ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


彼岸花


ヨミ: ヒガンバナ
掲示板をミル!
6カキコ!

[画像][外部]

彼岸花(ひがんばな)とは、を咲かせる植物名前である。

曖昧さ回避


概要


学名はLycoris radiataいことが多いが、稀にみがかったものもある。
日本では9月中旬の彼岸のころに咲くため、彼岸花と呼ばれるようになったと考えられる。

のわきなどに生えていることが多いが、有性がある。ひどい場合は死に至る場合もあるので絶対に口にしないように

このは「死」「あの世」と合わせてられることが多い。この由来については様々な説があるが、植物学者で千葉大学名誉教授栗田子郎氏のサイト草と木と花の博物誌[外部]」内の「ヒガンバナの民俗・文化誌[外部]」に掲載されている以下の説がまとまっており詳しいので、引用する。

1) 奈良時代ないしは平安時代、救荒植物として九州に渡来した。

2) ミラニラ)類のツルボの一種とみなしスミラスミレシミラ)と呼んだ。有性を強調するときはドクを頭に付けた。

3)ミラという名は『日辞書』に載るまで文献に残らなかったが、救荒植物として栽培し、四国中国近畿地方へと伝播して言った。このルートに沿ってさまざまなスミラ系の里呼び名が生まれた。この間、食糧にならないは注されなかった。球根を太らせるために茎が伸び始めると開する前に切り落としていたかもしれない。また、大切な非常食ゆえ、意図的にタブーとし、表舞台には立たせなかったのかもしれない。

4) 室町時代僧侶がヒガンバナの深紅典に登場する曼珠沙華とみなし、積極的に寺院墓地移植して増やし、このが庶民のに留まるようになった。その結果、墓地に咲くヒガンバナが、当時布教のために盛んに描かれていた地獄地獄の炎を連想させ、僧侶の意図から離れてこのを不吉なものと考えるようになったのかもしれない。

5) 江戸時代飢饉は繰り返されたものの、農耕技術の発達や新田の開発により、救荒植物としての価値は次第に忘れられ、限られた地域の古老たちの記憶にとどまるにすぎなくなった。この過程で、不吉なものに対する恐れや好奇心から爆発的に里呼び名が増えていったのであろう。

栗田子郎「ヒガンバナの民俗・文化誌 (Ⅴ)」[外部]より引用

栗田氏によると彼岸花はもともと中国大陸原産であり、何らかの原因で日本に渡来してきたとされる。
救荒植物」というのは飢饉のときにのみ食べる植物のこと。してアクを抜けば、も抜ける(絶対に真似して食べないこと)。鎌倉室町時代のあたりまではこの用途で使われていたと考察されている。

曼珠沙華まんじゅしゃげ)とは、仏教にあるとされているのこと。「秘」「あの世」のようなイメージはここから来ているのかもしれない。室町時代から僧侶が積極的に寺院墓地に植えるようになったとされている。
これが墓地というイメージもあって、「地獄地獄の炎」にもなぞらえるようになったと考察されている(地獄の炎についてはこちら[外部]を参照)。

江戸時代には呼び名が増加していく。記録に残っている中でも最も多いとされているのは、「仏教」「死」「葬儀」にかかわるものである。ちなみに呼び名の種類は1000に及んでおり、いかに多くの解釈がこのにされているかをい知ることができる。

フィクション世界でもよく使われるであり、ニコニコ静画タグでも2018年現在300件弱のイラスト投稿されている。


関連動画



■sm12100888[ニコ動]

■sm4735423[ニコ動]

■sm22364851[ニコ動]
■sm31298034[ニコ動]


関連静画


■im4698031(静画)
■im5042762(静画)

■im744324(静画)
■im6263548(静画)


関連項目



最終更新日: 18/11/26 21:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ