ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


平将門


ヨミ: タイラノマサカド
掲示板をミル!
107カキコ!

平将門(たいらの・まさかど) ?年 - 940年3月25日とは、平安時代中期の武将にして、世界の大都市東京の守りである。


概要


としての平氏の実質的な起とされる平良将の子。叔父香とのいざこざをきっかけに朝廷を相手に平将門の乱を引き起こし、関東地方を治め、新皇を自称し、独立地方政権を作り上げたが、最終的には貞盛らによって討ち取られた。当時はまだまだ未開拓地であった関東地方を注させ、地方武士の持つを見せ付けた功績は大きい。またこれらの功績と、当時横暴な政治を行っていた朝廷に反旗を翻したことから、没した後も、特に関東地方の人々の人気の的となってきた。


平将門の怨霊


平将門と言えばコレである。東京都千代田区大手町、間は多くのビジネスマンサラリーマンが闊歩するこのオフィスのビルとビルの間に、不自然に、小さな首塚がポツンと建てられてある。

これこそが平安京にてし首にされた平将門の、その首が飛来してきたとされる将門(しょうもん)塚である。
何度か取り壊し建て替え工事が行われようとしたが、その度に工事関係者に事故が相次ぎ取りやめとなってきた。果ては戦後GHQでさえもここへの駐車場の建設は中止としたとか。

もはや偶然では済まされなくなったこれら一連の事件により、首塚は畏怖の対とされ、首塚付近に勤務する大手町の人々は、決して首塚の方向にを向けないようにしながら働くらしい。死して時代をえても、今なおある存在として君臨し続ける将門に不思議な魅を感じずには居られない。


東京の鎮守


一方で、13世紀末から14世紀初頭にかけて首塚周辺で変地異が起きた際に、それを鎮めるため、1309年に神田明神に合された。その後、将門は勝利として祈願されることが多くなっていった。

その後、徳川家康が後北条氏の征伐ののちに関東八州に転封されたのち、関ヶ原の合戦の勝利を祈願している。
江戸幕府が成立すると、神田明神江戸城の北東、すなわち門に当たる方角に遷座し、江戸総鎮守(江戸の守り)として重視した。

明治になると、将門を朝敵とみなす動きが強まり、神田明神から将門神社へと遷座させられるが、1984年運動の末に神田明神へと再び合された。

東京するのであれば、ぜひとも首塚と神田明神に参拝していただきたい。 


関連動画



■sm6831296[ニコ動]


関連商品


■az4004201683
■az4041662141


関連項目



最終更新日: 15/03/29 22:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ