ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


徐盛


ヨミ: ジョセイ
掲示板をミル!
16カキコ!

徐盛とは、三国志に登場する人物である。


江東の鉄壁


字は文嚮(ぶんきょう)。瑯耶莒(山東日照)の人。

戦乱を避けてに居住した。その勇気によって知られた。孫権は徐盛を起用すると兵五を率いさせ桑(江西九江)の守りにつかせた。

劉表の部将、黄祖の子である射が数千人を率いて攻めてくると、徐盛は二百足らずの手勢でこれを打ち破り、射も二度と攻めて来なくなった。孫権は徐盛を校尉、(安徽)の県に任じ、ここでも徐盛は功績を立て中郎将となった。

曹操が濡須を攻めた時、徐盛も迎撃にあたった。乗っていた軍船が強で流され、敵中に孤立すると将兵は恐怖に陥ったが、徐盛だけは手勢を率いて上陸しこれを攻撃し、逃げる敵兵を多数殺傷した。そしてが止むと徐盛は引き返し、詳細を聞いた孫権はこれを壮快に感じたという。

221年(初2年)、に臣従していた孫権王の位を与えられることになったが、の使者の邢貞の態度は傲慢だった。張昭をはじめ多くの群臣が怒る中、徐盛は「等が至らなかったためにを併できず、が君にこのような盟約を結ばせてしまった。こんな恥なことはない」と号泣した。邢貞はこれを聞くと「江東の相や将がこれほどであれば、いつまでも臣従していることはあるまい」とったという。

徐盛は建武将軍、都亭侯、江(安徽)太守になった。劉備が攻めてくると徐盛は陸遜らと共にこれを打ち破り(夷陵の戦い)、続いて曹休が攻めてくると呂範や全琮らと共にこれにあたった。おりしもで多数の将兵を失ったが徐盛は残りの将兵をまとめ迎撃したので曹休を防ぐことができた。安東将軍侯に昇進した。

224年(武3年)、曹丕自ら長江を下りを攻めてきた。徐盛は建業から数里に渡り偽のを築き軍が大勢いるよう見せかけようとした。諸将は効果がないと反対したが徐盛はこれを押し切った。果たして曹丕はこれに驚き、長江のかさが増していることもあり撤退した。

徐盛は武年間(229年まで)に没し、子の徐楷が後を継いだ。


逸話



各メディアにおける徐盛



三国志演義


丁奉と一緒に行動することの多い将の一人。

曹丕が攻めてきた時、自ら志願して総大将になるが孫権の甥、孫韶が徐盛の言うことを聞かず手を焼く。しかし独断で軍に攻め入った孫韶を徐盛は丁奉に命じて支援してやり、自らも偽の計を成功させ軍を追撃、火攻めで赤壁の戦いに匹敵する大損を与えた。


三国志大戦


2.1では麻痺矢、3.0では援護兵召喚の持ち

徐盛に関するニコニコ動画動画を紹介してください。


関連動画



■sm9625550[ニコ動]

■sm11682056[ニコ動]
■sm7150881[ニコ動]
■sm14528814[ニコ動]


関連商品


■azB002SE8PXK


関連項目



最終更新日: 12/03/27 21:23
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ