ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


戸田奈津子


ヨミ: トダナツコ
掲示板をミル!
1324カキコ!

戸田奈津子をご存知で?


知らない? こいつはコトだ! 紹介せにゃ。

戸田奈津子とは、日本字幕翻訳者。翻案称はなっち。
トム・クルーズなどの有名俳優が来日した際、隣に居る眼鏡天パおばちゃんと言えば知っている方も多いかもだ。


概要かもだ


1970年代から現在に至るまでさまざまな映画字幕を手がけており、一説では年間50本(週に1本のペース)も担当しているという。字幕の人という印が強いが、吹き替え用の翻訳や通訳を担当することもある。

しかし、同時に誤訳・意訳が非常に多いことでも有名。単なる誤訳だけでなく、細かなニュアンス原作の意図を視した意訳、さらに口文語の違いや尊敬語・謙譲・時制の欠如など細かいミスを上げればきりがない。
特に、日本でも翻訳小説などで有名だったファンタジー作品やSF映画化された際、なっちが字幕を担当すると、その実に沿った海外三流ドラマ並の訳を連発してしまい、特に原作を知っているファンはなっちが訳を当てるというだけで悲観的になることが多い。

近年の誤訳作の代表としては『オペラ座の怪人』『ロード・オブ・ザ・リング』『パイレーツ・オブ・カリビアン』などが有名。特に『オペラ座の怪人』では、わざと含みを持たせた作りである原作と、それを尊重した上で製作された映画版を、尾誤訳の連打でブチ壊しにしてしまい、原作ファン激怒を買ったことで有名。
世界的に有名な指輪物語映画版『ロード・オブ・ザ・リング』においても、せっかく原作者が「翻訳の手引き」を残すほど細やかな配慮がなされているのに、なっちは全くそれを読まずに翻訳したため、正確な訳がなされている瀬田氏翻訳版の小説文、まともな訳者がついた日本語吹替版とも違う訳が展開され、原作読者のみならず初見の観客でさえも理解に苦しむ文章を頻発してしまっている。

もろちんネット上でも有名であり、誤訳を集めた専用wikiも存在するという異例の事態も発生している。
そろそろ引退を?いや、まだまだ続けるかもだ!


例を?


上に極端な例を3つ、その下に大小様々な例を挙げるが、他にもまだある。下記関連リンクを参照。


次へ»
最終更新日: 19/08/18 05:48
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ