ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


懐中電灯


ヨミ: カイチュウデントウ
掲示板をミル!
48カキコ!
«前へ

10440 単4と同サイズ
14500 単3と同サイズ
15270 カメラリチウム電池 CR2 と同サイズ
16340 カメラリチウム電池 CR123A とほぼ同サイズ
17670 カメラリチウム電池 CR123A 2本分のサイズ
18650 カメラリチウム電池 CR123A 2本分のサイズ。直径が少し太い。
26500 単2と同サイズ
32600 単1と同サイズ

これ以外にも様々な大きさの物が存在する。


集光方法


ムースリフレク
凸凹いつるつるの反射。遠距離を照らすのに向くが、との相性で照射面に暗い部分が出来る場合も多い。この反射を動かして焦点を調整できる製品も多い。
オレンジピールリフレクタ
略称OPリフオレンジの皮のような小が沢山ある反射ムラい綺麗な照射面になる反面、遠距離を照らすのには向かなくなる。
コリメータレンズ
形をしたレンズ。遠距離を照らすのに向くが照射が小さい為、近距離では使い辛い
ムーンレンズ・非球面レンズ
照射面が綺麗な丸ムラなく照らされる。近距離の物は見やすいが遠距離を照らすのにはあまり向かない。
フォーカスレンズ
前後移動させることで近距離にも遠距離にも対応したレンズ

これ以外にもシュアファイア社の『マイクロテクスチャードリフクター』やツヴァイブルダー・オプトエレクトロニクス社の『フロッグアイレンズ』などメーカーにより様々な呼び名の物がある。
また、非常に明るいライトの場合集ではなく散的とした拡散レンズカバーオプションで付属する物もある。


ON-OFFの方式


スライドスイッチ
前後移動するスイッチバネを移動したり、押し曲げたりしてON-OFFを行うスイッチ
ライトを順手で持ち親で操作する。 防い物が多い。
ロッカスイッチ
一般庭のに付いている物と同じ、シーソー形状のスイッチ
動作は確実だが意図しないONに注意する必要がある。
プッシュスイッチ
本体にあるボタンを押して使用するスイッチ。 テール部にある物はライトを逆手に持ち親で操作したり、
注射器のように持って親で押したりして操作する。
押しっぱなしにする事で点モードを切替えたり明るさを調整出来る物がある。
大きく3種類に分けられる。
① リバースクリックスイッチ 押すとON、もう一度押すとOFFになる物。
② フォワードクリックスイッチ 軽く押すと間欠点、押し込むと常時ONになりもう一度押すとOFFになる物。
   モールス信号などに向いている。
③ タクティカルスイッチ 押している間だけON、離すとOFFになる物。大電流の用途に適している。
   常時ONにするにはスイッチキャップネジを締込む。
   ネジを一定以上緩めるとボタンを押しても点しなくなる『誤点防止機』がある物が多い。
トリガースイッチ
ピストルグリップの付いたライト引き金スイッチ
リードスイッチ
磁石でON-OFFを行う物。ライト内部にスイッチを設けられる為 水中ライトや防爆ライトに使われている。
ON-OFFライト外側にある磁石を内蔵したスイッチを移動させて行う。
性質上砂が付着する為、外側スイッチは取り外して掃除出来る物も多い。
テープスイッチ
コードの先に圧感応のテープ状スイッチが付いており、押すと点する。
にウェポンライトと組み合わせてグリップに取付けて使用する。
ツイストスイッチ
ヘッドやテール部を回転させる事でON-OFFを行うもの。
締め込んでONにする物はOリングと組み合わせると気密構造を容易に作れる為水中ライトに多い。
緩めてONにする物はミニマグライト・ソリテールが有名。

明るさの表示


以前のLEDライトは「従来のLED○○倍の明るさ」「1W白色LED搭載」といった表示が多かったが
チップタイプLED覚ましい性向上やLED自体も明るい物が登場した事により
最近ではルーメン(束値)で表記される。また使用しているLEDメーカー名や製品名を表示するケースが多い。
これまでは明るさを測定する統一規格がかった為、反射レンズを取付けない状態での
LEDの定格値そのままを製品のルーメン値として表示した製品も多かった。
その為、ANSI(American National Standards Institute:米国規格協会)及び
NEMA(National Electrical Manufacturers Association:米国電気工業会)及び
懐中電灯製造メーカー14社が2009年に共同で性較用の規格として「ANSI/NEMA FL-1[外部]」を制定した。


明るさの単位


ルーメン(lumen、lm)
から一定時単位に発生しているの量(束)を表す単位。数値が大きいほど発するが多い。
但し拡散だったりすると遠距離までは届かない為、ルーメンが大きいライト=遠くまで照らせるライト ではい。
一般的な自動車ヘッドライト(ハロゲン)は片方1400lm、左右で2800lm程度。
トーチルーメン:反射レンズを取り付け、完成した懐中電灯を使って実測した時の
バルブルーメン:の設計上の

カンデラパワー(CDP)
軸の中心の明るさ(度)を表す単位。スポット配ライトほど大きくなる。
この数値が大きいライトは遠距離まで照らすのに向いている。

ルックス、ルクス(lux、lx)
照らされた面の明るさ(照度)を表す単位からの距離によって変わり、から離れるほど小さくなる。
この単位で明るさを表記する場合、必ずライトからの距離を併記する必要がある。
(1m前方の位置で1000ルクス など)
明るいオフィスの机の上が700ルクス程度。ギリギリ新聞を読める明るさは0.25ルクス。


主な種類



次へ»
最終更新日: 13/07/31 22:25
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ