ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


捕手


ヨミ: ホシュ
掲示板をミル!
62カキコ!

捕手とは、

  1. 野球ソフトボールにおいて投手の投球を受ける選手である。キャッチャー。守備番号は2。英語ではCatcherと書く(略称はC)。
  2. 相手を生け捕りにする武術のこと。捕手術。捕縛術。素手か流によってはさすまた、突棒、もじり、縄、十手、短などを用いて相手を取り押さえ殺さずに捕まえる。竹内流、荒木流などが有名。

ここでは2については特に触れず1についてのみ記述する。


概要



捕球


捕手投手の投球を受けるポジションであるため、それを如何に逸らさずにキャッチできるかが捕手の良し悪しを決める要素となる。例えば「ランナーが三塁にいると落ちる変化球は投げにくい」とよく言われるが、これはワンバウンドする球はキャッチングが難しく、捕手が後逸しやすいため点に繋がりやすいためである。しかし裏を返せばその状況で下方向の変化球を抑えられる捕手であれば、より打者に対して有利に攻められるということで、優れた捕手の要素を持っているということが言える。


リード


投手がどこに投球すれば良いかを示し、相手の打者に打たせないようにすることが最大の仕事。そのため捕手は相手打者の得意・苦手コース、球種などをよりも把握しておかなければならず、かつそれを活かして投手リードをすることがめられるため、頭の良さ(野球)がめられる選手である。さらにその示を投手に受け入れさせるために、投手との信頼関係を築けることが良い捕手の条件の一つであると言えよう。

野球ファンの中において捕手リードの良し悪しはよく議論にのぼる題材ではあるが、反面場が荒れやすい題材でもある。打者の打率本塁打投手防御率のように数字によって優劣をつけることが出来ないため、観的な意見に陥りやすいためである。(一応捕手防御率という数字もあるが、同じ捕手によってもシーズンごとに安定しないためあくまで参考程度の標であると言える。)

また打撃、特に長打に長けた捕手は何故か守備捕手(守備>>>打撃という守備に特化した捕手のこと)にべて、リードがあまり良くない捕手だと見られる傾向があるようであるが、もちろん打撃リードの良し悪しに直接的な要因はいはずである。

NPBではリード捕手仕事とされているが、MLBにおいては、配球に関しては投手自身が決めたり、あるいは監督コーチが決めるベンワークとされていることが多い(これは単純に対戦する球団数・選手数が多いため、ひとりの捕手があらゆるデータ把握しきるのが難しいためである)。そのためMLBではNPBべて、捕手は打送球の方が重視される傾向にある。


送球


リードの上手さに加えめられるが、肩の強さと送球技術である。盗塁阻止はもちろんのこと、素い牽制で野手を塁上に釘付けにするのにも必要とされる。(OBでは大矢明彦古田敦也、現役では城島健司阪神)や全盛期の中嶋聡日ハム)などが強肩な捕手としてよく名前があがる)

よく誤解されることであるが、肩の強い捕手が必ずしも盗塁阻止率が高くなるわけではない。もちろん、強肩であることにこしたことはないが、投手クイック、球種、送球までの時間、送球の正確性など複合的な要因が重なってくるので、思いもがけない捕手が高い阻止率を残したりすることも多い。ただし阻止率が低い捕手は弱肩であることが多いのは間違いない。

また右投げにべ左投げは送球が不利になることから、左投げの捕手はほとんど存在しない。右打者のほうが多い現状では、左投げの場合二塁・三塁への送球のときに打者が邪魔になり、送球に支障が出るためである。こうした左投げの捕手は、学生野球の段階で他ポジションへのコンバートが図られるため、特にプロに近いレベルではその存在は確認できなくなるのである(そもそも左投げ用のキャッチャーミットは特注になるため、具がいという根本的な問題により左投げの選手は捕手ができないという事情もある)。


ブロック


他に捕手特有の仕事としてあるのが、走者の本塁突入をブロックすることである。きわどいタイミングでは走者が体当たりをしてくることもあり、捕手にとっては最も怪をしやすいプレーの一つである。いかに怪をせずに本塁を死守するかが優れた捕手にはめられる。

かしこの接触プレイ捕手・走者ともに怪が多い事からたびたび危険視されており、アメリカMLBでは2014年から禁止された。日本NPBでも2016年シーズンより禁止となった(コリジョンルール。走者の進塁ルート上に捕手が立ちはだかる事は禁止となり、如何に上手くタッチするかという技術、および本塁以外の走者のアウトを優先すべきかの判断が、よりめられる事になった。


グラウンドでの指示


投手を含める全9人の守備側選手のうち一外野フェンス方向を向いて守備に就く選手で、グラウンド全体を見渡せることから野手の中でも特別な仕事が与えられたプレイヤーであり、守備位置や送球先の示をする役をになっている。ボールカウント・アウトカウント・イニング数・点差などもろもろの要素から相手打者・走者の意図を見抜き、素示を出さなければいけないため観察眼・洞察められるポジションである。その役割からグラウンドにおける監督とも揄えされ、非常に専門色の強いポジションである。

さらに心理描写が表しやすい、守備においても出番が多いことなどから、アニメ漫画等では投手と共に役・メインキャラクターに据えられることが多い。


捕手の装備


捕手は前述したホームでのブロックの他、ファールチップをその身に受けることも多いため全野手の中でも最も怪しやすいポジションであり、怪を防ぎやすいように様々な防具を身に付けることが許されている一のポジションでもある。その種類は顔面を保護するマスク、胸部を保護するプロクター、膝下を保護するレガースなどである。

また他の野手はグラブグローブ)を使って捕球を行っているが、捕手は投球を受けるのに特化したキャッチャーミットを使っている。捕手の他にミットを使っているのはファーストのみである。(こちらはファーストミットと言う)


捕手登録


通常ベンチ入り選手の中で捕手登録されている選手は2,3人であり、その中でも先発出場する捕手を「正捕手」、それに続く捕手を「二番手捕手」「三番手捕手」と呼ぶ。最も総合に優れた捕手が正捕手となり、その疲労を抑えるためにたまに先発出場したり、正捕手代打や代走、または怪などで退いたとき途中から出場するのが二番手・三番手捕手の役割となっている。

レギュラーである正捕手の代わりに二番手、三番手が出場することが他のポジションべると多く、守備の規定試合数が野手は試合数の2/3となっている一方で、捕手は試合数の1/2と少なく規定されている。

しかし全ての捕手を試合中に使い切ってしまうことはほとんどい。前述したように捕手は非常に専門的なポジションであり、未経験の選手ではまともに役割をこなすことは難しい。もし最後に出した捕手が怪でもしてしまった場合、試合が立ち行かなくなってしまう可性があるためである。

だが長いプロ野球歴史の中でそうした事態がかったわけではない。最近の例としては以下のようなものがある。

余談ではあるが各チームこうした緊急事態に備え、捕手登録の選手がいなくなってしまった場合はどの選手が捕手を務めるのかは前もって決めているらしい。先に述べた木村拓也もこの事態になる前から、「もしもの時は行くからな」と言われていたとっている。


専属捕手


捕手投手とのコミュニケーションを密にする立場であることから、投手捕手の相性が重視されることがあり、2人以上の捕手レギュラーとして併用するチームでは投手によって捕手を使い分ける場合がある。たとえば北海道日本ハムファイターズでは、ダルビッシュ有ボビー・ケッペルとは鶴岡慎也が、武田勝ブライアン・ウルフとは大野奨太バッテリーを組む。

また不動の正捕手のいるチームでも、特定投手登板する際には二番手以下の捕手マスクを被るということがある。近年では福岡ソフトバンクホークス斉藤和巳的場直樹や、東北楽天ゴールデンイーグルス岩隈久志藤井彰人が有名。

リリー投手の場合には登板機会が一定しないためこういった例はまずいが、例外として登板タイミングがほぼ決まっている抑え投手の場合は専属の「抑え捕手」がつく場合がある。有名なのは日本ハム時代のマイケル中村で、中嶋聡が専属捕手としてマイケル登板時はマスクを被った。マイケル高橋信二と組んだ際にはベンチから中嶋リード示したという逸話がある。また抑え専属ではないが、広島東洋カープ永川勝浩フォーク石原慶幸でないと止められないと言われており、永川登板時は基本的に石原マスクを被るという例もある。


コンバート



次へ»
最終更新日: 18/09/18 12:40
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:大百科ニュース社