ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


川越英隆


ヨミ: カワゴエヒデタカ
掲示板をミル!
3カキコ!

川越英隆(かわごえ ひでたか、1973年6月8日-)とは、神奈川県出身の元プロ野球選手投手)である。現在千葉ロッテマリーンズの一軍投手コーチを務める。

概要

千葉ロッテマリーンズ #89
一軍投手コーチ
川越英隆
基本情報
日本
出身地 神奈川県相模原市
生年 1973年6月8日
身長
体重
176cm
74kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 1998年ドラフト2位
引退 2011年
経歴
選手歴 コーチ
プロ野球選手テンプレート

プロ入り前は日産自動車に所属し、都市対抗野球で後のチームメイトとなる後藤光尊率いる川崎製鉄千葉を下し優勝し、最優秀選手に選ばれるなど活躍。

1998年ドラフト2位オリックス・ブルーウェーブに入団。

オリックス時代

1999年(1年)から活躍し、11勝8投、防御率2.85と好成績を修めるが、同じく新人の松坂大輔が16勝を挙げ、新人王は獲得できなかった。

2000年にも8勝を挙げるが終盤に故障し、翌年以降はスランプに陥る。特に、2002年5月から2003年までに自身15連敗を喫するなど全く勝てなくなった。

2004年に当時の伊原春樹監督に試合中に説教(後述)を食らってからは息を吹き返し、この年7勝を挙げて復活の兆しを見せた。シーズンオフチームが合併し、オリックス・バファローズの初代選手会長に選ばれる。

2005年から2007年まで開幕投手を務めるなど、首からもエースとして期待された。

2006年にはルーキーイヤーに次ぐ安定感を誇ったが、打線の不調と中継ぎに勝ちを消されたことにより、惜しくも9勝止まり。7年ぶりの2ケタ勝利にはならなかったが、防御率も3.16と好数字を残した。

2007年は開幕投手として斉藤和巳と投げあったが、リードを貰いながらも勝利を挙げられず、またこの年リーグトップ被本塁打を記録。「柵越」と呼ばれてしまう。

2008年からは金子千尋小松聖といった先発投手が頭を表し、中継ぎとしての復活チームのAクラス入りに貢献した。先発時代の高いスタミナでブルペンを支えた。

2009年は不調に終わり戦力外通告。直後の北海道日本ハムファイターズ戦で登板した後に、チームメイトから胴上げを受け、11年間所属したオリックスユニホームを脱いだ。

その約1ヶ半後に、千葉ロッテマリーンズが獲得が発表された。

ロッテ時代

2010年先発ローテーション6番手に滑り込み、移籍後初登板勝利で飾ったが、故障で戦線離脱。復帰後は中継ぎとして登板したが満足いく投球はできず、シーズン3勝に終わった。

2011年にビハインドでのリリーフ起用となり、18試合で防御率1.37それなりの結果は残す。シーズン終盤、一部メディア引退報道が出たのをブログで否定する一幕があったが、結局オフに現役を引退

引退後

2012年からは千葉ロッテマリーンズ二軍投手コーチを務める。

2019年からは一軍投手コーチを務める。

プレースタイルなど

球速MAX150km/hも記録している。晩年は140km/h前後だった。変化球スライダーカットボールカーブフォークなど。シンカーを投げていた時期もあった。

2004年のある試合で、不甲斐ない投球にれを切らした当時の伊原春樹監督に、試合中にも関わらず説教を食らった。このシーンは好・珍プレーでも放送された。

ネタではに同じく小柄な本和也と一緒に描かれていたり、先発170試合投げているのにも関わらず中継ぎを含めて51勝しか挙げていない勝ち運のさをよく扱われている。

身長174cmだが、それよりも低い・・おっと、こんな時間に誰か来たようだ

成績

通算投手成績

通算:13年 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホールド 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
NPB 298 174 21 5 54 76 0 16 .415 1215.1 290 767 630 554 4.10

関連動画


■sm8460813[ニコ動]

■sm10244571[ニコ動]

関連項目

外部リンク


最終更新日: 19/04/03 23:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ