ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


巨人の星


ヨミ: キョジンノホシ
掲示板をミル!
174カキコ!

巨人の星とは、原作梶原一騎、作画川崎のぼるによる日本漫画作品及び、それを原作とし、よみうりテレビ系で1968年3月30日1971年9月18日まで放送されたアニメ作品の事である。
なお、ここでは続編の「新巨人の星」についても説明する。

ストーリーや独特の台詞回し、魅的な魔球の設定、そして強な登場人物等から、後の漫画作品(特にスポ根漫画トンデモスポーツ漫画)に多大なを与えた作品。当時はそのブッ飛んだ内容から、各界から猛批判もあった。


ストーリー



巨人の星


読売ジャイアンツ三塁手だったは、野球への未練から、息子飛雄馬に英才教育を施す。のスパルタ教育により、飛雄馬は正確コントロール速球を身につけた、最強ピッチャーとして成長した。二人の夢は、飛雄馬巨人に入団し、その中でひときわく「巨人の星」となる事だった・・・。


新巨人の星


「巨人の星」最終回で、中日ドラゴンズ戦での完全試合と引き替えに左腕を壊した飛雄馬は、人里離れた山に住み、「代打」として有料で草野球チームの助っ人打者稼業をやっていた。
その後、「代打」の噂をかぎつけたおよびかつてのライバルで今は明子結婚して義となった、そして盟友・伴宙太と再会した飛雄馬は、ビッグ・ビル・サンダーコーチの下、巨人復帰をすのだった。


主要登場人物



関連用語 



大リーグボール


飛雄馬は非常に小柄な体格である為、球質が軽く、撃たれると長打になりやすい。それをする為に魔球大リーグボールシリーズを編み出した・・・という設定。野球理論科学的観点からすると、その理屈はおかしいものが多いが、この大リーグボールにより、魔球という概念は幅広く知られるようになった。

なお勘違いされやすいが、決して魔球元祖ではなく、これ以前の野球漫画にも、魔球は描かれている。特に大リーグボール2号=消える魔球は、原作福本和也と作画ちばてつやコンビによる漫画「ちかいの魔球」における「第3の魔球」と共通点が多い(投手が脚を高く上げて投げると、ボールが打者の前で消失する)。ただし「ちかいの魔球」においては基本的に魔球の原理に対する(一応の)科学的な説明はなく、恐らくは「ちかいの魔球」からインスパイアされた梶原一騎がそこに解説を付け足そうと志したものと思われる。

ちなみに大リーグボール2号だけでなく、「ちかいの魔球」と「巨人の星」は「左投手巨人軍への入団する」「魔球とそれを打ち崩すライバルたちとの攻防」「ライバルのひとりはニヒルで前を長く伸ばしている」など共通点が多く、一種の「元ネタ」と言える。

この大リーグボールの為、飛雄馬野球人生は短命に終わってしまった。


次へ»
最終更新日: 19/08/03 00:12
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ