ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


我知無知


ヨミ: ガチムチ
掲示板をミル!
61カキコ!

ガチムチ

その言葉はどこから来たのか・・・そしての意味は何なのだろうか。哲学者たちは今でもその答えを探し続けている。


概要


古代ギリシャ哲学者、ソクラテス恐妻家として有名であった。事あるごとに暴力を振るわれ、の営みなどもっての他だった。そこでソクラテスは哲 学の勉強会の時、容貌の美しい青年を品定めしては男色に耽り、欲望を解消していた。「行為の中で行う議論は発展的である」と彼は子たちにっていた。こ の頃から、アテネでは男色スポットの隠語として「発展場」が使われ始めた。

また、ソクラテスプラトンとの行為の最中に「無知の知」の地に至ったと言われている。

私()が何者であるかはらないが、無知であることは知っている

この有名な言葉は、中国で「我知無知 (無知なるを知る)」と訳され、日本にも広まった。

最近日本で、ガチムチ兄貴める同性愛者が続出しているのは、荒んだ社会を生きていくために哲学的な心を持った兄貴的存在を探しているからかもしれない。

民明書房刊『一緒に哲学極めようぜ!』より

上記は某有名コピペより抜したものであり、最も有な説である。

また、一説には(、己が知ることきことのみぞ知る)の省略として(知ることきを知る)から我知無知ともされる。

中国において仏教は多様な宗(性癖)に分したことから伝わる経典によってこのような細かい記述の差異が生まれることもあるが、 どのような性癖であれその根底に一貫する哲学潮流には一切の歪みはねぇ。

このことをすのが「一切衆道悉有性」あるいは「紳変性癖悉有性」(紳変とは紳士変態のこと。)という言葉である。

以下のように推測する者もいる。

複雑かつゆかしい意味を持つ実に日本語的なこの単の起を考える。
まず、「ガチムチ」が2つの古*にルーツをもつ合成であるところに着したい。

あながち
これは「一途に、強引に」といった意味を持つ古である。

かちだち
こちらは「徒歩での戦い、(広義での)戦」を表す古である。

あながちなるかちだち
一途かつ強引である徒歩での戦い、といった意味であろうか。
これがケツ音便を経て「がちむち」ひいては現在の「ガチムチ」と
時代の変遷とともに形を変えていったのではないだろうか。

*古とは平安時代に使われた古典文法・単を本書ではす。


関連動画



■sm1175788[ニコ動]

■sm5275091[ニコ動]


関連項目



最終更新日: 12/05/18 17:50
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ