ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


広告ブロッカー


ヨミ: コウコクブロッカー
掲示板をミル!
14カキコ!

広告ブロッカー」とは、インターネットを利用する際に広告が表示されなくするためのものである。「広告ブロック」とも。

また「アドブロッカ(ad blocker)」「アドブロック(ad block)」「アドブロッキング(ad blocking)」などと呼ばれることもある。この「アド」(ad)は広告を意味する英語「アドバタイジング(advertising)」や「アドバタイズメント(advertisement)」の略称である。

広告に限らず、ユーザー定したコンテンツ自由ブロックすることができるものが多い。そのため「コンテンツロッカcontent blocker)」と呼ばれることもある。


概要


インターネットウェブブラウザで閲覧する際、あるいはスマートフォン/タブレットアプリを利用する際など、何らかの広告が表示されることは多い。

かしこれらの広告を見せられることには、程度の差こそあれ「本来見たいものを隠してしまう」「障りである」「(音が伴う場合)障りである」「ウェブサイトの表示に時間がかかることがある」「(スキップできない動画広告などの場合)時間の無駄になる」「インターネット通信量を駄に食う」などのデメリットもつきまとう。

そういった広告デメリットから解放されるために、広告を表示させなくするためのものが広告ブロッカーである。ウェブブラウザの拡(アドオン)やスマートフォン/タブレット向けアプリとして提供されていることが多いが、ルーターなどのインターネット接続機器に接続して使用するハードウェアタイプのものもある。

フィルター」と呼ばれる条件リストのようなものを参照し、それに合致する広告などへのアクセスキャンセルしたり、ブラウザに表示しないようにするという仕組みである。この「フィルター」自体は、広告ブロッカーの提供者とは別の団体や個人が制作・配布しているものを利用していることが多い。また、自己流のフィルターを作って追加していくこともできる。

広告ブロッカーを導入するメリットは、上記で挙げたような広告デメリットの裏返し。すなわち、ウェブサイトから駄なものが消えてスッキリした見たとなり、表示もくなり、駄に待たされたり不要な動画や音を見せられることがくなり、通信量も節約できる。

また、広告ブロッカーには「広告以外にも、ユーザー定したコンテンツブロックする」機を有するものが多い。このコンテンツブロックを使いこなせば、さらに上記のような効果は高くなる。

ただし、広告ブロッカーが使用者に不都合をもたらす場合もある。例えば、広告ブロッカーに対して敵対的なウェブサイトの中には、広告ブロッカーを検知すると閲覧を阻してくるものもある。また、広告ブロッカーが広告と誤判定して必要なコンテンツまでブロックしてしまうこともある。そのため、広告ブロッカーを使う場合には「正常にウェブサイトが表示されない場合は、広告ブロッカーを切ってみる必要がある」という解決策を念頭においておかなければならない。


代表的な広告ブロッカー


以下の3つはいずれもウェブブラウザ、およびスマートフォン/タブレット向けアプリである。

なお、これら3つは「2019年5月現在ChromeFirefox向けとして代表的なもの」であり、他のブラウザスマートフォン/タブレット向けアプリにおいては事情が異なる。

また、これら3つの他にも「Ghostery」や「uMatrix」など広告ブロックを持つ評判のよい拡は複数ある。


Adblock Plus(アドブロック プラス)


な広告ブロッカーの中では最も古くから存在しているもののひとつで、非常に有名であり使用者数も大変多い。また対応するブラウザモバイル端末も多い。2019年5月現在Chromeでは1000万人以上、Firefoxでも約1012万人ものユーザーがいる。広告フィルターの記述方式など、このソフト(およびオリジナルAdblock)の仕様が広告ブロッカーのデファクトスタンダードとなっている部分も大きい。

00年代初めに開発されていた、人気広告ブロックAdblock」(後述する「AdBlock」とは別のソフトであることに注意)のバージョンとして2005年に初めて開された。その後「Adblock」の開発・更新は放棄されたため、この「Adblock Plus」がその地位を引き継いだかたちとなった。

更なる詳細は「Adblock Plus」の記事を参照。


uBlock Origin(ユーブロック オリジン)


Adblock Plusべ、CPUメモリの使用率を抑えていて軽快であるという。こちらも使用者は非常に多い。2019年5月現在Chromeでは1000万人以上、Firefoxでも約479万人。

2014年リリースされた当初は「μBlock」という名称だったが「μ」の部分の読み方が分かりにくいんじゃいというを受けて「uBlock」と言う名称となった。さらに2015年オリジナルの開発者が「uBlock」の管理権限を他の開発者たちに譲渡しようとしたところ、ある一名のみが大きな権限を握り、かつ寄付を募り始めるという出来事が発生。オリジナルの開発者はこれに不信感を抱き「uBlock」とは別の拡uBlock Origin」を開発し始めた。そしてユーザーらの多くは「uBlock Origin」を選択した。「uBlock」の方も更新や配布は続けられてはいるのだが、「uBlock Origin」の数十分の一のユーザー数しか得ていない。


AdBlock(アドブロック)


Adblock Plus」の元になった「Adblock」と名前が似ているので混同しやすい。こちらの「AdBlock」は名前のBが大文字になっている。

Adblock Plus」にインスパイアされたChrome向けの広告ブロッカーとして、2009年リリースされた。そのころ「Adblock Plus」にはChrome版が存在していなかったため歓迎され、Chromeにおいてかなりのユーザー2019年5月現在Chromeウェブストアの表示では、少なくとも1000万人)を獲得した。ただしその後「Adblock Plus」や「uBlock」のChrome版も出たため、当初の独占的な状態は揺るがされている。

後に「AdBlock」のFirefox版を出したがこちらでもユーザーを集め、2019年5月現在ユーザー数は約133万人と、「Adblock Plus」「uBlock Origin」に次ぐシェア3番手といったところにつけている。

ちなみにこの「AdBlock」の他にも、全く同じ「AdBlock」という名称の別の拡が沢山あり(Chromeでの例1[外部]Chromeでの例2[外部]iOSでの例[外部])、しかもいずれもそれなりのユーザー数を得ている。大変紛らわしいが、「adblock」と言う単が単純すぎて本記事冒頭でも記したように一般名詞としても使用されていること、また先行する「Adblock」や「Adblock Plus」で既に使用されていることなどから、名称を独占できないのかもしれない。


niconicoでの設定例


niconicoの各サービスニコニコ動画ニコニコ静画でも広告や、人によっては不要と感じるであろう部分はたくさんある。ここでは、niconicoでそういった部分を取り除くための具体的な各種設定の一例を紹介する。

ただし、これらの設定はPCサイト用であり、スマートフォンサイト用のものではない。また、これらの設定例は2019年5月6日時点で動作するものにしかすぎない。広告ブロックの設定対niconico側が設定しているコンテンツの設定名称やコンテンツの並び順に基づいているため、niconico側がこれらの設定を変更すればここに記載されている設定例も意味をなさなくなる。さらに、多数の利用者によって練られたベストの設定というわけではなく、あくまで一利用者が使用している設定の例示である。

「どれだけの効果が出るのか」についての一例だが、例えば2019年5月6日にとあるネット環境にて、ニコニコ大百科のトップページを表示する際に表示終了までにかかった時間を計測したところ「広告ブロッカーオフでは均9.202」「広告ブロッカーオンでは均3.261」だった広告ブロッカーには下記のような様々な追加設定を導入済。Firefoxネットワークモニターを使用し、"load"イベント発生までの時間を記録。オフオンで10回ずつ計測。。実感できる程度の差が出ることがわかる。ただし、このかかった時間のうち後半の部分は「今週の扉絵」の画像など文章以外の部分であったため、「文章が読めるようになるまでの時間」というわけではない。

なお「多くの広告ブロッカーで、既存のフィルターを利用するだけで非表示となるもの」は不要と思われるため記載していない。例えば2019年5月現在ニコニコ大百科で「この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ」より上に表示される「オススメ記事」欄は、多くの広告ブロッカーで利用可となっているフィルターEasyPrivacy」によってブロックすることができる。


ニコニコ動画


HTML5版プレイヤーのニコニコニュース表示欄を除去

www.nicovideo.jp##div.MarqueeContainer

動画視聴ページ HTML5版動画表示の上にある、ニコニコニュース表示欄をブロックする。

Flash版プレイヤーのニコニコニュース表示欄を除去

www.nicovideo.jp###textMarquee

動画視聴ページ Flash版の動画表示の上にある、ニコニコニュース表示欄をブロックする。

ニコニコアンケートへの参加を促す通知を表示させない

www.nicovideo.jp###ncenq-notification

動画視聴ページなどの下部にせりあがってくる、ニコニコアンケートへの参加を促す通知をブロックする。


ニコニコ大百科


「おすすめ動画」「おすすめ静画」「おすすめニュース」除去

dic.nicovideo.jp##span#getword

掲示板にレスするボタンの下のバナー広告のさらに下にある、「おすすめ動画」「おすすめ静画」「おすすめニュース」をブロックする。


ニコニ広告


広告ブロッカーを作動させていると、「ニコニ広告ページが崩れる、表示されなくなる」「ニコニ広告の福引が表示されなくなる」といった現が起きる場合がある【12/17更新】ニコニ広告のページが崩れる、表示されない、福引が表示されないでお困りの方へ|ニコニコインフォ[外部]。そのため、以下の記述をフィルターではなくホワイトリスト載せる必要がある。

nicoad.nicovideo.jp


問題点


インターネット上の広告は、確かに利用者にとっては上記のようなデメリットが多い、できれば避けたいものである。

しかしインターネット上の広告というものは別に嫌がらせとして意味に表示されているわけではない。表示させることでウェブサイト運営者やアプリの開発者が銭的報酬を得ているのだ。

特に無料ウェブサイトアプリにおいては、「利用者が無料でそれらを利用できる理由」となっていることもあるだろう。「利用者にお金を払ってもらう代わりに、利用者には広告を見てもらい、その代わり広告代理業者からお金をもらう」というビジネスモデルというわけである。

広告ブロッカーはこの仕組みを阻していることは間違いない。「広告を見る」という代価を支払わずにサービスを利用する者は、一種のフリーライダー(「ただ乗り」をする人)と言えなくもない。そのような利用者が増えすぎれば、上記のようなビジネスモデルは破綻してしまう。

このような観点から、広告ブロッカーを使用することについて倫理的問題点があるとする人々も居る。ただし広く支持を集めているとは言い難いようだ。

ウェブメディア企業ウェブ広告を手掛ける企業、あるいは閲覧者が広告を見た時間や回数によって収益が左右されるYouTuberなどにとっては、広告ブロッカーは直接的に利益を削ってくる嫌な存在である。


次へ»
最終更新日: 19/05/06 13:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ