ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


愛の戦士レインボーマン


ヨミ: レインボーマン
掲示板をミル!
28カキコ!

愛の戦士レインボーマンとは、東宝製作1972年10月6日1973年9月28日までNET(現・テレビ朝日)系列で放送された川内康範原作特撮番組である。全52話。

のちにアニメ版も作られているが、ここでは元祖の特撮版のみを記載する。


概要


の足を治すため、そして有名になるための資稼ぎとしてプロレスラーになるべくインドへ修業へ渡った私利私欲の塊だった日本人青年ヤマトタケシは、ダイバダッタのを見て人類覚め、人々のために役立てようと考え方をめる。

厳しい修行を終え、ダイバの魂を宿したタケシはレインボーマンとなり日本に帰。その頃、日本では「死ね死ね団」と名乗る集団が怪しい行動を開始していた。

人類のためにを役立てようとしたタケシだったが、死ね死ね団との戦いに巻き込まれる羽となり、ここに日本壊滅を狙う死ね死ね団とレインボーマンとの戦いが始まったのであった。

特筆すべき事として、敵組織『死ね死ね団』の作戦が(非現実なのが大半ではあるが)妙にリアルなものがある。例えば新興宗教を利用して偽札を大量にばらまき、貨幣価値を崩壊させハイパーインフレを引き起こして日本経済を大混乱に陥れるといったものである。

当然、円の価値はボロボロになり民衆は暴動に発展し略奪行為に走る結果となるのだが、特撮作品とはいえ現実にそれが起きたらどうなるのかを描いた事もまたこの作品の魅である。


登場人物



主人公


ヤマトタケシ(演:水谷邦久)
「下町の」という異名を持つ青年で、登場当初はやたら荒々しかった。
みゆきの足を治すためだけではなくや名ほしさに印パ戦争中であったインドへ向った。
いつまでたっても基礎だけの修業に嫌気がさしていて反発していたが、ダイバダッタの偉大なを見てからは考え方をめ、に修業を行うようになる。
レインボーマンとなってからは、死ね死ね団との陰謀に立ち向かっていくことになる。

レインボーマン


タケシダイバダッタの魂が宿して生まれた人。
ダッシュ7をはじめとする7つの化身に変わることで、それぞれの超能力が使えるようになる。

変身キーワードは「あのくた らさんみゃく さんぼだい(耨多羅三藐三菩提。サンスクリット語で究極の全な悟りという意味。)×2~4回(1回のときもある)、レインボーダッシュ◯◯!」。

また、解の時には「オンタタギャトードハンパヤソワカ」という呪文を数回唱える。

レインボーマン最大の弱点は、しい戦いなどでや体を消耗した場合にしい睡魔に襲われ、座を組んだような形で眠る「ヨガの眠り」で5時間を要する。タケシは粉を吹いたように真っ白になり、ある程度堅くなるが、石やになったわけではないので、物・銃器類で襲われたらひとたまりもない。

のちに番組後半で一対幹部多数の戦いが多くなり、次第に劣勢となったレインボーマンは、新たにダッシュ7に1~6までの化身を2体合体させる合体の術(レインボークロス)を会得する。なお、ダイバが見せた合体の術は、ダッシュ7に1~6全ての化身を合体させるものであった。

ダッシュ7

いわゆるレインボーマンの基本フォームで、ダッシュ7から他の化身にチェンジする(第2話などのようにタケシから直接他の化身にチェンジすることもある)。

飛行 球体となって飛ぶこともある。
遠当ての術 両手を振り下ろして、遠くを爆発させる術。
レインボーフラッシュ 両手から発射される線。
不動縛りの術 文字通り敵を縛りにする。
バリヤー 弾などを防ぐ。
バリヤー 自分もしくは対物を丸ごと守るバリヤーの強化版。
サンランプ 額の太陽(みたいなもの)から線を発射する。
太陽 頭部のサンランプから引き抜かれたで攻撃する。
太陽フラッシュ 太陽をサンランプの前で交差させて発射させる、中盤以降の必殺技
真空竜巻の術 大なエネルギーと引き替えに津波を押し返す術。

ダッシュ1

の化身。初登場は第9話
見たはど手な色眼鏡をかけた、色違いダッシュ7といった感じで、頭部の装飾はサンランプではなく
登場回数は少ない方だが、合体の術の登場後も単独で登場することがある。

キャッツアイに冒されてしまったヒロイン・淑江とキスシーンを演じた化身でもある(実際は人工呼吸で相手の体内の素を抜くという荒技だが)。

の術 を対相手から自分の体内を通して外へと放出する術。
地稲妻落とし 稲妻を呼び寄せて攻撃する。
稲妻落とし 稲妻を呼び寄せて直接敵の頭上に落とす。
変化の術 体中の関節を外して、狭い通路を通り抜ける術。

ダッシュ2

火の化身。初登場はダイバが化身したものは第2話で、タケシダッシュ7を経て化身したものは第4話。
火を操る化身だが、単独ではあんまり役に立っていない。しかし、合体の術ではそのは役に立っているので、いらない子というわけではない。

火炎の術 両手を合わせて火炎を発射する。

ダッシュ3

の化身で、タケシが初めて化身したのがこのダッシュ3。
を操ることが出き、第2話の修業ではダイバのダッシュ2の炎を消し、第3話ではタケシを襲うがレインボーマンに反撃され炎上した外国人軍団のを操って消化した。

水中戦も出来るが水中レーダーの役割までは担っていない模様。

の術 両手を合わせてを発射する。を操って対物にぶつけることも。

ダッシュ4

木の化身。初登場は第6話。
木を操り敵を攻撃する化身だが、登場回数は最も少ない。しかし、ダッシュ2や3にべると攻撃方法は多い。

松葉手裏剣 松葉を操り、手裏剣のように飛ばして攻撃する術。
木の葉 葉っぱを相手のに貼り付ける、くらましのような術。
木霊叩き 木をいて、その音を数倍にして相手のかせ、鼓膜を破壊する術。

ダッシュ5

の化身。初登場は第5話で中戦を得意としている。
子供達の人気が大きかったのか、出番は最も多く、合体の術の登場後も単独で登場することがある。

飛行 ダッシュ7のものと同様の術で、手をに伸ばして飛行する。捜索や中戦に用いられた。
レインボーフラッシュ ダッシュ7のものと同様の術。
地稲妻落とし ダッシュ1のものと同様の術。
ゴールドフラッシュ を発し、敵のをくらます術。

ダッシュ6

土の化身。初登場は第8話。
ダッシュ1~5および7のような頭部に装飾があるデザインではなく、ベースまだら模様がある不気味デザインとなっている。退却用というイメージが強いが、格闘も高く殺人プロフェッショナル(敵の怪人)を倒したこともある。

ダッシュ5に次いで登場回数が多く、合体の術の登場後も単独で登場することがある。

疾風土煙火の術 高速回転して地中に潜る術。
地雷震の術 両手から線を発射して地割れを起こす術。
足引っり(?) 地雷震の術からの生で(?)、土の中から手を出して敵を地中に引きずり込む技。
の術 手を患部に当てて解する術。

タケシの味方関係



死ね死ね団


日本人殺しようとする集団で、キャッツアイ作戦、M作戦モグラート作戦サイボーグ作戦という作戦を労して日本を壊滅に追い込もうと企んでいる。

第14話より、作戦遂行の邪魔となるレインボーマン作戦を同時に行い、アフリカ地から魔女イグアナ以下7人の殺人プロフェッショナルを呼び寄せたり、DAC悪魔武装部隊)を結成したりしている。

構成員は以下の通り。


殺人プロフェッショナル


死ね死ね団がレインボーマンの7つの超能力に対抗するために呼び寄せた、魔女イグアナリーダーとするチーム
腕は確かだが、イグアナ以外は間抜けな印がある。見たグロテスク(特にフドラアイスリー、ジェノバード)。


次へ»
最終更新日: 15/06/08 10:34
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ