ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


巨神ゴーグ


ヨミ: ジャイアントゴーグ
掲示板をミル!
133カキコ!
[画像を見る][画像を見る] [画像を見る] [画像を見る][画像を見る]

「巨神ゴーグ」ジャイアントゴーグ[GIANT GORG])とは、安彦良和原作監督ストーリーボードキャラクターデザインメインメカデザイン作画監督を手がけた日本サンライズ(現:サンライズ制作世界名作劇場ロボットアニメ作品であり、1984年4月5日9月27日にかけてテレビ東京系列で毎週木曜19:0019:30に放送されたTVアニメ作品である。全26話。  

「ゴーグ・・・?そうか、ゴーグっていうのか・・・。」

概要

「巨神ゴーグ」は、活動的なイメージを強調した半ズボンスタイル少年「田(たがみ・ゆう)」と、穏やかなるロボット「ゴーグ」との交流と、地図から消された「オウストラル」を舞台にした冒険譚である。

所謂ロボットアニメに分類される本作だが、

といったお約束がまったく存在せず、

といった内容で原作安彦良和少年時の原点である冒険小説を描き出した事から、非常にストーリー性を重視した作で、ロボットアニメと言うよりも世界名作劇場の列に並べたいと思えてしまう日本ロボットアニメ作品の中でも特筆すべき作品である。

※「ゴーグ」の登場も第4話終盤からヒーローは遅れてやってくる

また、本作をる上でかかせない点として当時いや現在でも最高峰と言えるアニメーションクオリティがある。

これは、当時すでにアニメ業界でトップの実者で本作の原作監督キャラクターデザインメインメカデザインを務めた「安彦良和」が

テレビに見切りをつける前に1シリーズくらいまともなものをやりたかったということなんです。テレビには、いろいろな制約が多すぎるし、不愉快な思いもしてきてますからね。ただ、たいしたものを作ってないのに、「やーめた」なんて言い方はできないので、「まあまあ、あれくらいの作品を作ったのならよかろう」といわれるものをやっておきたかったわけです。これで、テレビアニメ卒業というようなものをね。」
アニメージュ 1984年7月インタビュー記事 ※「青い巨神[外部]ページより引用

と「TVアニメーション制作からの卒業作品」と位置づけていた事や、番組の確保等の諸般の事情により放送開始が半年遅れた事から第1話放送時に最終話制作していた前代未聞な進行により、全26話中の24話分の作画監督安彦良和自身が務め、他2話も実者の土器手が担当した事や、仕事が速くてクオリティも高い事に定評のある脚本家先」や、映画クラッシャージョウの監督を務めた「鹿島典夫」、後に安彦良和原作映画アリオン」の監督を務めた「守」らチートといわざるをえない制作が参加している為で、集結した最高のスタッフの手により、

といった「(いくつもの幸運が重なる必要はあるが)時間があればTV放映用でもこんなにすごいものがつくれます」と言う見本の様なクオリティの高さを実現している。

「一番あったのは、テレビシリーズを1本、まんべんなく自分の手を汚したものとして作りたかったということです。たとえば作監といっても、2本やれば一杯です。ぼくは決して人より手が遅いとは思わない。むしろいですよ。もちろん顔だけを直すという方法なら別でしょうが。一応全カットなんとか”というレベルまで引き上げる作監作業ならこのペース限界です。結果としてふつうのテレビシリーズだと、自分がノータッチの作品が半分はできてしまう、これが残念でしょうがなかったんです。 だから『ゴーグ』は2本のペースで原画がインしてアップするまでに13かかけて作りました。ふつうの倍の時間ですね。 」
アニメージュ 1984年7月インタビュー記事 ※「青い巨神[外部]ページより引用

また、制作制作期間以外の奇跡の高クオリティの要員の一つには、制作側の管理を放置する事に定評のあるタカラトミ-(当時タカラ)がスポンサーだった事も考えられる。実際にタカラから自由にやって良いといわれた安彦良和により、あえて玩具を売る為のロボットアニメ的に売れる要素がまったくい内容になっており、そういった自由さも本作のオリジナリティの土台もひとつと言える。

だがしかし、当時最高のスタッフによって最高のクオリティ制作された本作は、サンライズロボットアニメの中でもマイナーな部類である事は否めない。

その最大の要因は、前記の通り玩具を売る事を考えていない為、固定武装一切し&麗なバンクによる必殺技し&が飛べず移動は徒歩なゴーグには、ロボットアニメ主人公ロボに必要な々しさがく、そもそもゴーグ自身の最大の売りが「頑丈さ」なゆえに、地味ロボといわざるをえない為である。(最初は色ボディになる予定だったらしい)

主人公を守る存在である事から「頑丈さ」に定評がある事はまったく問題がないはずなのだが・・・

他のロボットメカストーリー上必要最低限しか登場しない為、商品としての盛り上がりにも欠けたところがあり、当時の子供達を振り向かせる事は難い事は容易に想像できる。

萌え美少女キャラがいないのもアレ

現在では、DVD-BOXの発売等、映像作品としてのクオリティについて評価されてきていると思われる。

クオリティよりも作品数な状態になっている昨今の日本アニメの状況に対して、1980年代に「巨神ゴーグ」の様な作品があったことを記憶していただければ幸いである。

冒険の旅

世界地図から消された「オウストラル」。 

、おまえは覚えているか?」との亡きの問いと、オウストラの秘密を解明する為にの友人のウェイブ兄妹、そして「船長」と名のる男と共に、少年「田」は冒険の旅へと自ら歩みだした。

オウストラに眠るとされる古代テクノロジーを独占せんとする巨大複合企業GAIL」や、ギャング団「クーガー・コネクション」の追跡を振り切ってに上陸した田だったが、悪魔の階段と呼ばれる溶岩にて正体不明の存在に襲われ危機に陥った。

絶体絶命の時、く巨大なロボットが現れて敵を撃退し、田危機を救う。

民から「の使い」と崇められ、「ゴーグ」と呼ばれている巨人と共に田は、に眠る異文明の遺跡や異人との邂逅、そして「ゴーグ」に託された思いを知り、たくましく成長していった。

青き巨神「ゴーグ」

本作の役の一人である、異人によって3万年前に造られた人ロボット

「ゴーグ」と言う名は、基本的に会話を持たず「GOOOORG」と鳴いてる様な音を発する事からつけられたもので、正式名称は「ドークガーディアンレベル21ゼノンタイプ」。全高:13.5メートル、重量:12.5トン

3万年前にオウストラに降り立ち、地球人のに落ちた為に異人の仲間達の下を離れたマシウスを護衛する為に野に下ったゼノンが元々の搭乗者で、ゼノンが死の間際に示した「マシウスとその子孫を守る」という命を、ゼノン亡き後忠実に遂行しており、マシウスの血を引く地球上ただ一人の子孫である田を守る為に公式チートな頑丈さと格闘を発揮する。

その性は、物語後半に登場した他のガーディアンや、ゼノンマノンが操るがガーディアンとの戦いでもたった一人で戦い抜く等、非常に高い性をもっている事が描写されている他、安彦良和自ら「ゴーグは無敵」と公式チート発言をしており、特にその頑丈さには定評がある

その絶対無敵な頑丈さを物語る点として

といった内容で作中に表現されている。

弱点としては、

といった点はあるものの、作中最強の存在である事は揺るがない。まさに「気は優しくて持ち」なである。

田神悠宇と仲間達

オウストラを解明する者達。 


田神悠宇(たがみ・ゆう)  CV:田中真弓


  • 本作の役を務める半ズボンがまぶしい13歳の少年
  • 「ゴーグ」との間で不全ながらも意思を通わせる事が出来る。
  • 所謂「多感な年頃だが正義感と行動にあふれる少年」と言う冒険物語の進行役な性格をしている。

ドリス・ウェイブ CV:雨宮一美



トム・ウェイブ CV:山田俊司/キートン山田



アルゴス



船長 CV:今西正男



アロイ CV:向殿あさみ


  • オウストラルの現地人の少年
  • らとめぐりあい共に冒険する事になる。
  • 血気さかんで粗暴なところがある。

サラ (CV:佐々木優子)


  • アロイと共に行動するオウストラル現地人の少女
  • 寝る時もアロイと一緒だが血縁関係ではなく、人同士でもないらしい。
  • 世話好きな良い子。
  • 第1話~第7話のCV神保なおみが担当した。

トメニク CV:立木文彦



ホツ・マツア CV:大久保正信


◆キャリアビーグル


次へ»
最終更新日: 15/06/02 22:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ