ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


斬鉄剣


ヨミ: ザンテツケン
掲示板をミル!
44カキコ!

斬鉄剣とは、読んで文字の如くを切断する事が可日本刀)のことである。
転じて、ゲーム等ではそれ相応の威を発揮する技名等の喩表現である。 


概要


アニメゲーム等で良くにする斬鉄剣だが、刀匠、初代・小林が作した極めて強度の高い日本刀であり、しっかりと実在する日本刀である。
も、余程質の悪い日本刀でなければ細い材ならば容易に切断は可であり、試し切りと称して兜をっていたりもしていた。そんな日本刀の中でも、小林が作した日本刀より優れている強度・切れ味を誇っていたのものを褒め称えて「斬鉄剣」と呼ばれるようになった。
なお、「斬鉄剣」は前述でも挙げたとおり、小林が作した中でも称賛された作品の総称であり、単品をす固有名詞ではない。  


フィクションにおける斬鉄剣


フィクションでは石川五ェ門ルパン三世)が使用する斬鉄剣が非常に有名で、そのという域をえたあまりにも凄まじすぎるれ味や、正宗や村正のように一般層に認識できるほどの著名なでなかったこともあり、フィクションで登場する斬鉄剣は実在の斬鉄剣というよりはルパン三世の斬鉄剣のパロディと言える側面が大きい。

ルパン三世での斬鉄剣 

おそらく「斬鉄剣」と聞いたらっ先に思い浮かべるであろう代表的な「斬鉄剣」。
実在する斬鉄剣は炭素を含んだである鋼で作られている。しかしルパン三世に出てくる斬鉄剣は、
 
「隕を鍛えて作り出した(原作版)」
「五ェ門の先祖が発明した特殊合(燃えよ斬鉄剣、エピソード0など)」
「虎、良兼、正宗という3本の名を一緒に熔かして打ち直した物(TVシリーズ第1期)」

といった具合に、作品によって何でできているかは設定上定まっていないが、如何なるものもれる(例外を除く)う点は概ね共通している。
敵が撃ってきた弾をり捨てるなんてのは序の口で(そもそもった弾が弾速を失ってその場に落ちる事自体おかしい、というツッコミはナシで)、大庫のダイヤモンドなど異常なまでに硬いものはまだいいとして、ビル一棟等の様な身の長さをかにえるものや、ヘリコプターステルス戦闘機といったそもそも日本刀で立ち向かう事がおかしいものや、挙句の果てにはなどる以前の問題のモノまでれてしまう切れ味を誇る。滅である。

ちなみに、「コンニャクが切れない」とった具合に柔らかいもの(もしくは、弾のあるもの)は逆にれないとう設定もルパン三世が初めてである。 しかし、コンニャク以外何でもれるわけではなく、作中に登場するキーアイテムなどロストテクノロジーで作られたものは硬過ぎて斬れないことが結構ある。 
実際のところれるものれないものは作品によってまちまちであり、上述の通りダイヤモンドったこともある一方で、「ダイヤモンドれない」と五ェ門が発言するエピソードもある。
有名な「コンニャクが切れない」というのも斬鉄剣の基本設定とされているわけではなく、PART2第61話における一回きりの設定である。当該話においては五ェ門の口から「コンニャク”だけ”は何度試してもれなかった」とられているが、PART2内のそれ以前のエピソードだけでもれなかったものはいくつもあることから「コンニャク”だけ”」という発言には大きな矛盾が生じている。ダイヤモンドの例と併せて毎回設定が変わることはおわかりいただけるだろう。

また、斬鉄剣は概ね「それ自体が特別な」とされることが多いが、対の切断に失敗して折れてしまったために造作に投げ捨てられた例(PART2第19話)や、「の技」としてあくまでも五ェ門技として描写された作品(『LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門』)もあり、「れるもの」のみならず「特別なかどうか」も作品によってまちまちである。

ルパン三世の影響を受けた例

ゲームファイナルファンタジーシリーズでは、召喚獣オーディーンが使う一撃必殺の技の技名として用いられている。演出は作品によって異なるが、まず画面を一し遅れて敵がっ二つになるというルパン三世での描写に近い物が多い(ただし、このタイプの描写は普遍的に行われている)。
実際に斬鉄剣を使っているのかただの技名なのかは不明である。
即死が効く相手なら確実に仕留められるが、ボスクラスの敵には効かない。(ちなみにFFXではオーディンの斬鉄剣に代わってヨウジンボウが「」という技を使用するが、こちらはボスも即死である。)
なお、FFVIでは装備可武器としても登場しており、その攻撃もさることながら一定確立で敵を両断(一撃死)の効果を持つ非常に強武器として扱われいる。

XXXHOLiCではほぼ何でもれてしまうにも関わらず、敵の衣類だけり敵本人は傷という設定(使用者のスキル的なものもあるだろうが)に似た表現をしている。XXXHOLiCに出てくる、マジックで「斬鉄剣」と書かれた普通金属バットが、「本来その名を持つモノと同じを持つようになる」という設定の元で机上にあるノートパソコン叩きろうとする表現で、ノートパソコンっ二つにされるも机は全くのだった。偶々かもしれないが、そうした表現が作中にあった。

ドラゴンクリスタルで登場した「ザンテツケンスライム系のモンスターにだけはダメージを与えられないという仕様になっており、コンニャク(柔らかいもの)が切れない」というルパン三世の設定がしているとみて間違いない。


関連商品


■azB00005H09N


関連項目



最終更新日: 20/04/29 15:17
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ