ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


弦楽四重奏曲第77番


ヨミ: ゲンガクシジュウソウキョクダイナナジュウナナバン

弦楽四重奏曲第77番とは、オーストリア作曲ハイドンによって製作された弦楽四重奏曲である。

副題は「皇帝」。


概要


1797年にハイドンが作成した弦楽四重奏曲。

副題の「皇帝」は後述する第2楽章に由来すると言われている。

英国訪問時、ハイドン英国国歌の「神よ国王陛下を守り給え(ないし神よ女王陛下を守り給え)」に強い感銘を受けたと言われている。当時フランス革命鎮圧軍への抵抗でフランスにおいて「ラ・マルセイエーズ」が盛んに流されていたことと合わせ、祖国オーストリアにもこのような愛国心を鼓舞する歌があるべきという歌が必要だとハイドンは考えた。

それによってまず作られたのが「神よ、皇帝フランツを守り給え」(作曲を担当。作詞者はレオポルド・ハシュカ)である。クロアチア民謡を元にしたと言われ、この曲は上記した四重奏曲の第2楽章にも変奏曲として組み込まれた。

ナポレオン戦争によるウィーン陥落直前、死の床にあったハイドンはこの曲を弾いて民に訴えかけたというエピソードも残っている。

この四重奏曲第2楽章の題ともなった「神よ、皇帝フランツを守り給え」は幾度と歌詞が変更されたものの、オーストリア帝国成立後にその国歌となり、第一次世界大戦敗北によるオーストリアハンガリー帝国崩壊まで用いられた。

現在、この第2楽章の題はオーストリアではなく隣ドイツ国歌、「ドイツの歌」に用いられている。 ドイツ詩人、アウグスト・ホフマンナポレオン戦争に伴うドイツ統一運動の高揚に応じて1841年にこの曲に載るを作成し、それがドイツ帝国崩壊に伴うヴァイマル共和政発足後の1922年、ドイツ国歌に定められたためである。ナチス時代を経て戦後はその3番のみが西ドイツ国歌となり、ドイツ再統一後も引き続がれている。

一方、政瓦解後のオーストリアでは第一共和政期に2回国歌が制定されたが、第二次世界大戦後の第二共和においてはモーツァルト作曲したと言われる曲を用いた「山岳の、大河の」を国歌に採用し、これが現在まで用いられている。


関連動画



■sm3508062[ニコ動]

■sm3867104[ニコ動]

■sm13980401[ニコ動]
■sm9773566[ニコ動]


関連商品


■az4276906059
■azB00005FLNJ


関連項目



最終更新日: 16/08/31 10:24
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ