ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


幽霊


ヨミ: ユウレイ
掲示板をミル!
461カキコ!

幽霊とは、死者の魂や念の事。成仏していない霊魂。おばけとも。


概要


に、人間動物が死んだ後に非物質的なものと化しながらも、思考体としての存在を継続したものを概念。例外として、生きている人間が幽霊として活動する生霊のような亜もある。日本のみでなく、世界各地の様々な文化圏に古くからある概念である。

怪談役として日本には欠かせない存在。暑い涼しく演出してくれる、重要な逸材でもある。

大きくふたつに分けることができ、没で移動しながら獲物を探すタイプと、じっと根気強く獲物を待つタイプがいる。待ち伏せタイプがよく出没するといわれている場所は、交通量の多い交差点、学校病院トンネル踏み切りなどがある。どちらにせよ、に姿を見かけることが多いようだ。

幽霊によっては、生きている人間に憑き、移動している者もいると言われる。その場合、生きている人間には何らかの不具合が生じる事が多いようだ。これを霊障と呼ぶ。逆に、背後霊守護霊などと表現された場合には憑かれた人間を護っているとされることもある。


霊能者


「幽霊を認識できる、さらに幽霊に関して影も持つ」とする人のことを俗にと呼び、人気のある霊者には信者的な存在が着くこともある。「ただ幽霊が認識できるだけで対処はできない」と感じて、細心の注意を払って生活している人もいるようだ。

彼らが見えているとするものが実在しているのかどうかは定かではなく、さらに言えば本当に見えているのかすら確かめる術はい。


心霊スポット


幽霊がよく出没するという噂がある場所は、心霊スポットと呼ばれ、暇な人が集団で幽霊の観察会を行う。住宅地の中にある心霊スポットなどでは近所迷惑になり、問題になることもある。


宗教


死後に関連した概念である以上、自然宗教との関連は深くなる。幽霊が出ると言う騒ぎに対して宗教職者が清めや供養を行ったり、霊者が職者を兼ねている場合もある。

ただし厳密に言うと、幽霊についてを的な教義上で明確に説明している宗教は意外と少ない。死後に人間がどうなっていくか、どこに行くのかが教義上定められている場合が多く、「死んだ後も現世でふらふらしている」という幽霊と言う概念がそれにそぐわないためであると思われる。宗教やその分によっては、幽霊の存在を全く認めていない立場もある。

キリスト教を例に挙げると、少なくとも新約聖書には登場人物が「幽霊かと思った」というシーンはあるが、幽霊自体は登場しないようである。現代の教会も幽霊と言う概念には否定的である。


文化・芸術


古くから、古今東西の文化・芸術で幽霊について扱われている。

ハムレット」「物語」「捜記」といった洋の東西や年代を問わない多数の有名な文学作品でも幽霊が登場する。ちなみに芥川龍之介エッセイで「幽霊のでてくる小説」についてったことがあり、「小説に出てくる幽霊って着てるばっかりだよな。か裸の幽霊の話書けば先駆者になれるぜ」とけしかけている。

絵画においても、幽霊を題としたものが「幽霊画」という一つのジャンルなるほどの多くの作品が描かれている。日本の幽霊画では円山応挙が特に有名で、彼の作品が「幽霊は足がい」というイメージ日本で定着させた、とも言われる。


サブカルチャー


サブカルチャーにおいても幽霊は重要な役割を果たす。キャラ付けは人間キャラクターと大差ないが、「心残りがある」「その場を動けない」など、生きている人間とは決定的に違う部分が萌え要素特徴となるようだ。

病弱の上位版と考える場合もあるが、普通は「既に死んでいる」(稀に生き霊の場合もある)上で幽霊になったという事は、まだ生前の的を果たそうとしているというわけなので、多くの場合、病弱より活動かに高く、常人をえている場合もある。

サブカルチャーでの性質は数パターンあるが、心残りがあるかで大別されるようだ。

心残りがあるもの

何らかの理由で死にきれないが故に幽霊になったものであり、それが何であるかが重要なカギとなる
基本的に、その原因にけりをつけて成仏することになる

心残りが無いもの

幽霊として存在し続けることに意義がある『死を生きる生命体』であり、成仏しない。
また、前者が自身の的を離れて遊び始めると、後者に近くなる(西行寺幽々子など)


科学的実在性


残念ながら幽霊の実在を支える科学的根拠は薄い。医学的には、に傷・疾患を患った患者の症例報告や、手術を行った患者の観察記録などの研究から、人間の意識・感情・記憶はの機・構造によるものとみなされている。これに対し、「幽体離脱体験や臨死体験で天井からの視点言した例」「前世の記憶をる人物」「心臓移植後に移植元の人物の人格を一部引き継いだ例」などの反論となる報告も散見されるものの、いずれも「未検証もしくは検証不十分」であることが多く「逸話採集」の域を出ていない。

よって現在科学的知見に照らし合わせる限り、死亡することでが不可逆的に機・構造を全に失った場合、意識・感情・記憶は全く維持出来なくなると予想され、幽霊は実在する可性が低いものであると言える。

ただし、仮に「物質によらずにの機・構造をバックアップして保存しているなにか」が発見された場合は、死後の意識、すなわち幽霊の実在性は急上昇するかもしれない。

蛇足だが、霊魂と科学に関係した逸話として「魂の重さを量った医師」というものがある。医師が「死にかけている人間を秤つきのベッドにのせて死ぬまで待ち、死ぬ間の前の体重と死んだ後の体重を量る」というとても迷惑そうな実験を行い、その結果「死の間に少し重さが減った」という話。これは実際に行われた実験であり、アメリカ医師ダンカンマクドゥーガルが実施して医学雑誌に報告している。ちなみにでも同様の実験を行い、「では重さが減らなかった」とのことである。ヒトには魂があるが、わんこには魂がいと言いたかったのかもしれない。


関連動画



■sm1633342[ニコ動]

■sm11309[ニコ動]
■sm7561706[ニコ動]
■sm3463883[ニコ動]
■sm10099851[ニコ動]
■sm5832243[ニコ動]


関連コミュニティ


■co1817


関連項目



最終更新日: 14/04/05 13:06
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ