ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


戦闘メカ ザブングル


ヨミ: セントウメカザブングル
掲示板をミル!
70カキコ!

戦闘メカ ザブングルとは、1982年から83年にかけて放映された名古屋テレビ日本サンライズ(現サンライズ製作ロボットアニメである。全50話+劇場版監督富野由悠季でこの作品からこの名にめた。


概要


3日経てばあらゆる犯罪が許される『三日限りの掟』が定められた惑星ゾラが舞台
この世界は、支配層であるイノセントと被支配層であるシビリアンから成り立っている。
主人公ロンは、親の敵であるティンプを三日を過ぎても追い回し、ついにはザブングルを盗みだした。

搭乗するロボットウォーカーマシンと呼ばれる作業用マシンである。
放映開始に向けて企画二転三転したため、メカであるザブングルアイアンギアーは明確にヒーローロボ然としたデザインとなっており、全に世界観から浮き上がっている。
この時期はガンダムから始まったリアル志向のロボットブームが絶頂期を迎えており、タカラの販売した『太陽の牙ダグラム』のプラモデルは大ヒット商品となっていた。このことを重く見たバンダイは、本作におもちゃ会社のクローバーと共にスポンサーとして参加し、作業機械に手足の生えたようなロボットウォーカーマシンを作中に登場させた。

ロボットの交代が行われた、初のテレビアニメ作品である(同年放送の『逆転イッパツマン』でも、逆転王→三冠王役交代が行われた)。新ロボウォーカーギャリア全に世界観にマッチしたデザインであったが、反面強に浮き上がっていたザブングル染みすぎて埋没してしまうきらいもあった。
なお、ザブングルは最初から二機あったため、ウォーカーギャリア登場後もそのまま登場し続けた。

も死なないという前提で製作されたため痛快な内容となっており、作中にメタ的発言が多く見受けられる。

この時代のサンライズロボアニメの例に漏れずSF洋画が元ネタになっており、
このザブングルの場合はショーン・コネリー演し74年に開された『未来惑星ザルドス』。


主な登場人物



 主役メカ



主な楽曲



関連商品


■azB0009UCB8K
■azB000GTLP2M

■azB000QUEHTY
■az4797374276

■az488653726X
■azB00005EDOP

■azB00005F66B
■azB00005F66C

■azB004Q7JZQS
■azB004Q7K09E


関連動画


 
■sm24247731[ニコ動]

■sm24247980[ニコ動]

 ■sm24248117[ニコ動]
■sm24248233[ニコ動]

 


関連コミュニティ


戦闘メカ ザブングルに関するニコニコミュニティを紹介してください。


関連項目



最終更新日: 15/12/07 21:07
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ