ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


探査機「はやぶさ」


ヨミ: タンサキハヤブサ
掲示板をミル!
1785カキコ!

衛星軌道上より地球を望むはやぶさ[画像を見る]

機「はやぶさ」とは、日本小惑星機(工学実験衛星)である。

概要

[画像を見る]
小惑星探査機「はやぶさ」(MUSES-C)
AsteroidExplorer"HAYABUSA"(MUSES-C)

「第20科学衛星」。開発名「MUSES-C」(Mu Space Engineering Satelite-C)。

2003年5月9日、旧・文部省宇宙科学研究所(現・宇宙航空研究開発機構宇宙科学研究所略称ISAS)によって、旧・鹿児島宇宙空間観測所(現・内之浦宇宙空間観測所)から打ち上げられた。

NEC東芝スペースシステムが中心となり、大小多数のメーカーが本体やシステムの設計・製作・運用に関わった。NEC東芝スペースシステム(姿勢制御系)、NECイオンエンジン)、古河電池(リチウムイオンバッテリー)、IHIエアロスペースカプセルミネルバの設計と開発)、三菱重工化学ラスタ)、日本航空電子工業(加速度計)、富士通(軌決定のシステム開発と運用)、明星電気(X線分析装置)、工業(カプセルの重要な部品)、会津大学小惑星イトカワの3Dモデル構築)など。他参加企業は、Wikipediaが詳しいかも。

2010年5月宇宙航行アカデミーIAA:International Academy of Astronautics)の50周年記念ロゴ[外部]で、アポロ11号の「面上靴跡」、ガガリンの「人類宇宙へ」、「ISS」等と共に、宇宙開発史上の偉業として列挙された。

後述する様に、探機本体や内の宇宙開発を取り巻く政治経済環境が極めて厳しい中、宇宙機の幾多の記録を塗り替え、際的な評価を獲得し、内外問わず様々な分野の賞を多数受賞し、ギネスにも認定された(「新語・流行語大賞2010」にもノミネートされた)。

2010年6月13日小惑星イトカワのサンプルが期待されるカプセル地球に投下後、大気圏突入を以てその役を終えた。

2010年11月16日、回収されたカプセル内の微粒子がイトカワ由来であることが確認された。以遠の体からの地表物質の回収の成功は世界の快挙である。

目的

[画像を見る]
[画像を見る]

小惑星(イトカワ)までイオンエンジンを使った飛行を行い、自的に小惑星に近づき、その表面から、物質のサンプルを持ち帰る」、下記4つのミッションを行う。

  1. イオンエンジンμ10)による宇宙航行技術を実すること
  2. 「自航法」を駆使した小惑星(イトカワ)への接近・着陸をすること
  3. 微少重力下で試料を採取すること
  4. 試料の入ったカプセルを、直接地球の大気圏に突入させて回収すること

地球への帰還時期は、トラブルが続いたことにより2007年6月から2010年6月へと変更された。なお、イトカワで採取した試料を地球に投下した後、当初の予定になかったミッション《大気圏突入》を実行することになった。これは、JAXAの「軌予測システム」(地球に衝突する恐れのあ小惑星の軌やその確率・時間を解析するシステム)開発のため、大気圏突入時のデータを利用するというプロジェクトである。

計画が順調であれば、試料投下後は別の標に向かう予定であった。しかし、姿勢制御系エラーによるカプセル投下精度の低下を補うため、離脱不可能距離カプセルを切り離さざるをえなくなった。(-この時点では、世界中のどこを探しても、はやぶさを回収する技術はかった-)

2010年6月13日22時51分。既にカプセルの分離・投下を済ませた「はやぶさ」は、オーストラリアの上をひときわ明るくきながら最後のミッションを遂行し、その姿を星空に消した。7年をかけた壮絶で前代未聞の「おつかい」は、こうして幕を閉じた。

世界で一番の『はじめてのおつかい』」 「でも、二度と『おつかい』には行けない」
「戻ってくるよ。『』になって」
おかえりなさい。本当に、おつかれさま」

― 関連動画を見た視聴者によるコメント ―

942 : ななしのよっしん2010/06/14() 22:37:21 ID: Eka6tdjJf0
地球、見えまし・・・」
あのラストショット。炎に包まれながらを届けようとした、という感じがした。
943 : ななしのよっしん2010/06/14() 22:41:57 ID: 9HKL4+W8qY
>>942 地平線に隠れただけなんだがな。通信途絶の約22分後に大気圏突入
972 : ななしのよっしん2010/06/15(火) 01:02:51 ID: KzyEkAHOhK
>>942-943
撮影した画像を送信中。

地上のアンテナから見えない位置に入り通信終了。

地球の影に入り太陽電池からの電供給が途切れてはやぶさの電が落ちる。

再突入。

つまり、はやぶさは先に眠ってしまったので熱い思いも痛い思いもしなかったってこと。

[画像を見る][画像を見る]

更なる情報関連外部リンク、及び本項カラムWikipediaニコニコ動画アイコンボタンを押してリンク先のコンテンツを参照されたい。

開発環境と予算

[画像を見る]

日本宇宙開発予算は、昔から極めて少ないのが伝統であり、「はやぶさプロジェクト」も冷遇が歴史そのものである。本機搭載の小惑星探査ロボット「ミネルバ」ですら、メーカーからの試供品や民生品を使い、開発資メーカーからの協賛や旧ISASのなけなしのへそくり研究費に頼る事となった。持ち出しばかり。

運用予算についても2005年末に「はやぶさ」が一時消息不明となったときなどは、次年度の予算編成が迫り政府がここぞとばかりに運用予算に見切りをつけかねないとして、川口マネージャープロジェクトメンバーの士気を維持させるとともに次年度の運用費が決して駄ではないことを知らしめるために再補足の 確率(正確には再補足に適切な位置に「はやぶさ」が来るであろう確率。決して"再補足が実現する確率"ではない事に注意。表向きには違いを明確にしなかったけど)を急いで算出するなど奸計涙ぐましい努を払ったほど。

[画像を見る]

そんな中、本プロジェクトを受け継ぐ形で「はやぶさ2」の開発が進められているが、NASAのように潤沢な資が手当されていないのは、悲しいけど予想されたこと。

そんな中、当時の政府による事業仕分けが行われ、更なる深刻な予算不足に陥り、プロジェクト火星探査機「のぞみ」リベンジ計画、「かぐや」後継機、「だいち」後継機、準衛星計画(「みちびき」等)、HTVベースの有人機など)等と少ない予算を奪い合うほかない状況となる。

も し、「はやぶさ2」計画が消滅すれば、JAXAメーカー、研究者の3つに渡る人材、開発した工学的技術、運用経験のノウハウなど、1990年代からはや ぶさの開発と運用で、積みかさねてきたものも四散し、関係する技術開発はお終いとなり、優秀な専門たちの海外流出にも繋がりかねない。

こういったこともあって、作家松浦晋也[外部]をはじめとする著名人や在野の有志たち(例えば「はやぶさまとめ」[外部])が支援を呼びかけている。また、中の人も、「応援してください、『はやぶさ2』。『はやぶさ』の成果があぶない。」[外部]を上げざるを得ないところまできている。

あちこちの分野に手を広げず、プロジェクトに絞り込む「選択と集中」は予算節減の点では理に適うが、「はやぶさ2」を含め、様々な宇宙開発関係のプロジェクトの断念・打ち切りは、国家的損失を招くと危惧されている。

こういうときだからこそ、政治に対する不満を感情的に動画掲示板にぶつけるよりも(気持ちは分かるが)、文部科学省[外部]財務省[外部]などに「宇宙開発全般の発展」について粛々と嘆願や意見を具申したほうが得策といえるのではないだろうか。(本稿の掲示板にも同じような意見が出ています)

※幸い、はやぶさ地球帰還が成功し、はやぶさ2の開発の2011年度予算は満額通りました。しかし、2012年度は、JAXAの(最低限の)要予算73億円に対し、当時の政府与党は30億円と大幅減額した(´・ω・`)ショボーン

そのことについて、川口プロジェクトマネージャーはこう自分のブログで述べている。

民に自信と希望を与える政策がとられているのか、率直に申して、大いに疑問を感ずるところです。
自信と希望で飯が食えるか、とのがあるかもしれません。
しかし、このが将来成長できるであることを信じられなければ、
けっして閉塞から抜け出せるはずはないのです。
それを担うはずの、今は中学高校大学生かもしれない次の世代がそれを実感できるのか、
実感させることができるのかが問われているはずです。このが、々が、創造できるであることを確信できなければ、将来はありません。
この創造できるだと確信させる政策にためらうことは、耐えんでいけば先が見えるという誤解に起因するのだと思います。
地球の裏側では、たとえ後方集団入ることになろうとも、はやぶさ-2 の4倍近い経費を投じて、
科学意義、そして民に持をあたえる政策をとる米国NASA)があるかと思えば、
導的立場に身をおくことに自信もなく、少ない経費をなお削減し、
わざわざ後方集団にさがって民を落胆させる政策をとろうというがある。なんとも情けないことではないでしょうか。
とは何か、次世代のづくりをどう行うのか、それが見えないのでは、の復
つまりの将来を作ることはできないのではないか、と感じます。

ニコニコ動画におけるはやぶさ

ニコニコ動画ではJR寝台特急列車および新幹線プロレスラー、旧日本陸軍戦闘機スズキバイク等の同名の「はやぶさ」と区別する為に、本項名、"探査機「はやぶさ」"タグが利用されている。

[画像]

難と理不尽なバッシングの中での開発と打ち上げから始まり、システム、故障、燃料漏れ、通信途絶・・・もうだめぽ的な数々のトラブル。困難を乗り越え、満身創痍ミッションをこなす姿と大気圏再突入という最期の使命。新旧テクノロジー融合、膨大なシステムプログラムを作り上げたメーカー技術者と、ミクロン単位の精度で部品を仕上げた町工場の職人の意地とプライド。そして、前述の「軌道の魔術師」こと川口淳一郎PMが率いた運用チームガチりや常識を覆す発想と航行技術、「こんなこともあろうかと」の多重の仕掛けが結集された一大プロジェクト、それが“探査機「はやぶさ」”。

ちなみに、川口PMは開発中や運用中、担当者にいつもムチャぶりをする事も有名。

   , ノ)
  ノ)ノ,(ノi
  (    (ノし

) ∧,∧  
..|( ( ....:::::::) (  これよりTCM-5を開始する
 ̄⊂/ ̄ ̄7 )ヽ lヽ,,lヽ
 / 川口/  (    ) やめて!
   ̄TT ̄   と、  i

こういったことを背景として、関連動画を見た視聴者の中には、「泣いた(´;ω;`)」「絶対に帰って来いよ!」「がんばれ!」「おかえりなさい」といったコメントを残す人も多い。ニコニコ動画史上最もされた宇宙機とも言えるだろう。(地球帰還当日は 、ネットを通じて生放送されたが、本稿の更新掲示板へのレス投稿、関連動画へのコメント投稿リアルタイムで行われていた。)

そんなニコ動では、月周回衛星「かぐや(SELENE)」火星探査機「のぞみ」金星探査機「あかつき」をはじめとする、はやぶさ兄弟姉妹たちの秀逸な動画作品も多数作られているので、ぜひ視聴してほしい。そして、応援していただければ幸いである。

その他

名前の由来

[画像を見る]

当初の命名予定は、手塚治虫著『鉄腕アトム』の主人公アトム誕生年の2003年に打ち上げである事から、本機が高度な自性を持つロボット機である事に因み、「アトムATOMAsteroid Take-Out Misson」だった。しかし、原爆AtomicBomb)を想起させること等から、最終的に第二補の「はやぶさ」と命名された。JAXA公式見解ではないが、的川泰宣(JAXA技術参与・名誉教授)の講演[外部]によると、命名理由は以下3点である。

小惑星イトカワ

[画像を見る]

1998年に、アメリカLINEARチームマサチューセッツ工科大学リンカーン研究所の地球近傍小惑星チーム)が発見した小惑星の一つである。当初は「(25143)1998SF36」という名前であった。


次へ»
最終更新日: 19/02/23 04:32
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ