ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


悪魔の実


ヨミ: アクマノミ
掲示板をミル!
176カキコ!

悪魔の実とは、漫画ONE PIECE』に登場するアイテムである。


概要


食べると様々な特殊が身につく不思議な実。実は「人(パラミシア」、「動物(ゾオン)系」、「自然(ロギア)系」の3種に大別され、実の種類によって得られるも異なる。「悪魔の化身」とも呼ばれる。
果実なだけあって世界のどこかで自然的に発生するようであるが、詳細は不明。作中では当たり前のように者が登場するため錯覚し易いが、50年に一度生るか生らないかといわれている希少品の為一般市民はまずおにかかれない代物であり、売れば億単位ベリーはくだらない。

その他、悪魔の実には以下のような特徴がある。


デメリット


を得る代償として「に嫌われる」ため、等のにつかるとが抜けの発動が出来なくなるとうというデメリットがあり、身動きがままならない事から者=カナヅチという図式が成り立つ。この副作用はバンダー・デッケン9世のケースが示した通り魚人人魚であろうと例外なく適用される。
海賊漫画なのに上戦がほとんどないため、あまり関係い…と思いきや、汽と思われる特殊な場所で突然撃を受けて戦闘開始前からダウンしたり、で用意した軍勢が魚人攻撃で一網打尽にされたりと、忘れた頃にデメリットが反映されることも。
また、ワノで産出される鉱石楼石」はと同様のエネルギーが発せられており者が接触するとにつかったのと同様の状態になる。その為者の拘束具にはこの石が含まれた物を用いてを封じるのが一般的である。ただし非常に高い硬度と耐熱性を有しており加工技術はワノ職人世界政府関係者にしか伝わっていない。


実の系統一覧



超人系


その名の通り人智をえた人的なが付与される系統。大雑把に言えば自然動物系に該当する性質を持たない実を一めにした系統であるためその種類も多く、これといった共通要素は見られない。
ゴムゴムの実をはじめ体に何らかの変化をすものも多いが、モチモチの実のような特殊なものを例外として基本的には他系統と違い者の原はある程度留められている。
種類が多い分当たり外れの斑も大きいが、使い方次第では一見実用性が低そうだったり扱いが難しそうなでも者次第で非常に有用になり得る為、本人の地及びへの理解と応用が3系統の中でも特に重要といえる。


自然系


者を自然物・現に変化させそれを自在に操れる系統。3系統の中でも最も希少である。体の自然物化により物理攻撃を化させ(ヤミヤミの実は例外的に不可能)、自然を駆使した広範囲の攻撃が可な攻防ともに強な系統であり、巷では3系統中最強とも言われている。気を抜くと本人の意思と関係なく意識に自然物化を起こすというリスクむことから制御難度は高い。
この系統に対する有効な攻撃手段は大まかに武装色の覇気をまとった攻撃、その自然物の弱点を突く(スナスナの実に対する分やゴロゴロの実に対する絶縁体等)、上下関係が存在する場合は上位のをぶつける(メラメラの実に対するマグマグの実等)の3種類に分けられる。
ペコムズが「自らが無敵だと勘違いしてきた自然系の寿命は短い」とったようになまじ強であるがゆえに研鑽を怠り身を滅ぼす者も少なくないが、逆を言えばサカズキクザンボルサリーノといった基礎戦闘力と高い練度を併せ持つ自然者は敵に回すと極めて大きな脅威となる。


動物系


実に対応した生物体を変化させる系統。者本来の姿を「人」として該当生物に準じた姿の「」、人の中間である「人」の三段階に変形することが出来る。少々ややこしいがチョッパーの場合はトナカイの姿が他で言う人に該当する。
該当生物のそれを上乗せするという形で身体が純に強化される一の系統であり、体を鍛えればそのダイレクトに反映される。この性質から元CP9のロブ・ルッチは近接・迫撃戦においては動物系こそが最強の系統と評している。また、動物を持つ実の場合は変化により暴性が増幅されるという特徴もある。悪魔の実の性質ゆえか、現状純生物に関する実は登場していない。
基本的に「モデル~」というより詳細な区分が存在し、同じ「~の実」でもモデルが異なれば別の実として扱われる。更には絶滅種に変化する「古代種」や想上の生物に変化する「幻獣種」と呼ばれるしいタイプも存在。特に幻獣種は自然系以上に希少であり、その生物に応じた特殊も付与される。
世界政府科学Dr.ベガパンクが発見した「血統因子理論」を活用することで機物に動物系悪魔の実を摂取させる技術が存在しており、実に応じた自意識も確立される。


人造悪魔の実「SMILE」


人の手によって人造的に作られた動物系悪魔の実。見た玉のような二重丸の模様を持つ々しい色をしたリンゴのような形状をしている。もともとはドンキホーテ・ドフラミンゴシーザー・クラウンが結託して開発・製造していた物で、ドフラミンゴを介して裏社会に流通していた。
シーザーが開発した物「SAD」を流し込んだを吸った果トンタッタ族が栽培する事で生成されるのだが、彼らく「とても不自然な果実」であり取引に使えるものは全体の10分の1以下しかなく、実際に食してが発現する可性は更にその約10分の1であり、本来の効果を発揮できるものは全体の僅か1程度しかない。失敗作を食べた者はカナヅチ化のリスクはそのままにを得ることが出来ないばかりか、SMILE」の名の通り常に笑うことしかできなくなり他の表情を失ってしまう。性質の悪いことに他の者がった食べ残しでもカナヅチ・表情固定の副作用を与える効果は残ったままである。オロチはこの性質にをつけて食いかけの失敗作をの都から出るおれの中に混ぜ込み、をすかせた住人達がそれを食べる事で下町を不自然笑顔で塗りつぶすという悪趣味極まりない非を行っている。
更に成功作にも天然物とべて効果が不安定というバクチ要素が存在し、体の一部に動物パーツが出現したり部分的に動物化したりと奇形じみた変化をする者が多く、体変化を抑えられないケースも見受けられる。動物の頭部が体のどこかに生えた場合、その頭部も独立した石を得る為その制御にも神経を使うことになる。
最大の取引先である四皇カイドウ率いる百獣海賊団SMILEを食したクルーが数多く存在し、獲得に成功した者は「ギフターズ」、失敗作を食べてしまった者は「プレジャーズ」と称される。
SMILEの製造に必要な工場や設備は麦わらの一味及びトラファルガー・ローらによる海賊同盟の手により破壊され、ドンキホーテファミリーが壊滅したこともあり新たなSMILEの製造は不可能となった。

これ以外にベガパンクも人造悪魔の実の試作品を開発したことがあり、モモの助が食している。ピンク色の姿に変化するが、モモの助がまだ未熟なためか勝手にが発現してしまう。この実は失敗作扱いらしいのだが、そのくせ厳重に保管されており未だが多い。


今まで登場した悪魔の実とその能力者


今までに登場した悪魔の実とその者を列挙する。まだ名前明らかになっていないものも載せるが、悪魔の実によるものではないも含まれている可性がある。

水色原作に登場した悪魔の実、青色アニメゲームなど別メディアに登場したもの。


次へ»
最終更新日: 20/12/05 18:53
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ