ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


悪役


ヨミ: アクヤク
掲示板をミル!
191カキコ!

悪役(あくやく)とは

  1. 悪の役。悪人の役。
  2. 人に憎まれる立場のこと。「-にする」

本稿では1について、特にテレビなどの悪役俳優について解説する。


概要


時代劇刑事ドラマにおいて欠かすことの出来ない役であり、役が役たることが出来るのも彼らの存在なしにはれない。別称として時代劇においては「られ役」、刑事ドラマでは「犯人役」とも言われる。いわゆる大部屋出身の俳優が多く、彼らと役を喩えるならく一等とその周りに広がるのごとくである。脇役俳優が悪役として登場する作品も多く、場面によっては同意義となることもある。

められる演技は視聴者に憎々しさを与えることもさることながら、役を立てることも重要である。そして最後には殺される、もしくは逮捕されるなどのラストが待ち受けている以上は視聴者にカタルシスを出来るだけ多く感じさせるように多少オーバーに演技する傾向がある。このように悪役俳優は時として役以上に高い技術を要される場合がある。それゆえ、時としてスター級の俳優であっても役作りのために悪役に教えを乞うことが多く、また本数辺りの登場が多いので、悪役俳優の交友範囲は非常に広い傾向にある。

こうした王道とも言える悪役の一方で、善人と見せかけて実は悪役でした、と言う具合に番組の内容によっては善役の要素も必要となったり、も殺さぬような性格の登場人物が言のうちに犯行を重ねる悪役の登場など、従来からの悪役俳優の要素+αめられることもある。そのため、普段は善役で出ている俳優が、悪役で出演したということもある。論、その逆もある。この他、特撮で見られるが、どこか抜け作だったり、視聴者を笑いの渦に巻き込むような憎めないタイプの悪役もある。

悪役の俳優は往々にしてゴシップ関係は少ない傾向である。単純に知名度の問題があるかもしれないが、悪役をやっている以上は現実においては己を正していくことで示しを付けているとも言える。また、子持ちである場合、親が悪役であるがゆえに同級生にからかわれることもある。そのためか、例えば喫茶店などでも言われなければ気付かないほどにの低い悪役俳優が多い。また、印に残る演技を発揮した場合は『怪演』と称えられ評価されることが多い。そして彼らには「怪優」の称号も与えられる。


悪役のキャリアステップ


基本的に悪役俳優はその生涯キャリアを通じて、常に悪役であることが多く、スタアばかりが注される中でどうしても悪役俳優が顧みられることは少ないが、それでも潮健児菅貫太郎八名信夫など、視聴者に強な印を与える俳優も存在する。近年においては福本清三のようにハリウッドにおいて注される俳優もいる。また、バラエティなどに出演してドラマの中の憎々しい姿からは考えられない意外性を再発見され、人気になることがある。また、初代水戸黄門東野英治郎のように、善役の方がメインになってしまう俳優もいる。

他にも声優という職業が専門化される以前、俳優の収入だけでは食えないという背景から、アニメ声優海外ドラマ吹き替えをしている人が多かった(中田浩二、高木均など)。また、特撮においては善側のキャラとして役をる場合もある(黒部進など)。

そして、悪役俳優が寄り集まって、一つの集団を作り上げていくこともある。八名信夫が中心となった悪役商会や渡瀬恒彦などが発起人となったピラニア軍団など、一大ムーブメントを起こした例もある。


主な悪役俳優


便宜上、分類して掲載。赤字は故人。記事は記事がある人物。


ウルトラシリーズ系


ウルトラシリーズに登場した俳優はその後のキャリアでは悪役として活躍する者も多く、主人公を演じた者にあっては「むしろウルトラシリーズで善役やった方が異色である」と言う演者もいる。

黒部進[画像]
ウルトラマン』でハヤタ隊員を演じた彼も、実は悪役の数の方が多い。理知的な役柄から悪逆非な奸智を巡らす役まで何でもこなした。
小林昭二[画像]
ウルトラマン』のムラマツキャップも悪役経験多数。しかし、キャップや『仮面ライダー仮面ノリダー)』のおやじさん(おやっさん)のイメージが強いので、悪役ばかりというわけではない。
森次晃嗣[画像]
今もり継がれる『ウルトラセブン』で有名な彼も悪役が多かったが、ステレオタイプ悪人ではなく影のある悪役や、井の人間が一つのきっかけが元で悪へ転落していく役など一口でれない役が多かった。特技におネエ芸があるのは有名な話。
中山昭二
ウルトラセブン』のウルトラ警備隊の隊長として日々防衛に当たる彼も、冷静沈着なボス的な悪役(悪代官)を演じること多数。「ノンマルトの使者」の時点で十分悪役だ、と言うツッコミはなしで。
団時朗
かつては今で言うところのイケメンモデルであり、『帰ってきたウルトラマン』や資生堂化粧品の「MG5」で知られる彼も悪役が多いが、近年は年相応の貫録がついて、ますます演技の幅が広がってきた。
高峰
ウルトラマンA』の北斗星を演じてきたが、時代劇を中心に悪役を演じる。必殺シリーズでは北斗星を意識したマフラーをつけた悪役として登場。
西田
団時朗と『帰ってきたウルトラマン』で共演した彼は『特捜最前線』のテレホンセックス魔に代表される変質的・狂気な役で評価が高い。最近、ヅラを外したようでこれにより出演依頼が増えたらしい。
長谷川初範
ウルトラマン80』で主人公の矢的を演じた彼も理知的な悪役でドラマに出演している。

仮面ライダー系


仮面ライダー系の俳優主人公が悪役で登場する機会はウルトラシリーズほど多くはない。大幹部クラスは悪役では常連さんである。

潮健児[画像]
大部屋出身でありながら、独特の貌で幅広く有名である。特撮から時代劇に至るまで数多くの番組や映画で小悪党からボス役として活躍。時に役以上にその存在感かせることの出来る名悪役。
本英世
マッドサイエンティストやらせたら当代一と言える怪優であり、特に『仮面ライダー』の死神博士に代表される不気味ながらも気品を感じさせる役は必見である。
宮口二郎
仮面ライダー』のゾル大佐で知られているが、ダンディな顔立ちで役を選ばず、また身体の高さで敢えてスタントなしでアクションをすることが多かった。ある時、子供に蹴られた時に「役者利に尽きる。思い出を大切にしてほしい」とその人となりがうかがえる。
千波丈太郎
仮面ライーダV3』でドクトルG役で登場。役作りやキャラ性強化にリキを入れた結果、大幹部の中でも屈人気を誇る。また、刑事ドラマに登場する時もそのドスの聞いたで親分役などをこなす。
堀田
スカイライダー』でゼネラルモンスターを演ずるが、素の顔も非常にいかつく、またドスの利いた刑事ドラマ時代劇でもおなじみである。
宮内洋[画像]
仮面ライダーV3』の風見志郎で有名であるが、悪役を演じたこともある。『あぶない刑事』ではニヒルさを漂わせて犯行を行う役が知られている。

その他特撮系


中田博久[画像]
キャプテンウルトラ演など60年代は二枚目で売るも、70年代以降は悪役に転向。時代劇悪代官役が有名だが、特撮番組でも『仮面ライダーアマゾン』のゼロ大帝役や『超電子バイオマン』のメイスン役で知られる。
岸田森[画像]
自らを円谷育ちと言するほどに円谷作品に多く登場したが、時代劇などでは口数は少ないが奸智を巡らしたり、陰気な感じの悪役が多かった。しかし、実際はおしゃべり好きと言われるほどに陽気な性格であり、大物俳優からの名も多かった。
石橋雅史[画像]
バトルフィーバーJ』の2代目ヘッダー官もしくは『科学戦隊ダイナマン』のカー将軍で知られる彼はガチ空手マス大山サニー千葉とも縁が深く、出演した番組ではアクションを駆使した。ちなみに8段であり師範代であった。
安藤三男
人造人間キカイダー』のプロフェッサーギル役や『スパイダーマン(東映版)』のモンスター教授役が有名である。実は潮健児とは親戚である。一般の作品では端役が多かったが、特撮では『宇宙刑事シャリバン』の軍師レイダーのように見る者をガチで怖がらせて視聴率に影した程に狂気の演技で知られている。

声優兼業系


俳優としての仕事に加えて、「アルバイト」として何らかのアニメや洋画などで声優をした悪役俳優もいる。中には声優メインになった者もいる。

中田浩二
エースをねらえ!』の宗方コーチ、もしくは際救助隊長男で知られるが、落ち着いたとその貌から黒幕として登場することが多かった。
高木均[画像]
ムーミンパパの人。体もそれっぽいが、顔だしの役どころは非常に狂気に満ちている。久々にワロタ。分かりやすい顔つきが昔のドラマなんだよな。
中庸助
スカイライダー』の魔人提督刑事ドラマでの組長役など、ボスクラスの悪役が多かったが、洋画の吹き替えをきっかけに声優業での活躍が多くなってきた。二代のび太パパ役でもある。
寺田農[画像]
ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタことムスカの印が強いが、時代劇では狡猾な悪役を演じている。
中田譲治[画像]
当初は二枚目俳優デビューし、『超新星フラッシュマン』のサー・カウラーに代表される武人的な悪役が多かったが、いつからか声優としての仕事メインとなった。
森山周一郎[画像]
「飛べねぇはただの」や『刑事コジャック』の吹き替えで有名であるが、刑事ドラマではそのをいかんなく発揮した悪役で存在感を醸し出していた。

悪役→善役系


当たり役のイメージより善役の方が多くなったパターン

東野英治郎
ご存じ『水戸黄門』の初代水戸である彼は、『水戸黄門』に出会うまでは狡猾な悪役が多かった。実子は『ウルトラマンタロウ』の副隊長で知られる故・東野英心。悪役のキャリアを生かした演技は二つの人物を一人二役で演じた際に垣間見ることができる。
西村
東野の後を次いで二代水戸に抜された彼もまた、『水戸黄門』以前は悪役が多かった。特に『ルパン三世VS複製人間』におけるマモー役は水戸イメージとは一線を画する理知的な悪役を演じている。彼もまた、東野同様に二つの人物を演じる際に垣間見ることができるが、西村の場合は冷酷な表情の演技を見せるなど東野とは一味違うところを魅せている。
大滝秀治[画像]
宇野重吉(寺尾)より、「壊れたハーモニカ」と例えられるほどの強だみ声であり、長らく悪役が多かったが、当たり役である『特捜最前線』の船村一役以降は善役が多くなってきた。その関根勤らが真似をしたほど。
渡瀬恒彦[画像]
石原プロ社長である渡哲也の実。しかし、正義役の多いべて悪役が多く、またピラニア軍団発足人の一人でもある。近年は強汁が取れてどこか飄々とした役を演ずることが多くなってきた。一説には若い頃は芸界一の武闘俳優フルボッコエピソード多数。
長塚
にしたいランクで上位に入ったこともあるが、若い頃は血気盛んなチンピラ役や不気味ささえ感じる悪役を演じ、「食べる前に飲む」というイメージとはまるっきり異なる。
平泉成[画像]
独特のだみ声が特徴的で、長らく悪役が多かったが、近年は父親的な役柄が多くなってきた。その特徴的なモノマネされることが多い。
阿藤快[画像]
近年こそ番組などでひょうきんな姿を見せたり、「なんだかな~」で有名であったが、若いうちは
粗暴な悪役を多く演じ、キメちゃってる役柄も演じたこと多数。
地井武男[画像]
若い頃は多く悪役を演じてきたが、元々引き出しが多い俳優であるため、年を追うごとに善役が多くなり、またバラエティにも多く出演、「チイチイ」の称で老若男女問わずされた俳優である。

刑事ドラマ・時代劇系


勧善懲悪系の最頂であり、大体悪役と言えばこの2ジャンルに出演する俳優すことが多い。


次へ»
最終更新日: 19/01/02 00:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ