ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


文化放送


ヨミ: ブンカホウソウ
掲示板をミル!
45カキコ!
文化放送
Nippon Cultural Broadcasting
基本情報
略称 QR
日本
所在 東京都港区浜松町一丁31番地
運営事業者 株式会社文化放送
放送対地域 関東広域圏(関東7都県)
ラジオ周波数 1134kHz(AM/中波)
ラジオ系列 NRN
コールサイン JOQR
開局年 1952年3月31日
設立年 1956年2月13日
備考
放送局情報テンプレートボックス

株式会社文化放送とは、関東地方エリアとするAMラジオ局である。

文化放送(株式会社文化放送)
親局(川口送信所、埼玉県川口市)1134kHz(旧周波数 1130kHz)
中継局(東京スカイツリー東京都墨田区91.6MH


概要


関東地方エリアとするAMラジオ放送局である。あまり知られていないが、フジサンケイグループに属している。以前は開をしていたが、2005年ライブドアによるニッポン放送買収問題によって上場の話は見送られた。

かつての「セイ!ヤング」「吉田照美のてるてるワイド」、1990年代からのアニラジジャニーズなど若者に人気のある番組作りに注している。プロ野球中継では巨人セ・リーグ偏重の局が多い中、平日ライオンズナイターでは数少ない埼玉西武ライオンズ応援の中継を行っているのでも有名 (休日ホームランナイターとして巨人戦中心の実況中継を行っていたが、2013年からは日曜の、2019年からは土曜も、いずれもレギュラー放送を取り止める。一方休日西武戦中継は協関係にあるNACK5が担当している)。

元々はキリスト教宗教放送を行うために設立された放送局だった名残で、四住宅街然と現れる教会の様な局舎で有名だったが、近年大門浜松町の前に立なビルを建てて移転したため、残念ながら取り壊された。現在前だが、旧局舎は四、四三丁の間にあり、両から徒歩で10分以上かかるアクセスが不便な場所であった。現在、旧局舎跡地にはマンションが建てられ、マンションの玄関には「文化放送発祥の地」の碑が飾られている。また、マンション屋上には非常用送信所がある。

みのもんた土居まさる、吉田照美、梶原しげるはこの局の元アナウンサーすぎやまこういちもこの局出身である。

聴取率は長年低落傾向にあった。TBSラジオニッポン放送NHK第一とどんどん差が広がり続け、一時はJ-WAVEにまで抜かれる事態に。しかし近年はニッポン放送の低迷などの影や、平日午後の「ゴールデンラジオ」が好調な事もあり、TBSラジオについでNHKJ-WAVEと抜きつ抜かれつの2位争いを展開している。

100キロワットであり、民放ラジオでは最高出であるが、間になると500キロワットというNHKラジオ並みの出韓国の放送局や北朝鮮平壌放送と混信してしまう場所も多く、韓国語と戦いながら文化放送を聴くリスナーも少なくない。また他の地方でもたまに聞く事が出来ちゃったりする(あくまで深夜)。北海道東北では良好に聴取できる地域が多いが、北陸は1116khzの新潟放送の影。西日本1143khzの京都放送の影モロに受けるため、TBSLFべると間の全聴取は難しい傾向にある。

文化放送設立時から1990年代までは教育書籍専門の出版社である旺文社が大であったため、「大学受験ラジオ講座」「万人の英語」といった受験生向けの教育番組が存在した。旺文社がこの番組と連動した教材を発売し、全AM局のみならず、FM局やラジオたんぱ(現:ラジオNIKKEI)でもネットされていた番組であった。同じく、旺文社と関係が深かったテレビ朝日(当時は全国朝日放送)とも交流関係を築いていた。
しかし、少子化による受験生の減少から旺文社の経営が傾いたために、保有していた文化放送のを売却。1995年頃までにこれらの番組は姿を消した。 

文字で大きく文化放送と書かれたマイクは会見(特に国会後のインタビュー)で一際立つマイクである。こんなマイクだが、実は使っている歴史は長く、更に性が良いこともあって、60年安保での闘争音や1970年に起こった三島事件で三島由紀夫が割直前に行った演説を各メディアが録音に失敗した中で一成功させており、悪条件でも録音できるマイクとして有名である(ただし、欠点としては重いらしい)。

IPサイルラジオ協議会に参加しており、2010年3月15日からradiko.jpにてインターネットサイマル放送を行っている。
2014年4月より開始されたradiko.jpプレミアムにより、有料ではあるが前述の聴取困難問題が大幅に善され、高音質の放送が全で聴取することが可になった。
また、2015年12月7日にはTBSラジオニッポン放送と共に東京スカイツリーからFM補完放送ワイドFM)を開始、91.6MHzでも聴取可である。

NRN系列にニッポン放送とともに属している。送出マスターも文化放送の局内に設置されており、NRN系番組はここから全に発信される。


各メディアとのつながり


文化放送は独立系のイメージが強いが、フジテレビ設立時に大きく関与しているためにフジサンケイグループの一員である。NRNではニッポン放送と文化放送が盟であり、時にコラボしている。

文化放送設立時の出資者であり、日本教育テレビ(後のテレビ朝日)設立時の出資者である旺文社などが大きく関与しているためにテレビ朝日とも関係がある。今はだいぶ解消されたが、たまに番組内でテレ朝の番宣を行うこともある。

またAT-Xの関係でテレビ東京箱根駅伝映画の関係で日本テレビとも関係がある。

新聞との関係だと朝日新聞系と産経新聞系を使っている。

ラジオ局だと埼玉県FMであるNACK5と協関係であり、テレビ朝日NACK5と共に地上デジタルラジオで協したこともある。


主な番組



過去の代表番組



朝~夜



深夜番組



教育番組



アニラジ


関東地方の放送局の中で最も多くアニラジを放送している。特に土日は21時あたりからの放送がすべてアニラジで占められており、文化放送独自のリスナー層(大きなお友達含む)を集めている。

ドワンゴもいくつかの番組のスポンサーとなっており、その番組はニコニコアニメチャンネル公式配信されている。

また、アニラジ専門のインターネットラジオ局として「超!A&G+」を運営しており、地上波で放送されている一部の番組はこちらでもサイマル放送または時差ネットで配信されている。

アニラジ

ニコニコアニメチャンネル配信番組(現在はいずれも終了)


次へ»
最終更新日: 19/04/05 13:39
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ