ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


怪盗スライ・クーパー


ヨミ: カイトウスライクーパー
掲示板をミル!
24カキコ!

『怪盗スライ・クーパー』(かいとうスライクーパー、Sly Cooper)とは、ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE) が発売、サッカーパンチプロダクションズが開発したアクションゲームシリーズ、またはその主人公の名前である。動画タグは「怪盗スライクーパー」「スライクーパー」など様々であるが、正しくは「怪盗スライ・クーパー」である。


概要


代々「義賊」を生業としてきたクーパの末裔であるアライグマ青年「スライ」が、仲間の「ベントレー」「マーレー」などと協しながらフィールドを進んでいくアクションゲームである。公式サイトでは、ゲームジャンルを「怪盗アクションゲーム」としており、主人公のスライが特有の動き「怪盗アクション」を駆使して物語を進めていくスタイルを売りとしている。また、ムービーシーンはすべて昔ながらのアメコミ調で描かれていることも特徴の一つである。

2002年(日本では2003年)に発売された第1作は、クラッシュ・バンディクーラチェット&クランクなどの作品のように「ゴールに向かってルートを進む」傾向が強く、いわば「怪盗」という肩書の正義ヒーローが悪を討つといったゲーム内容であった。

2004年(日本では2005年)に発売された第2作と、2005年に発売された3作では、ゲームシステムが大きく異なる。エピソードごとに1つの庭のような形式で作られており、そのステージで課せられたミッションを遂行していく、というものである。ミッションには、敵のアジトに潜入して盗撮や窃盗を行うなど、「怪盗」らしさを強調したものが多くなった。その他に、ベントレーやマーレーなどの仲間が操作キャラクターとして使用できるようになり、操作キャラクターには体ゲージが設定されるようになったのも1作との革新的な変更点である。

そして2010年(日本では2011年)、上記の3作品をプレイステーション3向けの移植、収録した『スライ・クーパーコレクション』が発売された。『怪盗スライ・クーパー3』がこの作品で日本初登場となったことに伴い、後に述べるが『1』『2』でも担当声優と和訳が変更された。なお、今回の移植には、サンザルゲームズが手がけており、シリーズ4作(日本での発売は未定)の開発も行った。ちなみにこの4作にはステージの一つに日本がある。


シリーズ作品およびキャラクターが登場するゲーム作品 


本編シリーズ

スライおよびシリーズキャラクターが登場するゲーム作品

 


登場キャラクター


前述の通り、『怪盗スライ・クーパー3』は日本未発売だったため、PS3用に移植された『スライ・クーパーコレクション』で日本初登場となり、それに伴って、キャラクターの名前の一部と、『1』『2』で担当していた声優が全て変更された。ここでは、キャラクター名の右に担当声優を(PS2PS3版)の順に掲載する。

 


クーパー・ギャング(スライと仲間たち)


スライ・クーパー・ラクーン(CV:関智一草尾毅)
ジャケット帽子トレードマークアライグマ青年。代々続く義賊の系「クーパー一族」の末裔で、一族が開発・良した盗みの技術を子孫に伝えていくために書き記した「ラクーナの秘伝書」を幼いころから読んでおり、その一族の誇りを学んでいた。父親から秘伝書を受け継ぐことになった9歳の誕生日の晩、の5人組の集団によって、の命と秘伝書を奪われてしまう。身寄りのなくなった彼は孤児院に引き取られるが、そこで出会った「ベントレー」「マーレー」と共に「クーパー・ギャング」を立ち上げ、の敵討ちと秘伝書の奪還のため、泥棒稼業を営みながら5人組の行方を追う。
代々受け継がれた一族の血によって、「乗ることが出来る足場や隠れることが出来る場所をとして感じることが出来る」特殊なを持つ。がもう一つ守っていた宝のセプター」を駆使して多アクションを行う。
怪盗として一流の腕を持つが、プレイボーイな気質がややあり、特にカルマリータに対してはシリーズを追うごとに特別な感情を抱くようになる。
ベントレーワイズタートル(CV:真殿光昭岸尾だいすけ)
タマゴの時から孤児院に預けられ育った、カメ青年子供の時からずば抜けて頭がよく、そのIQ255を誇るとされている。コンピュータプログラミングの達人で、一味の拠点となるアジトやクーパー・バン」に搭載されているスーパーコンピュータ衛星回線につなげることで、世界中のあらゆるネットワークにハッキングできる。その他に様々な機器・具に関しても常識人顔負けの知識・技術を持つ。
作戦の立案と揮は全て彼の担当であり、キャラクター操作時には多くの場面で彼のナビゲーション・サポートによって進められる。
スライには「相棒」と呼ばれ、絶対の信頼を置かれている。
PS2版では一人称は「私」で、語尾に「~です。」とつけるなど、基本的にに対しても丁寧を用いるが、HD版ではスライと同年齢の青年らしい話しかたに変更され、一人称も「」になっている。
マーレー・ザ・ヒッポ(CV:長嶝高士飯島肇)
スライが引き取られた孤児院で知り合い、それ以降はスライをのように慕う、持ちのカバ。とても食いしん坊で、食べ物に関することでよくトラブルに巻き込まれるちょっとドジな性格だが、ここぞという時にはとんでもない根性を見せる。スライも彼を「憎めない分」として大事に思っている。
(HD版ではスライは「どちらかというとお荷物」と紹介しているが、前述の方が正しい解釈であろう…。)
際A級ライセンスを所持しており、見かけによらず、一流のドライビング技術を持つ。ストーリーにおけるでの移動は彼の担当であり、ブルドーザーやクレーン、回転台など、あらゆる乗り物の運転もばっちりこなす。
「2」以降は操作キャラクターとして出番が増え、「キャプテン・マーレー」を自称し、その怪力ぶりを発揮する。
「3」では、「2」の終盤にベントレーを自分の所為で大怪をさせてしまったことに責任を感じ、スライたちの元から去ってしまう。オーストラリア呪術師グールーに子入りし、修行の一環でイタリアベネチアに徒歩旅行していたところでスライと再会する。スライ達の説得とベネチアで起きた事件を解決したことにより、再び仲間に加わる。
修行により、新たに「ボールフォーム」の技を習得している。
PS2版では一人称は「ボク」で、少年のような話し方をするが、HD版では一人称が「」で話し方も変更されている。
グールー(CV:なし)
3で初登場した、オーストラリア出身のコアラ呪術師
マーレーに「ボールフォーム」の技を伝授した師匠
ドリームイーター」と呼ばれる呪術の使い手で、動物や心の弱い者を「マインドコントロール」で操ったり、
瞑想にふけっている者の思念に介入する「チャネリング」を行うことができる。
ビジョンゴーグルを持たないため、プレイヤーが彼を操作する際、
ビジョンゴーグルの画面がスライ達のものと異なり、念で作られたようにまわりがんでいる。
ペネロペ(CV:白石涼子)
3で初登場。ネズミ少女クーパー・ギャングの初の女性メンバー
ベントレーさえも越したラジコン(RC)の技術を持っている。

 


インターポール 


カルマリータ・モントーヤ・フォックス(CV:つばさ園崎未恵)
シリーズを通して、スライ一味をしつこく追い続けるキツネの女警部。
怪盗」を主人公とする創作作品ではお染みの「警部」のキャラクター
スライを逮捕することを生きがいとしており、スライが標的に決めた敵組織を同じく狙うことが多く、
スライを追って敵のアジトに乗り込むが、逃げられ、その手柄を譲られることはシリーズお約束となっている。
互いに窮地を助けたり助けられたりするので、スライのことは互いに憎からず思っている節があり、
シリーズが進むにつれて特別な感情を互いにいつの間にか持つようになっていく。
弾を必要とせず、長い射程を持つ特殊「パラライザー・ショックガン」を用・携帯している。
ナイラ(CV:小林沙苗山田みほ)
2に登場する、若い女性ホワイトタイガー
警察という立場でありながら、スライに助言やサポートをするなど、めいた行動をとることが多い。
彼女の登場するミッションは、彼女を追いかける、というものが多い。

 


デアボリック・ファイブ(1)


スライがクーパー一族に伝わるラクーナの秘伝書を引き継ぐ晩に、スライのを殺し、秘伝書のページをちぎって奪っていったの五人組の集団。PS2では名前の後に「ザ・○○マスター」と付くが、HD版ではこれは省略して呼ばれる。また、「ローリー」が「ライレー」と再翻訳されている。

ローリー・ザ・ストームマスター(CV:亀山助清)→サー・ライレー(CV:樫井笙人)
ステージ1「ストームアイランド」のボスであるカエル。裕福な庭に生まれ、贅沢な生活を退屈して過ごしていたが、で難破船を襲撃してから犯罪に快感を覚えるようになり、一味のメカニック担当となった。イギリスウェールズ地方を発生させる小飛行船を造り、人為的なで船を難破させ、部下に船から品を奪わせている。
マグショット・ザ・ギャンマスター(CV:廣田行生天田益男)
ステージ2「サンセットカジノ」のボスのブルドッグ。幼少の頃はいじめられっ子だったが、ギャン映画をよく観ていた影で自分もギャングになる標を掲げ、ハードトレーニングによって強体を手に入れた。ハードボイルドストリートファイターとして生まれ変わった彼は、自分をいじめていた者を見返し、アメリカユタ州の架の町「メサ・シティ」でイカサマカジノを経営するギャングの大ボスとして君臨している。彼とのバトルでは、鍛えぬいたボディと2丁拳銃を駆使して闘う。
版でアメリカ英語方言を話しているためか、PS3HD版では日本語近畿方言(大阪弁)で訳されている。
ミズ・ルビー・ザ・マジックマスター(CV:磯辺万沙子→根本子)
ステージ3「ミステリアスジャングル」のボスワニ。ブードゥー信者系の出身で、幼少の頃から霊感が強く、死者を甦らせるほどの才を開させた。しかし、その頃から周りに怖がられて避けられていたことを一味に加わった後でも根に持っており、メキシコを征することで復讐しようとしている。最近ではハイチ密林アジトを作り、墓石から霊を実体化させる装置「ゴースト・ジェネレーター」を使って、霊や奇妙な生き物を生み出している。
パンダキング・ザ・カンフーマスター(CV:茶風林小杉十郎太)
ステージ4「スノーマウンテン」のボスパンダ子供の頃に、お金持ちの正月に打ち上げる花火に感動して花火職人して修行していたが、花火を売る時の最初のお披露で大失敗し、地元から追放されてしまった。なお、PS3HD版では、お金持ちたちが、貧しいの出身である彼をみすぼらしい身なりだけで判断して、彼の花火の技術を受け入れなかったことが原因とされている。屈辱を受けた彼は、自分の火技術を用いた拳法ファイヤーカンフー」を編み出し、彼を見下した者たちに復讐を行い、その腕を買われて一味に加わる。物語では、彼のアジトはの降り積もる中国西部の山にあり、表向きは拳法場とされているが、その実態は花火を利用して近辺の村をで下敷きにする違法な火工場になっている。
PS2版では語尾に「~アル」と付けて喋るエセ中国人のような口調で話すが、HD版ではそれと異なり、に迫の籠った口調をしている。

次へ»
最終更新日: 15/01/29 01:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ