ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


弾道ミサイル


ヨミ: ダンドウミサイル
掲示板をミル!
38カキコ!

弾道ミサイル(Ballistic Missile)とは地上/上から発射され文字通り弾道を描いて飛翔し、地上を攻撃するミサイルである。


概要「日本のミサイル防衛政策の現況」国会図書館[外部]


厳密には「ロケット式推進システムで大気圏外に打ち上げられ、その慣性のによって大気圏外弾道飛翔することで、最小のエネルギーで最大の飛翔距離を得ることができるミサイル」を弾道ミサイルと称している。

弾道ミサイルはその射程距離によって以下のように分けることが出来る。

種類 英語名称 射程距離
距離弾道ミサイル SRBM 1,000km 以下
準中距離弾道ミサイル MRBM 1,000 ~ 3,000km
距離弾道ミサイル IRBM 3,000 ~ 5,500km
大陸間弾道ミサイル ICBM 5,500km 以上

弾道ミサイルの飛翔過程は以下の3段階に区分出来る。

段階 説明
ブースト段階 ミサイルが発射されてからブースター(加速ロケット)が 燃焼し終えるまで
ミッドコース段階 ブースター燃焼終了後に宇宙空間を慣性飛行しながら大気圏に再突入するまで
ターミナル段階 大気圏に再突入してから標に着弾するまで

弾道ミサイルは一旦発射されると短時間で標に到達する。弾頭自体も爆撃機べるとかなり小さいためレーダ等での追尾は難しくなる。

射程距離が短ければ短いほど着弾までの時間が短いため、迎撃に使える時間が制限される。しかし逆に、射程距離が長ければ長いほど、着弾までの時間は伸びるが降下時の落下速度が増すので、これも迎撃を難しくする。


潜水艦発射弾道ミサイル (SLBM)


[画像][外部]

近年の々で開発が進んでいるものが潜水艦発射弾道ミサイル (Submarine Launched Ballistic Missile)、通称「SLBM」と呼ばれるものである。これは、弾道ミサイルとしての特性を残したまま潜水艦から発射できる仕様にしたもので、通常の弾道ミサイルのように陸上から発射台を使うことなく、中から発射できるというものである。

これの何が恐ろしいかというと、本拠地から飛ばすと落とされるかもしれないミサイルを、相手のの鼻先までこっそり潜水艦で持ち運べることである。

通常、監視用の人工衛星ミサイルの動きをモニターしている。しかし、潜水艦水の中を潜っていけばそれらの動きをモニターしにくくなるため、ギリギリまで相手に近づいてから発射することができるようになってしまう。ただでさえミサイル速度は上がっていて迎撃が困難になっているというのに、防圏をかいくぐってド近くでぶっ放されたら悪夢である。

そのため、SLBMを開発する場合は、の強化とミサイル技術の向上を同時並行で行わなければならず、特に潜水艦の動機関の性や静音性を大幅に上げる必要があるため、それ相応のや資、技術がなければできない(北朝鮮のように民などに割り振るべきステータス軍事に極振りしているならできないというわけでもないようである)。


弾道ミサイルの種類


V2
第二次世界大戦中にドイツが開発した弾道ミサイル。最大射程は416kmで、20000m以上の高度に上昇してから、マッハ4で落下してくるので、迎撃どころか事前の探知さえほとんど不可能であった。誘導は慣性誘導装置(加速度積分して自身の速度と位置を知る)を使用していた。元々野戦用兵器として開発されていたので、ミサイルサイズ鉄道トンネルの制限から決定されており、結果的に射程も制限されていたため、ロンドン攻撃を行うためにはヨーロッパ大陸の沿に発射基地を設けなければならなかった。ドイツV2号の長射程も研究しており、A9、A10という開発名称(V2の開発名称はA4)で二段式、射程4800kmのものが考えられていた。また、V2カプセルに入れて本土近くまで潜水艦航し、カプセルを垂直に立てて発射するという、いわばSLBMのような計画も存在した。兵器と戦略」江謙介 朝日新聞社 1994
スカッド
前述のV2を元にしてソ連が開発した弾道ミサイルR-11のNATOコードネーム。TEL(Transporter-Erector Launcher 輸送・起立・発射機) に搭載して使用される。スカッド及びその生・は多くのに輸出されている。湾岸戦争イラクが大規模に使用したことで有名。
パーシング
誘導機を持った弾道ミサイル。
搭載された弾頭が標の上5万フィート(約15000メートル)まで近づくと弾頭のカバーを外しレーダを作動させる。弾頭のコンピュータはレーダで得られた地上の画像を事前に入された画像と照合し、弾頭の後部に付いた可動で軌を制御する。CEPは25ヤードになる。SDIは核を化できるか」著:ロバート・ジャストロウ 訳:河野健一 思社 1985 p.133-135
ノドン
北朝鮮が開発したミサイル。輸入したスカッドを元に開発した。ノドンアメリカがつけたコードネーム
テポドン1号
北朝鮮の弾道ミサイル。二段式で、一段ノドン、二段スカッドを使用している。1998年8月31日北朝鮮はこの弾道ミサイルを発射し、ミサイル日本列島を越え太平洋に落下した。
テポドン2号
テポドン1号をさらに発展させたもの…らしい。2006年7月5日に発射実験が行われたがこの時は失敗し、良されたものが2009年4月5日11時30分ごろに発射された。一段日本海に落下、二段以降は弾頭(搭載した衛星?)ごと太平洋に落下したようだ。
LGM-118A ピースキーパー
アメリカ2005年まで運用していた大陸弾道弾(ICBM)。地下サイロからロケットに点火するのではなく、圧搾空気サイロから地上に飛び出したあとロケットに点火する「コールドローンチ」方法を初めて採用。これによりサイロの再利用が可になった。MIRV(マーブ)、多弾頭独立標再突入方式で内部に300kt核弾頭10発を搭載する。
UGM-96 トライデントI / UGM-133 トライデントII
アメリカ/イギリスが運用している潜水艦発射大陸弾道弾(SLBM) 現在使用されているのはトライデントI(C4)の後継であるトライデントII(D5)。ただしC4とD5の基本設計は別物とのこと。LGM-118Aピースキーパー同様MIRV(多弾頭独立再突入ミサイル)ミサイルで、最大14個のW88核弾頭の搭載が可だがアメリカ=ロシアによる核兵器削減条約の縛りで現状は5つ。性も同程度とされている。運用しているのはアメリカ・オハイオ級14隻、イギリスヴァンガード級4隻。通常弾頭搭載も計画されているが、ロシア側が反発している。
SS-18 (R-36)
ソ連大陸弾道弾。SS-18というコード番号は西側が付けたもので、ニックネームである「サタン」もNATO側からつけられたもの。正式コードはR-36。冷戦時代を徴する大大陸弾道弾。0.55Mtの小核弾頭10発、あるいは最大20Mt核弾頭1発を搭載可とした。ピースキーパー同様コールドローンチ方法で打ち上げられる。ソ連崩壊後は緩やかに縮小がつづけられているものの、現在なお100発あまりが残っているとされている。ちなみに民間転用もされており衛星打ち上げにも利用されている。

関連動画



■sm1752465[ニコ動]

■sm1766956[ニコ動]


関連静画


■im1955623(静画)
■im5866108(静画)
■im4538366(静画)
■im4644040(静画)

SLBM

■im7015731(静画)
■im4400852(静画)
■im2746598(静画)
■im1686085(静画)


関連商品


■az4594032400


関連項目



最終更新日: 19/10/04 08:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ