ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


弾幕シューティングゲーム


ヨミ: ダンマクシューティングゲーム
掲示板をミル!
402カキコ!

弾幕シューティングゲーム(だんまく-)とは、「弾幕」が多い事が特徴のシューティングゲームの分類分けの一つである。

以下、『弾幕STG』と略す。


概要


[画像を見る]

弾幕STGという言葉が使われるようになったのは1997年に登場した「怒首領蜂」というゲームが大きく関係している。

またそのゲームを作ったcaveという会社が作るシューティングゲームもかなり大きく関係している。怒首領蜂」は従来のシューティングゲームより、ビックリするぐらい弾の数が多かった。(その他の特徴もあるが後述)
弾幕STGとは、そういった「怒首領蜂」や「caveが作ったゲーム」が他のSTGと全然違ったために生まれた分類名である。

ただ弾が多いシューティングゲーム自体は1997年怒首領蜂以前にもかったわけではなく、どういう作品が弾幕シューティングゲームと呼ぶかは人によって個人差がある。

以下に弾幕STGの広義と狭義を示す。


広義の弾幕STG


最も簡単な『弾幕STG』の定義として、

  1. 敵弾が多い

ということが挙げられる。

この定義での弾幕STGの起は、『バトルガレッガ(1996/ライジング)』であるとも、『BATSUGUN(1993/東亜プラン)であるとも、『烈火 サマーカーバル92(1992/ナグザット)』であるとも言われているが、その辺は前途の定義の曖昧さによって認識が異なる。また、この定義では『斑鳩2002/トレジャー)』『グラディウスV2004/トレジャー)』等も弾幕STGに含まれると言える。


狭義の弾幕STG


厳密な弾幕STGの定義を付け加えるとするなら、

  1. 敵弾が非常に多い。上記の定義よりかに多い。画面を埋め尽くすほどの弾。打ち上げ花火みたい。
  2. 敵弾が全体的に遅めである
  3. 敵弾をくぐり抜けるための低速移動がある
  4. 自機の当たり判定が小さく、かすったぐらいならミスにはならない。

というものがあり、ほとんどが現在の弾幕STGに見られる特徴である。ゲーム雑誌等では弾幕STGはだいたいこういった細かい定義で分類される。

これら全てを兼ね備えた最初の弾幕STGが『怒首領蜂(1997/cave)』であり、同社のSTGはほとんどがこれに当てはまる。


弾幕STGの一覧(五十音順)



世界一弾幕STGを作ったケイブ


株式会社ケイブ1995年以降、16年間で48タイトルシューティングゲーム制作し、 「世界一弾幕シューティングゲームを作って販売した会社」として、 「ギネス世界記録」に認定されている。 

引用:ケイブ弾幕シューティングとは[外部]


関連動画[外部]



■sm13643905[ニコ動]

■sm11809495[ニコ動]
■sm711353[ニコ動]
[外部]

関連商品


■azB004RKWZ2U
■azB004RKWZDE
■azB00421AU9Y
■azB00275FJP2
■azB004FGM5L2
■azB004EWEX0S

 


関連項目



最終更新日: 13/05/27 13:46
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ