ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


戯言シリーズ


ヨミ: ザレゴトシリーズ
掲示板をミル!
290カキコ!

戯言シリーズとは、西尾維新による『新青春エンタ』である。講談社ノベルス講談社文庫より、2002年から2005年(文庫版は2008年から2009年)まで刊行された。全6作9巻。

概要

宝島社の「このライトノベルがすごい!2006」作品部門第1位
発行部数は200万部(文庫版含む)。

主人公り手である『ぼく』こと「いーちゃん」を中心に、どこか狂ったor終わった人々が繰り広げるミステリーバトル物の小説である。デビュー作でもある『クビキリサイクル 青色ヴァン戯言遣い』から始まる西尾維新の代名詞的作品であり、代表作である。

『ぼく』の一人称視点から時系列順に進行する物語進行は、西尾が尊敬する上遠野浩平の「ブギーポップシリーズ」の特徴である多人数視点時系列入れ替え進行の逆を打つ、というコンセプトの基に構成されており、西尾く「裏ブギーポップシリーズ」をして書かれたもの。
他にも、強な個性を持った登場人物のキャラクター性やネーミングセンス清涼院流水京極夏彦の、一作クビキリサイクル』のシチュエーションと展開構成は森博嗣の影が強く見て取れる。いずれも西尾が「」として崇めている作家達である。

軽妙な言い回し・言葉遊びや、セリフの端々に散りばめられた他の漫画ゲーム小説から引用した演出やセリフが若い世代に受け入れられる。特に言葉遊びキャラクターの名前ほぼ全員で適用されており、何人かは一見すると読めないし呼べない。

なお、作中に登場する「崎一賊」を取り上げた番外編人間シリーズ』も存在する。こちらは戯言シリーズにとって「ブギーポップシリーズに対する『ビートディシプリンシリーズ」というコンセプトの基に書かれており、多視点での進行が解禁されている(全7巻)。

ところでこのシリーズ濃いファンを獲得し高い人気を誇りながら、いわゆるメディアミックスが全くと言って良い程行われていない。せいぜいが講談社自らの発行の「スクールカレンダー」と、全文著者執筆による解説本「ザレゴトディクショナル」くらいである……と長年言われていたが、2016年遂にアニメ化が発表されファンの度肝を抜いた。
シリーズ第1作『クビキリサイクル』が、OVAとして全8巻で10月26日よりリリース予定。アニメーション制作は「物語シリーズ」と同じシャフト

戯言だけどね。

ミステリー?

シリーズでは度々、読者同士でミステリーなのか人外バトルなのかをる機会などが見られる。

作者っている通り戯言は、本質的にはトリックよりも、叙述的部分や特殊事態(警察がほとんど出ないなど)が成立してる舞台でもって読ませる作品である。その上でいわゆる「犯人被害者が存在する事件」といった体のものをミステリーと定義しておく場合、4作サイコロジカル』まではその形式で書かれている。
また、5作ヒトクイマジカル』においても「犯人被害者」は存在しており、前述の定義には当てはまる。 

最終作の『ネコギラジカル』のみそういったフォーマットからは外れている事になるが、この最終作は3巻構成のため(シリーズの3分の1)、読者には後半ほとんどが人外バトルとしての印で固まっていると思われる。

因みに西尾自身は投稿時代、講談社メフィスト賞ではジャンルは問わず「広義のエンターテイメント」を募集していたものの、雰囲気的にミステリ投稿しやすかった旨を明かしており、それに則って送られたのが一作となるわけである。

そして西尾が更に考えたトリックストーリー以外で作品の特色を出す手法が「萌えキャラ殺し」である。例えば西尾が尊敬する作家勢はミステリに個性的な探偵役やヒロインなどを登場させ、個々の作家性を強く確立した。西尾はそこから更に、"今まで被害者からなんとなく外されていたタイプキャラを加えた"のである。
結果キャラ萌えして本を読んだ読者に、かなりの緊感とトラウマをもたらす事となったのだが…。

そんなのはどちらでも同じことだ。

登場人物

代表的な登場人物は以下である。イエー。

代表的ではないのに、ニコニコ大百科に記事がある人物は以下である。

他にも僅か9冊の間に60名をえる多くのキャラクターが登場している。また、名前が言葉遊びになっていたりと特殊な読みになっている事が多く、初めて見た人が正しく読むことが難しい名前のキャラクターがとても多くなっている。以下にその一例を記す(解答は反転)。

未読の方はどのくらい読めただろうか?

世界観設定

戯言シリーズにおいての世界観は以下の4つに分類されている。ここでいう世界というのは、異世界のように次元を隔てて存在する別世界などではなく、いわゆる裏社会という類のもの。

OVA

キャスト

スタッフ

主題歌

オープニングテーマ群青世界コバルトワールド)」
三月パンタシア
エンディングテーマメルヒェン」
Kalafina

関連動画

コア人気を獲得しているシリーズながら、メディアミックスなどはほとんど行われていない為、ニコニコ動画における戯言シリーズに関連した動画は少ない。が、戯言シリーズを読破した(読んだことがある)ユーザーが多いらしく、手書きMADランクインする事がある。

傑作だ。


■sm3891334[ニコ動]

■sm3049848[ニコ動]
■sm5717543[ニコ動]
■sm12911976[ニコ動]

アニメPV

■sm29530668[ニコ動]
■sm29723789[ニコ動]

関連商品


講談社ノベルス


■az4061822330
■az4061822500
■az4061822675
■az4061822837
■az4061822845
■az406182323X
■az4061823930
■az406182399X
■az4061824007
■az4061824899
■az4061823590
■az4061825097
■az4061825828
■az4061826794
■az4061826808
■az4061826816
■az4061826824
■az4062990407
■az4062990741
■az4062990938


講談社文庫


■az4062754304
■az4062760770
■az4062761335
■az4062761793
■az4062762129
■az4062762269
■az4062762838
■az4062763370
■az4062763893
■az4062771217
■az406277206X
■az4062773724
■az4062779307
■az4062779374
■az406277934X
■az4062779382


アニメ関連


Blu-ray・DVD

■azB01KJF2U08
■azB01KO8SFWC
■azB01KO8SD1A
■azB01KO8SILK
■azB01KO8SG2Q
■azB01KO8SFVS
■azB01KO8SDCY
■azB01KO8SFTK

CD

■azB01LYYH39L
■azB01M09EJYH
■azB01N4RBKI1
■azB01MYBKHMX
■azB01MZD4KXE
■azB074QZ4Q9K

関連コミュニティ


次へ»
最終更新日: 17/08/17 00:43
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ