ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


接辞


ヨミ: セツジ
掲示板をミル!
5カキコ!

接辞とは、言葉の前や後ろにくっついて言葉の意味を変化させたり補ったりする言葉である。

この時、元となる言葉のことを幹と言う。


概要


に接頭辞、接尾辞、接中辞、接周辞、接合辞、分節接辞、貫通接辞に分類されるが、日本語では接頭辞と接尾辞が接辞のほぼ全てを占める。


日本語に存在する接辞


接頭辞

接頭辞とは、幹の前に付く接辞のことである。

例)

接尾辞

接尾辞とは、幹の後ろに付く接辞のことである。

例)

接周辞

接周辞とは、幹の前後にそれぞれ付く接辞のことである。

例)

ただし、上記の敬語は接頭辞「お」と接尾辞「する」「になる」が複合したものであるという説明もあるため、その場合日本語の接辞は接頭辞と接尾辞の2種類のみとなる。


日本語に存在しない接辞


接中辞

幹を二つに分断し、間に割り込む接辞である。

台湾からフィリピンマレーシアインドネシアを通り南はニュージーランド、東はイースター、西はマダガスカルにまで達する範囲(ただしオーストラリアパプアニューニアの大部分は含まない)のオーストロシア族の言に良く見られる。

接合辞

二つの単を結びつけ、一つの単として扱う際に使われる。

ドイツ語において、Staatsapparat(国家機関)と言うことがあるがこれはStaat国家)とApparat(機関)を接合辞-s-が繋いでいる例である。

超分節接辞

これは文字が付加されるわけではないが、単のアクセントを変える事により意味を変化させるので接辞の一種として扱われる。

例)太字下線部はアクセントの位置を示す。

という様に、英語においては動詞を名詞化する際に使われることがある。

貫通接辞

幹を3つ以上に分断し、その間に入り込む接辞である。
アラビア語ヘブライ語などのセムに見られる。


関連項目



最終更新日: 11/10/04 17:11
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ