ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


張紘


ヨミ: チョウコウ
掲示板をミル!
6カキコ!

張紘とは、三時代に登場する人物である。
西暦153年生まれ、212年没。


張昭と並ぶ孫呉の重臣


字は子綱。揚州広陵(江揚州)の出身。
若い頃に都で学問を学び、故郷で茂才に推されたが何進や朱儁ら中央政府の招聘に応じなかった。

戦乱を避けて江東に居たところを孫策が直々に訪ね仕官を要請した。母親の喪中だった張紘に対し、熱く口説く孫策に張紘は心を動かされ孫策に仕えることとなった。
孫策が出する時は張昭か張紘のどちらかを伴い、もう片方は必ず留守を預かった。丹陽征伐の時、頭で揮を執る孫策に張紘は「大将たる者は最前線に立つべきではない」と言ったことが記録にある。

199年(建安4年)に許都に使いとして赴き、曹操スカウトを受けたがこれを断った。孫策が死に孫権が継いだと聞き、江南を攻めようとする曹操に張紘は「他人の喪に付け込むべきではありません、恩義を施すべきです」と言ったため、曹操孫権に討慮将軍と会稽太守の位を与えた。戻った張紘に孫権は会稽東部都尉の職を授けた。

孫権は他の臣下は字で呼んだが、張昭は「」、張紘は「東部殿」と呼びこれを敬った。張昭と並び孫呉の内政や外交や計略を担当、孫権呉夫人から孫権の後事を託され、孫権の行状に諫言してこれをめさせた(孫権と同じく戦いの先頭に立とうとした所を諌めた話がある)。また張紘は文章や賦のに優れ、孔融や陳琳からも評価されていた。

211年(建安16年)、孫権は本拠地を(江)から秣陵(後の建業、江)に移す。この事業は張紘の献策によるもので(劉備孫権自身もこの地が都に相応しいと言った話が正史の注にある)、張紘は孫権家族を迎えに行ったがその途中で病没する。60歳だった。
死ぬ前に息子靖に孫権への手紙を託し、その手紙を呼んだ孫権は涙ぐんだという。


逸話



家族



各メディアにおける張紘



三国志演義


張昭と共に「江東の二」と呼ばれる在野の賢人。張昭孫策に仕えた後、張昭の口添えで孫策に仕える。顧雍を推挙している。遺言で秣陵(建業)への遷都を献策し孫権はこれに従った。


三国志大戦


張昭が再建じいさんならこちらは浄化じいさん張昭と並ぶ使い勝手の良いキャラとして人気も高い。


ニコニコ動画における張紘



■sm1967902[ニコ動]

■sm4897651[ニコ動]
■sm10500931[ニコ動]
■sm16434525[ニコ動]


関連商品


■azB007Q2GFQ8
■azB002SE5B28


関連項目



最終更新日: 13/02/17 00:20
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ