ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


新・光神話 パルテナの鏡


ヨミ: シンヒカリシンワパルテナノカガミ
掲示板をミル!
3258カキコ!

新・光神話 パルテナの鏡とは、2012年3月22日に発売されたニンテンドー3DS専用ソフトである。


概要


新・光神話 パルテナの鏡
ジャンル アクションシューティング
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2012年3月22日
希望小売価格 5800円
3D映像
CERO B
通信 すれちがい通信
いつの間に通信(13年3月)
ローカル通信(対戦/協)
インターネット通信(対戦/協)
その他 スライドパッド対応

E3 2010で発表されたソフト。開発は、かの桜井政博氏率いるプロジェクトソラ。  ジャンルアクションシューティングゲーム内容は「罪と罰シリーズを彷彿とさせる作りとなっている。

初心者でも入りやすいように作られたシステム、「大乱闘スマッシュブラザーズX」でも見られた特徴的なフォントなど、桜井政博氏のテイストが全面に押し出されたゲームデザインが特徴。
また、「スターフォックスシリーズや「罪と罰シリーズなど、これまで任天堂が作ってきたSTGFPSTPSを含む)の集大成的な面も見られる。

パッケージには『新・光神話 パルテナの鏡』専用ARカードと、ニンテンドー3DS専用スタンドが同梱されている。


ストーリー


かつて悪逆の限りを尽くしていた冥界女王メデューサが、25年の時を経て復活した。
府軍”を率いて地上界、界へと侵攻を開始するメデューサ

これに対して立ち上がるのは、かつてメデューサの対の女神だったパルテナと、
その使いであるパルテナ親衛隊長ピット

飛べない天使女神奇跡に受け、府軍を浄化するために界から飛び立つ。

公式サイトより引用) 

この文章を見る限りでは非常に王道展開でシンプルストーリーに感じられるが、実際にやってみるとメタ発言まみれの天界ジョークだらけになっており、笑える部分が非常に多い。かと思えば女神パルテナ戦争に心を痛めるなど、コメディ部分からは想像もつかないようなシリアスシーンも多く、シリアスコメディの落差が大きいストーリー展開となっている。


登場人物


ピットパルテナデザインは「スマブラX」がベースとなっている。「初代パルテナ」から25年たったという設定だが、神様天使は年を取らない設定なのでピットパルテナは歳を取っていない。もっとも、不老であるが々同士が闘えば不死不滅というわけにはいかないらしい。パルテナ等の女神は年齢を気にしている様子である。

今作における神様は非常に感情豊かであり、性格的には人間と大差ない。また、何でもかんでも願いをえられる存在ではない。この点は今作の要な元ネタであるギリシャ神話に沿っていると言える。

天界

ピットCV高山みなみ
本作の主人公パルテナ軍親衛隊隊長を務める戦う天使人間に換算すれば13歳ぐらいの少年。明るく元気だが、年相応に自信過剰だったりやんちゃだったりもする。桜井「自分探しとかしない」らしい。
女神パルテナ加護があることに加え、かつてはオンリーだった装備も「器」という形で選択肢が大幅に増えており、本人く「昔のとは違う」らしい。が、相変わらず自を飛べないなど、とてもそうは見えない。顔以外。
パルテナCV久川綾
界を統べる女神ピットの上
初代では攫われヒロインだったが、今作ではピットサポートを行う。美貌の持ちで、ピットをはじめとする天使たちからの尊敬を一手に受けるほどの慈の持ちでもあるが、妙なところで腹黒かつ毒舌桜井く「意外と冷で短気な一面がある」。大乱闘なんとかブラザーズでの々しい振る舞いはどこへやら、っ気や俗っぽさも色濃くなっており、特に下画面で繰り広げられるピットとの掛け合いは全に漫才大乱闘なんとかブラザーズではカービィが持ちキャラだとかそうでないとか。
一部では同じ任天堂製のゲームである「斬撃のレギンレイヴ」に登場する女神イズン様の臭いがすると言われる。
イカロス
界の下級兵士たちの総称で、ピットの部下に当たる。 様々な種類がいる。一部マッチョな物もいるが、昔と同じようにピットべるとどれもこれも物凄く貧弱であり、ピット及びパルテナからは戦として全く当てにされていない。但し、パルテナ加護がある限りヤラレチャッても低コストで復活できる他、ピットと違い彼らは普通に飛べるので17章ではピット支援で大活躍することに。なお彼らをかたどったアイテム器としても登場するが、これらはもちろん本人ではなくイカロスを模した人形である。

冥界

メデューサCV進藤尚美
冥界女王であり、25年前に倒したはずの宿敵。蠢く頭髪が特徴的。元々はパルテナと対をなす闇の女神であったが、人間たちにあまりにもひどい仕打ちをしていたのを見かねたパルテナと衝突。その際に有名な『美しい頭髪の化け物に』を筆頭とする、「よっぽど恨むほどの事」をされる。25年前はパルテナを攫って手中に収めるという、あわや間一の所まで追い詰めたが、最終的にはピットによって倒されてしまった。
25年の時を経て、府軍を従えて突如復活し、界と人間界に襲い掛かる。
前作から見たが一番変わったキャラクター。前作では岩に埋め込まれた一つの怪物だったが、今作ではの巨大な女神で、ギリシャ神話に伝わる典的なメデューサの姿で登場した。最終形態では首が分離してさながら「ゴーゴンヘッド」のような本性を表し、25年前の一つ怪物姿を彷彿とさせる形相で襲いかかってくる。
(ただし、この一つの怪物の形態はメデューサ本来の姿ではないようで、海外の「初代」ではメデューサを倒すと本物のメデューサが出てくる。)
府軍
メデューサが率いる軍隊。その多くが魔物の姿をしていて、人のように手を持ち二足歩行をする物は非常に少ない。前作に登場した敵も多数続投している。(ナスビ使いや死神など)
魔獣インベロス
前作に登場した、二つ首のモンスター。前作でも1面:府界のボスだったが、今作では更に全身が燃え滾っており、火炎放射や尻尾での薙ぎ払い攻撃、巨体から繰り出す突進攻撃は威圧感満点。1面モンハン並のデカさのボスという時点で、初見ではかなり怖いかもしれないが、それでも悲しいかな所詮は1面ボス府軍幹部ボスの中では一喋れず、ピットからはっころ扱いでやたらと馬鹿にされた挙句、ボスバトルモード(≒格闘王への道)でもコイツノーダメ安定で倒せないと論外などと基準にされてしまう程、ウィスピーウッズ的なポジション
三つ首ヒュードラー(CV高塚正也
前作で人間界のボスとして登場した、モンスター。今作ではなぜか三つ首進化しており、しかも羽もないのにを飛ぶようになっている。また、首だけになっても生存する生命を持つ。
三つ首は向かって左からそれぞれ「やけに優しい穏健父親面した正統派ヒャッハー過激派」といった別個の人格を持っており、しかも流暢に人を操ってすさまじいテンポ漫才を繰り広げる。三つ首状態の中戦から、首だけになった状態との地上戦など、様々な戦いの中でそれぞれの首を撃破していくことになるが、この順序によってデモ内でのセリフも変わってくる。全部見てみよう。
邪神パンドーラCV鈴木麻里子
けだるげな女性で話す、人魂女神。これでも一応女神。前作では天空界のボスとして登場。
災厄を操る存在で、奇妙な魔法を多く繰り出す。府軍の魔物を量産する「真実の魔」を所有し、の回るようなトラップが満載されたダンジョンを構成してピットを迎え撃つ。
ピットに倒されたが、終盤で巻き戻しのにより復活、さらに体も再生させて妖艶な美女、女戦士パンドーラ
なった。その姿と性格の変化は周りを驚愕させた。
魔神タナトスCV伊藤栄次)
死を魔神。一般ザコ敵で魂収集役の「死神(Reaper)」ではなく、そのまた上の「死の(Death)」。変身を得意とし、前作のメデューサ戦では「メデューサのうちの1本」に化け、ヒュードラーの色違い的な姿でメデューサの前を跳ね回っていた。今作では、本来の姿であるランプ魔人のようなデブ親父の姿で登場。巨人の足・の束・コウモリマトリョシカなど変身レパートリー生物生物モチーフ問わず多だが、全ての変身を一度で拝もうとすると、それなりにホンキ度を上げて高難易度で挑まないと達成できない。
暑苦しいテンションの持ち語尾いちいちデス」=「Death」とつける。
パルテナく、府界においてはむしろメデューサよりも格上の存在であるはずだが、自身は「府の世界格差社会は似合わない、格が上下どうであろうが、面ければ別に何でもいい」としてこの摘を一蹴している。
ハデスCV大塚芳忠
存在自体がネタバレなので詳細は「ハデス(光神話パルテナの鏡)」の記事を参照。

自然軍

ナチュレCV大本眞基子
破壊王自然王という肩書きを持つ少女の容姿をしているが、口調は年寄り臭い、いわゆるロリババアあるいはのじゃロリ自然の摂理に反する人間たちを滅ぼし、あるべき自然の姿を取り戻すという名で、たった1発で都市腐海に沈め大地へと還元する強植物核兵器「初期化爆弾」を連続投下して人間界を攻撃。府軍とはまた違った第三勢自然軍」を率いており、地上文明の初期化一掃を阻止しようとするピットパルテナ軍の前に立ちはだかる。だが、人間憎しとはいえど地上侵略のため益な殺戮や自然破壊をも厭わない府軍とも対立関係にあり、利の一致次第では一時的にピット側に協することもある。そのため、ピット達にツンデレ摘された。否定せずにツンデレお約束台詞で言い返すあたり、自覚はあるのかもしれない。
ロッカ
すばやさがぐーんとあがった!
『剛ロッカ』と呼ばれる自然軍幹部。自然軍三幹部の中では一非人間ベースの岩石に覆われた姿をしている。文字通り岩石の身体をフル活用したパワフルな攻撃が得意で、防御も弱点部分を除いて総じて高く、こちらの攻撃が通りにくい。理由は不明だが、一切喋らない。(ナチュレく『口がないから』)
アロン(CV徳山靖彦
『静寂のアロン』という肩書きを持つ自然軍幹部。人工のとして造られた、兵器満載の要塞『殿』に住んでいる。外見はモノクルを付けた老紳士で、温厚で礼儀正しい(ピットく『爺や口調』)が、おドール説明文によると「残性も秘めている」とのこと。徴らしくと暗闇を操り、闇に姿を隠しながら攻撃してくる。
エレカ(CV小松由佳
『電のエレカ』の異名を持つ、自然最強幹部。クールビューティと称されている。タナトスを圧倒するほどのマジヤバでちゃけパねぇの持ち。異名通りに素く動き回りながら電撃系の速攻を繰り出してくる。電撃系のピットく「セクシーダイナマイト」で、実際そのような格好をしているが、結構お年を重ねているらしく、パルテナとの会話では静かで不穏な、面下での『オンナの争い』が繰り広げられる。

その他


次へ»
最終更新日: 18/09/11 21:57
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ