ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


徳川家康


ヨミ: トクガワイエヤス
掲示板をミル!
532カキコ!

徳川家康(とくがわ・いえやす 1543年1月31日 - 1616年6月1日)とは、日本戦国大名であり江戸幕府の初代征夷大将軍である。
松平元信、松平元康、松平家康と名を重ねている。

織田信長豊臣秀吉と並び、出身である三河を含む愛知県では、三英傑として称えられている。


概要


三河(現在愛知県東部)にある岡崎松平広忠の子として生まれた。

は家康の祖松平清康の時に三河一を支配下に置くほどの有国衆だったが、1535年に清康が頓死したことで弱体化。後を継いだ広忠は今川義元への従属を決め、家康を人質として差し出す。しかし、家康の護送を担当した親族の戸田氏が離反し、家康は敵国・尾織田へと売られた。その後、織田今川の間で人質交換が行われ、今川義元の下で人質として幼少期を暮らした。(ただし近年では、広忠が織田敗北したため家康を織田に差し出したという説も存在する。)

1560年、桶狭間の戦い今川義元織田信長に討たれると、家康は旧領を取り返すべく岡崎へと入った。やがて今川の衰退もあって、三河を回復すると今川から独立信長と清同盟を結び今川と敵対した。さらに今川と仲が悪くなっていた武田信玄とも協した家康は、今川を滅ぼし、遠江・浜松から名)へと拠点を移した。

織田信長1568年に足利義昭を奉じて上すると、将軍・義昭を奉じる織田軍のもと、時には戦争に駆り出されることもあった。ヶ崎の戦い、の戦いなど信長下で従軍しつつ武田軍に対抗する日々が続くも、1572年には三方ヶ原の戦いで武田信玄に大敗北を喫する。徳はいよいよ危急の段階となったが、肝心の武田信玄が病没して武田軍が撤退し、九死に一生を得る。
かつては、家康はこの失敗を忘れないように自ら「しかみ像」を描かせたといわれていたが、再調により「しかみ像」は後年に描かれたものだったという新説が出されている。家康の「しかみ像」は三方原の戦いとは無関係?<家康編13> - YOMIURI ONLINE[外部]

その後は信玄に奪取された旧領回復に奔走。その過程で、1575年織田信長の助を得て、ついに長篠の戦い武田信玄の跡を継いだ武田勝頼を撃退。長年徳を悩ませていた武田に対して攻勢に転じた。だがこの過程で不仲説をささやかれた息子、信康と対立し、彼とその母親であった築山御前を切腹、処罰することになった。
この一件はかつては織田信長の命という説が流であったが、同盟相手であった信長がそのような命を出すことは状況的にも考えづらく、現在では家康自らの判断に信康の義である信長の了承を得た、という説が流となっている。
信康に属した臣達への処罰も行われ、一時期徳中に暗い影を落とした。

1582年には長らく敵対していた武田を(織田信長が)滅ぼし、駿河も手に入れ三の大名となる。このまま織田信長天下統一かと思われたが、織田信長本能寺の変明智光秀によりまさかの死去。当時、摂津にいた家康は織田臣であった長谷川秀一の案内により命からがらから三河へと脱出した。信長亡き後の織田混乱の中、家康は北条・上杉らと対峙し、織田旧領で甲斐信濃などで彼らと戦い、のちに柴田勝家織田信雄羽柴秀吉らの了承のもと、織田旧領を大部分獲得、勢拡大に成功した。

実権のない三法師が当織田では内乱や対立が耐えなかった。家康ははじめ、織田信雄羽柴秀吉に味方していたが、織田信雄羽柴秀吉が対立すると織田信雄に味方し、羽柴秀吉と直接対決するものの、雌雄を決することはできず、やがて両軍和となった(小牧・長久手の戦い)。その後、秀吉の勢拡大と関白就任に伴い、豊臣した秀吉に臣従。秀吉を正室に送り、さらにはの大政所(なか)を人質として差し出すなど、家康への対応は丁重なものであった。一方で、家康は次男で嫡子となっていた秀康を秀吉へ養子(実質的に人質)に出した。これにより、三男の秀忠が嫡子となる。

秀吉の配下になった後、親族としての関係のあった後北条氏との小田原の役で活躍し、江戸を拠点として関東を領地とした。豊臣お家騒動が起こり、豊臣秀次死亡するとその後任として内大臣に就任。豊臣勢のNo.2へとのし上がった。明攻めには従軍するも、日本国内から外に出ることはなかった。

やがて秀吉が幼子を残して死没したことで、秀吉の才覚に支えられてきた豊臣政権に陰りが見え始める。家康は五大老の筆頭として死去する秀吉の遺言として豊臣秀頼を託されるものの、取り決めを視して伊達と婚約を結ぶなど、秀吉なき豊臣政権で自在に権勢を振るうようになる。それに反発した五奉行筆頭の石田三成ら西軍との関ヶ原の戦い勝利すると、豊臣ぐほどの武を持った下一の大名へと躍進した。

1603年、家康は征夷大将軍に任ぜられ、ここに江戸幕府が誕生する。2年後には将軍職を息子秀忠に譲り、自らは駿府に移って大御所と称した。駿府に身を置くことで大阪豊臣秀頼朝廷、そして江戸秀忠という三者を視界に入れ、事実政治握していようとしていたのである。1614年にはついに豊臣秀頼大坂の陣で討伐し、翌年に豊臣を滅ぼす。ここに朝廷江戸幕府を一元的に結ぶ体制を築き上げた。

1616年5月22日、没。辞世の句は2つ知られており、忠義心の強い三河武士に殉死する事を止めさせる意味が含まれてるように見える「先にゆき 跡に残るも 同じ事 つれて行ぬを 別とぞ思ふ」と、豊臣秀吉辞世の句「露と落ち 露と消えにし が身かな 浪速のことは 夢のまた夢」への返歌と見る事が出来る「嬉やと 再び醒めて 一眠り 浮き世の夢は 」がある。

始めに駿河・久山(現・久山東照宮)に埋葬され、一周忌を経て江戸城北の日光東照埋葬当初は東照“”で、東照“”となるのは1645年11月3日以後)に葬され、1617年2月21日に東照大権現の号、3月9日階正一位が贈られる。


人物像


一般的に家康は儀な耐の人と言われるが、実際には短気で神経質な性格であったようだ。そのため切羽詰るとたびたび「切腹する」「討ち死にする」などと言い出し、臣に止められるという話が幾度もある。

その言動の一方で最終的に下人となった数奇な人生のせいか、武田信玄真田信繁幸村)、黒田官兵衛など「家康が最も恐れた男」というキャッチコピーはなかば戦国武将ものの定番となってしまっており、近年あまりの多さにネタにされたりもしている。

食事やへの造詣が深く、自ら調剤して飲むなど、健康オタクといえるほどに気を遣った。それによって75歳までの生涯と、16人の子に恵まれる強大な精につながったといえる(末が生まれたときはすでに60代。豊臣を滅亡させたのは死ぬ前年)
後に何度か徳が断絶しつつも江戸時代が続いたのは、家康直系のいわゆる徳御三家、御三卿と言われる分子孫が各地にいて、そこから後継者が名されたためであった。
ちなみに女性の好みは若い頃は年上、歳をとるにつれて年下へと変わっているのだが、良い子を産める健康で賢い女性が好きという点では揺るぎなく、その一環なのかやたらと経産の後好きであったらしい。

つまり徳幕府は家康の健康と子宝(と女性の好み)によって完成したと言っても過言ではない。

大規模な内乱も250年以上にわたって続いた平和な時代というのは世界を見渡しても稀であり、江戸幕府の礎を作った家康は海外の研究者の興味を惹く存在となっている。

その死後は徳幕府の始祖たる権現様として江戸時代を通じて讃えられたが、明治維新後はやたらと中傷されたり、再評価されたりと忙しい。基本的には家康≒江戸幕府のため関ヶ原の西軍側や大阪の陣大阪側、幕末維新側がクローズアップされている時に評価や人気が下がり、逆の時に上がる傾向にある。


子女



ゲームの中の家康


戦国の三英傑と呼ばれる信長秀吉・家康だが、信長が「信長の野望」、秀吉が「太閤立志伝」と役扱いの定番シリーズがあるのに対して、家康にはそういったものがない。やはり、耐の人というイメージと晩年の親父というイメージゲーム役としてはあまり似合わないため、あるいは下を得たのが戦国時代の終了後だったためだろうか。登場した場合のステータス信長秀吉に劣るものではないのだが。一応「決戦」(決戦シリーズ)では関ヶ原の戦いに照準をあわせているため、役の1人になっている。が、大体のシリーズでは名脇役となることが多い。


信長の野望


信長の野望」(PCシリーズにおける徳川家康の力一覧。数値は信長とほとんど互と、高性世記では織田信長より数値が高く、三英傑ナンバーワンの数値であったが、全体を通してみると三英傑では大体信長の次くらいのとなっている。近年では豊臣秀吉が上がってきているが、家康は信長秀吉と違って歴代通しても安定した推移となっている。

ちなみに、最新作「信長の野望・創造 戦国立志伝」では、顔グラフィックが全武将中一4つ(竹千代を含めると5つ)所持となっており、シリーズの顔でもある織田信長や、下人豊臣秀吉の3つ所持より多い。全武将最多であるため、一部では「家康の野望」と言われたりもする。なお、DLC(累計)を含めると信長の方が多くなる。


次へ»
最終更新日: 18/11/19 13:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ