ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


平野謙


ヨミ: ヒラノケン

平野謙とは、

  1. 愛知県名古屋市出身の元プロ野球選手外野手)、本記事で解説
  2. 文芸評論家1907年-1978年

である。

概要

群馬ダイヤモンドペガサス #89
監督 
平野謙
基本情報
出身地 愛知県名古屋市
生年 1955年6月20日
身長
体重
179cm
75kg
選手情報
投球・打撃 右投両打
守備位置 外野手
プロ入り 1977年ドラフト
引退 1996年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

甲子園出場をすべく、高校時代は投手として奮闘したが、ベスト4に終わった。

名古屋商科大学に進学し、1977年ドラフト外で中日ドラゴンズに入団する。

入団時は投手であったが、右肘の故障歴などもあり2年に打者転向をするが、3年間1度も一軍昇格はならなかった。

だが1981年より監督となった近藤貞雄に見出され、ようやく一軍出場を果たす。翌1982年は2番センターで開幕スタメンを掴み、そのままレギュラーの座を守り続けてダイヤモンドラブ賞(現:ゴールデンラブ賞)を初受賞した。1985年には初の3割達成、翌1986年には盗塁王を初受賞するが、1987年より監督となった星野仙一には闘志を前面に出さない姿勢を批判され、野利勝の台頭もあってその年のオフ小野和幸投手との交換トレードで西武ライオンズに移籍することとなった。

このトレードは西武森祇晶監督が熱望したものであり、2番ライトとして開幕を迎えるとそのまま全試合(130試合)出場を果たした。シーズン終盤や古巣中日との対戦となった日本シリーズでは1番も打ち、生涯最高の打率.303パ・リーグ8位)を残した。

移籍後の1988年から1992年まで5年連続でパ・リーグ最多犠打を記録、守備でも1993年まで6年連続ゴールデンラブ賞を獲得し、西武野球の代名詞とも言える選手となった。衰えが顕著となった1993年オフ自由契約となり、千葉ロッテマリーンズに移籍した。そして、41歳となる1996年まで現役を続けた。

引退後はロッテコーチとして残留し、二軍監督を経て2002年には一軍ヘッドコーチも務めた。2003年から2004年まで住友金属鹿島コーチを務め、18年ぶりの日本選手権出場に導いた。

2006年から2008年まで北海道日本ハムファイターズコーチを務める。

2012年から2013年まで中日ドラゴンズコーチを務め、2014年からは野球解説者に戻った。

2015年2月群馬ダイヤモンドペガサスコーチに就任、2016年度より監督をつとめている。

選手としての記録

犠打の生涯記録数451はかつての日本プロ野球最多記録。後に川相昌弘(元巨人中日)に塗り替えられたものの、2015年現在でも通算2位の記録であり相と共に「バントの名手」としてその名が挙がる。

な守備位置はライト。元投手だったために肩が強く、最多補殺を5回記録した。

テレビドラマ

現役最終年となる1996年2月より、NHKドラマ銀河で「ようこそ青春物店」というタイトルテレビドラマが放映された。この作品は平野謙の実姉である内藤洋子が書いた『わが故郷(ふるさと)は平野物店』を原作としており、中学生時代の平野も登場している。

応援歌

球団 レス No プレイヤー
西武 応援歌のピコカキコ一覧#389 9680

通算成績

通算:16年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 1683 6524 5676 712 1551 53 479 230 451 29 350 18 759 81 .273 .316

関連動画


■sm7307271[ニコ動]

関連項目


最終更新日: 18/10/31 18:51
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ