ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


抱え落ち


ヨミ: カカエオチ
掲示板をミル!
9カキコ!

抱え落ちとは、弾幕STGにおいてボムなどを持ったまま敵の弾などに当たってしまいミスすることである。


概要


多くのSTG、特に弾幕STGにおいては弾消し効果や無敵時間などを生じる『ボム』というものが用意されており、自分の腕前をえるような弾幕が飛んできたり操作ミスで窮地に陥った場合でも、これを的確に使用すれば、絶体絶命危機的状況から脱出できる。→ボム(STG)を参照
このボムは一般に、プレイヤーが死ぬとそれまで持っていた分が全て没収され、新たに何発かが支給されるというようなシステムになっている。

抱え落ちというのは、ボムをまだ持った状態でありながら、判断ミスでそれを使用せず、あるいは不意打ちなどで使用する間もなく死んでしまうことである。
先述の通り、ボムが1発あれば危機的状況を脱することができるため、言い換えれば抱えたボムの分だけまとめてミスをしたに等しい損が生じてしまう。
(そのため、良く死ぬ初心者に対してはどうせ抱え落ちするならボムピンチになる前にどんどん使うようにと導される場合が多い。)
また、ボムが0個の時はボムを使うという選択肢がないため避けに集中しやすく、えてして気合よけが上手くいきやすいものであり、その意味でも損失が大きい。

これが転じて、例えば不思議のダンジョンアイテムのような「生存手段」や「死ぬと没収されるもの」を全て使い切る前に死んでしまうのをして広く「抱え落ち」と呼ばれるようになった。
ニコニコ動画においては、元々STGだったのが東方projectゲームの流行によって拡散したものと考えられ、ゲームジャンルを問わず広く使用される。


関連動画


募集中


関連項目



最終更新日: 17/05/04 21:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ