ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


平野佳寿


ヨミ: ヒラノヨシヒサ
掲示板をミル!
34カキコ!

平野佳寿ひらの よしひさ、1984年3月8日-)とは、京都府出身のメジャーリーガー(投手)である。現在アリゾナ・ダイヤモンドバックスに所属。


概要


アリゾナ・ダイヤモンドバックス #66
平野佳寿
基本情報
日本
出身地 京都府宇治市
生年 1984年3月8日
身長
体重
186cm
84kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 投手
プロ入り 2005年希望
経歴
際大会
代表チーム 日本
WBC 2017年
メジャーリーガーテンプレート

少年野球チームの「小倉リトルズ」で野球を始め、中学時代に野手から投手に転向する。

高校時代は3季連続で甲子園に出場するも、二番手投手だった。

京都産業大学に進学し、2年からエースとして活躍。大学通算36勝、404奪三振リーグ新記録を立。2005年ドラフト希望オリックス・バファローズに入団。

入団会見で「10勝以上勝って新人王を獲得したい」とった。

オリックス時代

2006年前半戦は快調にを積み上げたが、中村勝広監督の方針で投を強いられたことで、後半戦は疲労から調子を崩して7勝11敗に終わり、新人王も北海道日本ハムファイターズ八木智哉に軍配が上がった。松坂大輔に次ぐ10投4完封を記録していた。


2007年テリーコリンズ監督の方針により100球前後の球数制限が設けられ、この年は僅か2投だった。またリーグワーストの13敗、リーグ2位の18被本塁打と打ち込まれた。7月24日には平野恵一と共にお立ち台に上がり、「ダブル平野」でのヒーローインタビューが実現した。


2008年2009年は故障に悩まされ、2009年には開幕ローテーション入りを果たすも、逆流性食道炎を患い、これにより体重が減り、復帰後も本来の調子を取り戻せず、3勝12敗と大幅に負け越した。


2010年からはリリーフに回り、セットアッパーに定着。直球の球威が復活し、ストレートで押し込み三振を奪う強いピッチングスタイルシーズンを通して活躍、抑えに回った岸田護との勝利の方程式を形成した。63試合に登板し7勝2敗32ホールド2セーブ防御率1.6780回2/3で101奪三振を記録した。


2011年も不動のセットアッパーとして君臨。リーグ最多の72試合に登板パ・リーグ新記録となる43ホールド、49ホールポイントマークし(翌年増井浩俊更新される)、最優秀中継ぎ投手タイトルを獲得。6勝2敗2セーブ防御率1.94WHIP0.78という安定感で、リーグを代表するセットアッパーに上り詰めた。


2012年は前半戦は前年までの疲れからかもうひとつ不安定な投球が続いたが、徐々に立ち直り、岸田護二軍落ちしてからは抑えも務めるなど、結局70試合に登板して7勝4敗21ホールド9セーブ防御率2.15とフル回転した。


2013年は開幕からクローザーに専念。この年も1年を通してフル回転し、60試合に登板して2勝5敗9ホール31セーブリーグ2位)、防御率1.87の好成績を残した。


2014年クローザーを担当し、46セーブ最多セーブ投手タイトルを獲得。オリックスの快進撃に貢献した。


2015年クローザー登板したが、この年は失敗が立ち、3敗10セーブに終わった。


2016年エリック・コーディエがクローザーを務めたが、コーディエに失敗が立ったため、クローザーに配置転換された。4月24日千葉ロッテマリーンズ戦で通算100セーブを挙げた。最終的に31セーブを挙げ復活した。


2017年WBC日本代表に選出される。この年は3勝7敗と負け越し、おしくも30セーブはならなかった。11月7日海外FA権を行使し、メジャーリーグベースボールす。12月22日アリゾナ・ダイヤモンドバックスと2年契約に合意したことが発表された。

ダイヤモンドバックス時代

2018年は開幕をメジャーで迎え、開幕戦のコロラド・ロッキーズ戦でメジャーデビュー。以降は中継ぎとして登板を重ね、5月6日ヒューストン・アストロズ戦から7月3日セントルイス・カージナルス戦まで26試合連続失点を記録した。9月以降は抑えを担当。自己最多、日本人メジャーリーガー最多の75試合に登板し、4勝3敗3セーブ32ホールドを記録した。


人物・その他



成績



年度別投手成績


年度 球団 登板 先発 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率
2006年 オリックス 26 24 10 4 7 11 0 0 .389 172.1 39 105 82 73 3.81
2007年 27 26 2 2 8 13 0 0 .381 171.2 28 124 75 71 3.72
2009年 20 18 2 1 3 12 0 0 .200 114.1 38 91 60 60 4.72
2010年 63 0 0 0 7 2 2 32 .778 80.2 28 101 19 15 1.67
2011年 72 0 0 0 6 2 2 43 .750 83.2 17 99 18 18 1.94
2012年 70 0 0 0 7 4 9 21 .636 79.2 5 80 21 19 2.15
2013年 60 0 0 0 2 5 31 9 .286 62.2 14 71 16 13 1.87
2014年 62 0 0 0 1 6 40 8 .143 60.1 13 70 23 23 3.43
2015年 33 0 0 0 0 3 12 10 .000 31.0 14 39 14 14 4.06
2016年 58 0 0 0 4 4 31 8 .500 61.0 16 57 13 13 1.92
2017年 58 0 0 0 3 7 29 8 .300 57.1 16 47 19 17 2.67
2018年 ARI 75 0 0 0 4 3 3 32 .571 66.1 23 59 22 18 2.44
NPB:11年 549 68 14 7 48 69 156 139 .410 974.2 228 884 360 336 3.10
MLB:1年 75 0 0 0 4 3 3 32 .571 66.1 23 59 22 18 2.44

タイトル・表彰


タイトル
NPB 最優秀中継ぎ投手 1回 2011年
最多セーブ投手 1回 2014年
NPB パ・リーグ特別表 2回 2011年2014年

関連動画

オリックス時代


■sm714793[ニコ動]

■sm7213300[ニコ動]

ダイヤモンドバックス時代

■sm33025157[ニコ動]
■sm33435968[ニコ動]

関連商品

■azB0044CPIZM

関連コミュニティ

■co13272
■co6773


関連項目



最終更新日: 19/04/15 18:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ