ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


川端慎吾


ヨミ: カワバタシンゴ
掲示板をミル!
12カキコ!

川端慎吾(かわばた しんご、1987年10月16日-)とは、大阪府出身のプロ野球選手内野手)である。現在東京ヤクルトスワローズに所属。

概要

東京ヤクルトスワローズ #5
川端慎吾
基本情報
日本
出身地 大阪府貝塚市
生年 1987年10月16日
身長
体重
185cm
86kg
選手情報
投球・打撃 右投左打
守備位置 遊撃手三塁手
プロ入り 2005年高校生ドラフト3巡
経歴
際大会
代表チーム 日本
プレミア12 2015年
プロ野球選手テンプレート

小学校から野球を始める。

和歌山市和歌山商業高等学校では2回甲子園大会に出場し、3年には神村学園の野上亮磨からホームランを記録した。2005年高校生ドラフト3巡東京ヤクルトスワローズに入団。入団時の背番号は36。

ヤクルト時代

2006年から二軍遊撃手レギュラーを掴み、シーズン終盤には一軍初出場を果たして初安打と初打点を挙げた。ヤクルト高卒野手が1年に一軍初出場を果たしたのは土橋勝征以来20年ぶり。


2008年宮本慎也の後継者補として開幕を一軍で迎える。ウィルソンバルデスの入団で一時二軍に落ちたこともあり、基本的には川島慶三の控えというポジションだったが、ほぼシーズンを通して一軍に居続け、10月には初本塁打も記録。65試合で打率.260、1本塁打9打点の成績を残した。


2009年は故障で30試合の出場に留まる、


2010年川島が手術のリハビリで姿を消したが、藤本敦士FAで入団、鬼崎裕司ルーキー荒木貴裕の台頭で前半戦はほとんど出番がかった。しかし藤本が不振で二軍落ち、崎も打撃難で、7月後半から8番遊撃手としてレギュラーの座を掴む。シーズン閉幕直前まで打率3割を維持する好調ぶりで、後半戦の快進撃の中で台頭した一人になった。最終的に59試合で打率.298、1本塁打21打点


2011年は開幕スタメンこそ川島慶三に譲ったが、開幕戦で川島が離脱したため、その後はスタメンに定着。後半戦では3番も任され、初めて規定打席に到達したが、シーズン終盤に不振に陥り、最後は故障で離脱。クライマックスシリーズには出場できなかった。最終的に自己最多の117試合に出場し、打率.268、4本塁打48打点。余談だが4本塁打1号ソロ2号が2ラン、3号が3ラン、4号満塁弾という記録を作った。


2012年からは背番号5に昇格。開幕から3番もしくは5番・遊撃で起用された。5月に一度戦線離脱もあり、また宮本慎也の離脱時には遊撃のポジション森岡良介に譲って三塁で出場したりしたが、125試合に出場し、打率.298、4本塁打49打点の成績を残した。


2013年キャンプであえなく戦線離脱。前年痛めた左足首の手術もすることになり、7月に一軍に復帰した。復帰後は三塁手としてレギュラーで起用。8月からはに3番を打ち、9月打率.393をマークして自身初のMVPを受賞。最終的に70試合出場に留まったが打率.311、5本塁打37打点マークした。


2014年三塁手に専念し、自己最多の142試合に出場した。


2015年は全試合に出場し、山田哲人が3番に固定された後は2番を担当。打率.336首位打者、195安打最多安打タイトルを獲得。優勝に貢献した。クライマックスシリーズでは15打数7安打の活躍でMVPを獲得した。


2016年は自打球による折で103試合の出場に留まったが、3年連続で打率3割を記録した。


2017年椎間板ヘルニアの手術の影で一軍出場なしにおわった。


2018年は前年のリハビリから復帰し、開幕戦からスタメン出場を果たす。しかし広島東洋カープ今村猛から頭部死球を受けるなど受難が多く、97試合の出場に留まった。


2019年はコンディション不良のため開幕を二軍で迎え、4月19日に一軍に昇格。4月20日中日ドラゴンズ戦で通算1000安打を達成した。

人物・その他

チーム苗字読みが同じである河端龍がかつて所属していたため、応援ではフルネームで呼ばれる。やくせんでは「お断りしますキャラが定着しているが、特に本人に由来があってのことではない(一行AAが似ていただけである)。

川端友紀イースト・アストライアに所属していた元女子プロ野球選手で、初の兄妹プロ野球選手である。ちなみにの方は、女子プロ野球リーグリーグ発足以来4年間で3度の首位打者(1年打率.393、2年打率.406、4年打率.439)にいている、女子プロ野球を代表するバッターである。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
ヤクルト 川端慎吾#1 6135
ヤクルトチャンステーマ 応援歌のピコカキコ一覧#630 10544

成績

年度別打撃成績

年度 球団 試合 打席 打数 得点 安打 二塁打 三塁打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
2006年 ヤクルト 6 23 21 2 4 0 0 0 1 0 1 0 1 0 8 0 .190 .227
2007年 9 13 10 1 1 1 0 0 1 0 2 0 1 0 6 0 .100 .182
2008年 65 115 104 11 27 4 0 1 9 2 6 0 5 0 20 1 .260 .294
2009年 30 42 37 2 10 0 0 0 0 0 2 0 3 0 6 2 .270 .325
2010年 59 214 188 22 56 12 1 1 21 0 6 3 16 1 21 7 .298 .351
2011年 117 457 399 48 107 20 3 4 46 0 15 3 40 0 51 5 .268 .333
2012年 125 507 453 52 135 15 5 4 49 3 13 4 35 2 56 7 .298 .348
2013年 70 312 267 36 83 7 2 5 37 2 7 1 37 0 28 6 .311 .393
2014年 142 637 580 86 117 33 2 10 69 2 8 3 43 3 62 10 .305 .355
2015年 143 632 581 87 195 34 1 8 57 4 2 2 43 3 72 15 .336 .383
2016年 103 458 420 48 127 22 1 1 32 3 1 2 34 1 31 13 .302 .354
2018年 97 334 297 22 77 9 1 3 31 1 1 1 32 3 37 11 .259 .336
2019年 37 67 61 5 10 1 0 0 7 0 0 1 5 0 8 2 .164 .224
NPB:13年 1003 3811 3418 422 1009 158 16 37 360 17 9 20 295 13 406 79 .295 .352

通算守備成績

機構 守備位置 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
NPB 一塁手 68 298 24 3 27 .991
二塁手 12 22 18 0 3 1.000
三塁手 626 391 954 39 91 .972
遊撃手 294 407 758 14 160 .988

タイトル・表彰・その他

タイトル
首位打者 1回 2015年
最多安打 1回 2015年
MVP 1回 2013年9月
クライマックスシリーズMVP 1回 2015年
ベストナイン 1回 2015年
ゴールデンラブ 1回 2015年
その他
オールスターゲーム出場 2回 2015年2016年

関連動画


■sm5933515[ニコ動]

■sm15735378[ニコ動]
■sm21454132[ニコ動]

関連コミュニティ

■co458

関連項目

関連項目


最終更新日: 19/10/05 19:55
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ