ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


張任


ヨミ: チョウジン
掲示板をミル!
11カキコ!

張任とは、三国志に登場する人物である。


概要


張任(? - 213年) 字は不明。

貧しい柄の男として生まれたが、
文武に優れたを発揮し、益州の従事となる。

中の張魯軍の侵攻に対抗するために
劉璋法正らの進言により劉備の受け入れを考えるが、
張任は反対の一人として劉備を外敵とみなした。

劉璋が開いた劉備歓迎の宴では、龐統の策をうけた魏延
剣の舞い』に見せかけて劉璋を暗殺しようとするのを張任はすかさず見破り、共に舞い防いだ。
これにより両者の間に裂が入り、劉備は成都の攻略を始めざるを得なくなった。

劉備の成都攻略戦中、張任冷苞鄧賢らと共に迎え撃つ。
破を通過中の龐統劉備と勘違いして射殺し、
その後も誘引の計でもって、あと一歩というところまで劉備を追い詰める活躍を見せた。

しかし、援軍としてかけつけた諸葛亮には成すすべなく
に立て篭もるが、に出撃した際に再び劉備軍に敗れ捕虜となる。

こうして雒(らくじょう)は落(らくじょう)した。うわっ寒っ

続々と降伏する将の中、彼は
「老臣は二君に仕える事は断じてしない」と拒否した。

前述した通り、張任は元々出自がよくないので
取り立てた劉璋には恩があっての発言ではと思われ、
また、暗愚と揶揄されている劉璋だが、
実際はかなりのの民にされており各々の将も評価していた。
劉備に抵抗したのも戦乱を避けるの安寧を想ってこその事であったことがみ取れる。

何度も説得を試みた劉備だったが首を縦に振ることはく、
その潔さに感した劉備張任をやむなく処断。
には「張任墓」と言う彼を讃える石碑を残した。
張任墓」は旧跡として四に現存している。

なお、正史では三国志演義ほど劉備の成都攻略は苦戦しなかった模様。


漫画・ゲームの張任



コーエー三国志


劉璋軍随一の良将ながらも武の面での値が今ひとつ評価されていない(充分高い方だが)。
三国志11』では優秀な要員なので臣として使う場合、地形を利用して暴れさせたい。
敵の場合、まれに張任人化して知異常に高い軍師になっていたりする。
劉備とは嫌悪設定となっている。


■sm8415022[ニコ動]

 


天地を喰らう2 諸葛孔明伝


や綿関、雒ボスとして立ちはだかる。
孔明の火計などで周りを削るとよい。
最後はにて一騎討ちとなる。

■sm6415821[ニコ動]


三国志大戦


コストの割に良スペックで、軍のとして充分な選択肢となりうる。
とガチカードのためネタ動画は少ない。
計略発動時の『コノザコガー』が人気。なぜかは知らん。

■sm9081660[ニコ動]


関連商品


■azB0035JGXJK


関連項目



最終更新日: 10/06/27 18:14
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社