も合わせて領有権を持つということであり、しばしば領土問題の場所として扱われることがある。資環境によっては「土」よりも重みが違うことがある。


島のいろいろ



島国


[画像を見る]

土のほとんどが島で構成されているなものに、日本イギリスフィリピンインドネシア台湾ニュージーランドなどがある。多くの島は複数の島で構成されており、単一の島でとなっているものは案外に少ない(ナウルなどが島一つのの例)。

日本6852個の島で構成されており、これには6415個の人島が含まれる。島と言ってもかつては人が住んでいた人島もあれば、を立てるのすら困難なものまであり、地理院が「暗礁」や「岩」と定義するものも一応島として含まれている。基準もまちまちで、中国からけちのついてる沖ノ鳥島も実際人が住めそうな大きさではないが、これはちゃんと「島」と定義されている。名前の付いていない島や岩も結構多い。

の中で最も面積が広いのはインドネシア(約191方km)。しばしばアメリカ中国較されて「日本は小さい」と思われがちだが、本州世界第7位の広さを誇る島で、日本全体で総面積は約37方kmと、世界の島の中では結構大きい方だったりする。


陸繋島


[画像を見る]

島だったものが、地形の変化で陸と繋がったもの。もはや島と呼べるのかどうかのものから、干潮時に砂が繋がって陸続きになるものまでさまざまである。

前者の例では北海道函館山、後者の例では神奈川県江ノ島なんかが有名だろう。世界的には、世界遺産定のモン・サン=ミシェル院(フランス)の砂のが有名。

陸として浮き上がった砂を歩いて渡ることは可だが、満潮になれば沈んでしまうなので、事故にならないようには注意が必要。元々他の陸地から近いということもあり、より通行しやすいの掛かっているところも多い。


浮島


[画像を見る]

の底に接しておらず、浮き上がっている島。に浮いた植物が積み重なって巨大な塊となったもので、島というよりは植物の群生と言った感じである。日本では和歌山県の「新宮の」などが有名。

また、人工的に作られた浮島も多く存在する。規模次第で人が暮らすにも十分なものとなり、南チチカカには植物の茎を編んで作り上げた浮島の上で暮らす人々が存在している。また、「メガフロート」と呼ばれる巨大浮島を使っての埋め立て計画もあり、実用化に向けて実験が行われている。

ファンタジーなどでは、面どころか中に浮かぶ地形も浮島と呼んだりする。詳しくは「浮島」の記事も参照のこと。


火山島


[画像を見る]

火山の噴火によって、の底から起してできた島。

近年誕生のものでは、小笠原諸島における1973年の噴火でできた「西之島新島」がある。現在でも頻繁に噴火する鹿児島県桜島などが有名で、桜島はその噴火物でさらに島を広げ続けており、現在では大隅半島と陸続きになっている。

世界的には、キラエア火山を有するハワイ諸島、火山の地熱で温泉アイスランド、穏やかな噴火を頻繁に見られる観光火山トロンボリ島などが有名どころ。日本列島にも火山はたくさんあるが、陸地の形成そのものは火山噴火以外によるものが大きく、火山島とは言いにくい。


珊瑚礁


[画像を見る]

珊瑚の死骸が堆積してできた島。い砂広がる南の島のイメージそのもの。

珊瑚礁もいきなりできるわけではなく、多くは既存の島にり付くように珊瑚礁が形成される。その後に元の島が沈んで珊瑚だけ残ったというもの(環礁)もあり、それもまた島として認識される。

太平洋の熱帯付近に広がる、ポリネシアミクロネシアの島々などがその代表格。ほとんどが抜がとても低く、面の上昇の影を強く受けており、将来的に全土が没するのではと危惧されるところも。


人工島


埋め立てで人工的に作った島。上に孤立した人工物は、すべて広義の人工島と言えるだろう。前述の際的な島の定義にひっかかるため、ここを領土としてはできないはずだが、いろんなミニ国家がそこを領土としていたりする。

都市部の工業地区などによく見られる。東京都平和島や夢の島、兵庫県の六甲ポートアイランドなどが代表的な人工島である。ほか、東京湾上に建設されていた軍事施設廃墟堡」も人工島と呼ばれている。新大阪空港のような空港も人工島である。

埋め立て以外にも、人工的な掘削によって陸地が路で切り離されて島ができることがある。新潟市の中心部、通称「新潟島」はかつてはちゃんと陸続きであったが、西側に路を設けたために本州から切り離された地形である。一応島ではない扱いのようだが、通称として島で通じるらしい。


離島


[画像を見る]

そのや地域の中心地から離れた島のこと。日本の場合では、本州九州四国北海道の4島(いわゆる「本土」)以外の島をこう呼んでいる。

だいたい日本人日常生活の中で使われる「島」という言葉は、この離島を意味するものである。なお離島振法では沖縄本島を離島に含めていない。また架によって陸路で行ける島を含まない場合もある。

離島にもいろいろあり、本土からとても近いものもあれば、小笠原諸島のように遠く離れているところもある。大きな都市などと陸続きでない立地から、交通のために船を使う地域が多くある。またインフラが整いにくい、基本的に過疎の傾向にあるなど、離島ならではの苦労も多い。


島の一覧


ここでは、ニコニコ大百科に記事のある島を列記しています。

島の記事を募集しております!記事を作成した際には、こちらに書き加えてください!


日本の島



世界の島



次へ»
最終更新日: 18/09/04 01:10
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ