ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


平成教育委員会


ヨミ: ヘイセイキョウイクイインカイ
掲示板をミル!
22カキコ!

「セイカイシャニハクシュ!ヨクデキマシタ!ヨクデキマシタ!」

平成教育委員会とは、1991年1997年までフジテレビ系で放送されたクイズ番組である。
現在も不定期特番として、また兄弟番組となる「熱血!平成教育学院」が後に放送されるなど、非常に息の長い番組となっている。


概要


小学校から中学校程度の基本程度レベルの問題を解くクイズ番組。
一見簡単そうに見えるが、めて解くとなると基礎レベルの問題でも悪戦苦闘するという大人たちの姿が話題となり、人気となった。

学校の時間割のように教科ごとにコーナーが分かれており、そこで最も正解した生徒には「たけしおとし」という組み立て式の人形ビートたけしが学問の神様菅原道真の格好をしている)の1パーツが進呈される。それが全て組みあがると世界一周留学旅行が獲得できた。
また、その回の最優秀生徒には番組特製優等生ブレザーなどが贈呈された。

当初はビートたけし逸見政孝によるダブル会で、たけしは「先生」、逸見は「学級委員長」という肩書で登場。
番組タイトル「たけし・逸見の平成教育委員会」と、二人の冠番組という体裁をとっていた。
この時期の会進行はたけしと逸見が共に行なっていたが、逸見はクイズが出題されると解答者として問題に答えるという形を取り、会者であり解答者でもあるという他のクイズ番組では見られない形式を取っていた。 

しかし、1993年末に逸見が急逝。しばらくは正式タイトルを変えなかったのだが、翌1994年ビートたけしバイク事故で長期入院したため番組出演不能となり、代理会を週替わりで立てるとともに二人の名前がタイトルから外された。
たけしの番組復帰以降はビートたけしのみが「先生」として会を務めている。

この番組の大ヒットによって、1976年から長年に渡って土曜19時半に君臨していた「クイズダービー」(TBSテレビ)を1992年に終了へ追い込んだ。
クイズダービー」から見ると、番組の顔であった初代会者の大橋巨泉の降1990年)から徐々に視聴率が低迷し始めており、弱ってきたところに「平成教育委員会」でとどめを刺された格好である。
なお、大橋巨泉たけしの長期入院中に代理会として登場している。

1997年に一度終了したが、2000年から再び不定期特番として放送されており、根強い人気を誇っている。


発想の原点


この番組のアイディアビートたけしが発想したものだと言われている。
1986年フライデー襲撃事件を起こし長期の活動謹慎をする事態になったたけしが、時間に余裕ができたのを機にめて小学校中学校などで習う内容のドリルで勉強してみたところ、社会人としての知識や常識学校教育で習う一般常識の基礎とのズレに気がついた。ここから発展し、たけし企画書を書いて提出したところ受け入れられ番組化に至った。


関連動画



■sm9473076[ニコ動]


関連商品


■azB000JKXC4C
■azB000X22BWA


関連項目



最終更新日: 14/05/08 20:58
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ