ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


平重衡


ヨミ: タイラノシゲヒラ

平重衡1157~1185)とは、平安時代末期に活躍した武将である。


概要


平清盛時子の間に生まれた子で清盛の五男。通称本三位中将。文武両流人であるが、とあるうっかりミスでひどく恨まれる役割を演じることとなる。

1162年に従五位下に叙爵して以来、尾守、左頭、を経て、徳子の中宮、その子・言仁(安徳天皇)の東宮になるなど徳子子に近侍した。その後中将、蔵人頭を経て1181年には正三位となり卿に列す。

『建礼門院右京大夫集』には女房たちとの交流など達としての姿が描かれるが、『玉葉』、『吉記』など当時の貴族日記には、11805月の以仁王追討の大将軍としての活躍や11813月の戦いでの大勝利など、武勇優れた人物であることもうかがい知れる。しかし『物語』ではそんな彼の姿は描かれず、彼に与えられた役割は敵であった。

それは118012月、南都攻撃の大将軍となった際、思わぬ不慮で南都を焼亡させてしまったことに起因する。さらにこの伏線として、史実上は118012月大将もはっきりしないが、『物語』ではそれに先立つ5月には園寺も炎上させており、虚実混ざり合った敵としての姿が平重衡には与えられたのである。

そして11842月、一ノの戦いで平重衡は子に裏切られ、捕虜となって都に引き戻される。
史実では三種の神器返還の交渉役を申し出て失敗する一方、『物語』では北の方・藤原子、千手の前の他、様々な女性との交流と別れを物語として挿入されて悲壮感が強調され、敵としての彼は法然への懺悔と受によって救済に向かう。そしてついに運命を甘受し南都に引き渡され、十念を唱えつつ木斬首されたのであった。
彼の首はその後北の方・藤原子のもとに戻されて胴とともに火葬され、高野に送られ法界寺の近くに墓が設けられたとされる。


関連項目



最終更新日: 17/09/23 01:13
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ