ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


新世紀エヴァンゲリオン 2nd Impression


ヨミ: シンセイキエヴァンゲリオンセカンドインプレッション

新世紀エヴァンゲリオン 2nd Impressionとは、1997年3月7日セガより発売されたセガサターンゲームソフトである。


概要


テレビアニメ新世紀エヴァンゲリオン』のゲームソフトであり、いわゆる「キャラゲー」。

セガサターンでは前作『新世紀エヴァンゲリオン』(アニメと同タイトル)に続く、2作エヴァンゲリオンゲーム

タイトルの「2nd Impression」は「第一印」という意味の英語first impression」をもじったものと思われ、あえて訳するなら「第二印」だろうか。

1995年から1996年にかけてテレビ放映されたアニメ新世紀エヴァンゲリオン』は放映後も人気がなかなか衰えていなかった。そんな中で発売された本作もエヴァンゲリオンに熱中するファンの訴に合致し、1997年中に39万本弱を売り上げるなど好調な売れ行きを記録した。

ストーリー面やデザイン面などでは、アニメ版の脚本家の一人「山口」が脚本を担当していたり、テレビアニメ版の第六使徒・第七使徒デザインを担当した「前田真宏」がゲームオリジナル使徒デザインしているなどの理由もあって、概ねアニメ本編と近い雰囲気が出ている。

山口が脚本を担当していたのはサターン版前作も同様であったが、基本的に明るい雰囲気だった前作とは違い、本作では自分に自信が持てない主人公・心理世界での自問自答・過去トラウマ人間関係の忌避などのやや暗い描写も含んでおり、原作アニメのもつ陰のあるテイスト再現している。


ゲームシステムなど


ゲームシステムは大きく分けるとアニメパート戦闘パートで構成されている。

アニメパートフルボイスアニメーション映像で構成され、要所要所で表示される選択肢を選ぶことでアニメーションストーリーが分岐していくというコマンド選択アドベンチャーゲームのような形式である。複数居るヒロインキャラのうちかの好感度を増すような選択肢をとっていけばそのヒロインを中心としたシナリオへと分岐するため、ギャルゲー的とも言えるかも。

分岐したシナリオによって、例えば「第X話 地球防衛バンド、ふたたび(EPISODE:X BEST FRIEND )」といったようにそれぞれのサブタイトルが決定する(テレビアニメ本編のように、日本語の他に英語サブタイトルも添えられている)。そしてそれぞれのサブタイトルでの予告映像も準備されていたり、入したプレイヤー名がエンディングで「総監督」として表示されるなどの仕掛けもある。つまり「テレビ版の外伝的な第X話を、プレイヤーが自らの手で総監督として形作っていく」というコンセプトである。

ただし、「既に一定の回数のプレイを終えている」「使徒との戦闘パート特定の行動をとった」などの条件をそろえなければ登場しない選択肢も混じっているので、最初のうちは狙ったシナリオに進めるとは限らない。

一方戦闘パートでは、ポリゴンで描かれた味方の巨大人兵器エヴァンゲリオン」や、敵であるの巨大怪獣使徒」の立体モデルが登場する。そして画面に表示されるインケーターのタイミングに合わせて攻撃・回避などのボタンを押すことで、戦闘を有利に進めていくことができる。

また、攻略の達成度によってミニゲームイラストライブラリーなどが徐々に利用できるようになるという、おまけ要素も用意されている。


難点


ゲーム発売当時の1997年プレイしていたならばかなり問題であっただろうと予想される、重大な難点もある。

シナリオが多数あり、その分岐条件はゲーム中にヒントい。よって外部の攻略情報に頼らなければ手探りで探していくしかない。また、プレイ回数が出現条件となっている選択肢もある。ということは必然的に何度も周回プレイをすることを強いられるわけだが、通常の手段では一度見たアニメーションムービーをスキップすることができないので何回も同じムービーを見せられる羽になる。

前作(セガサターンソフト新世紀エヴァンゲリオン』)のセーブデータが存在すれば、5回プレイからはスタートボタンムービーをスキップできる。またコマンド式の裏技を使えば前作セーブデータすらも不要である。しかしゲームを快適にプレイするには必須と言っていいムービースキップをこういった「隠し要素」にしてしまったことで、駄に苦労をさせられたユーザーは少なくなかったと想像できる。

また、戦闘は基本的に「タイミングに合わせてボタンを押す」だけの単調なもので簡単に慣れることができ、そのうちど失敗しなくなる。そのため、プレイし始めたころ以外は戦闘自体を楽しむのは難しく、ただの作業となりがち。それにも関わらず「戦闘である程度ダメージを負うなど、苦戦する事」が分岐条件になっているシナリオもあり、その分岐条件に気づいてわざと負けなければどうやってもそのシナリオに入ることはできず、延々とプレイし続けることになる。

ただしインターネットの普及がまだまだ途上だった1997年には上記のような難点は悪なものだったかもしれないが、現在ムービースキップの裏技コマンドも各シナリオ攻略方法も詳しく掲載しているウェブサイトが複数あり、インターネットの閲覧手段も普及しきっている。そのため、現在ではこれらの難点が与えるストレスもかなり軽減されていると言っていいだろう。


第XX使徒


ゲームオリジナルの「使徒」。

前作の使徒が「第X使徒」であり、その次に襲来したという意味で「第XX」と冠されている。襲来する使徒が予言されているという「死海文書」に記載されていない「イレギュラー」な存在であるために通常のナンバリングがされていないという設定。この使徒との戦闘自体も単なる演習として秘匿される。

前述のように、デザインテレビアニメ版で第六使徒・第七使徒を担当した前田真宏が手掛けている。ゲーム中の最初の戦闘で対決する形態は円盤集合のような姿だが、次に相対する際にはのような形態を経て、全く様相の異なる成体へと変貌する。

戦いを通して学習し、成体となる際にその内容を利用するという性質を持っており、「最初の戦闘でどのように戦ったか」によって成体の持つ特殊が変化する。


山岸マユミ


ゲームオリジナルヒロイン黒髪ロング眼鏡っ子声優氷上恭子キャラクターデザイン髙木

名字の「山岸」は、村上龍小説幻想ファシズム』に登場するキャラクター山岸良治」からか(相田ケンスケ鈴原トウジ時田シロウなど、『新世紀エヴァンゲリオン』の登場キャラクターはこの小説から名前をとっている者が多い)。

仕事の都合でしばらくの期間のみ物語舞台である第三新東京市に滞在することになり、主人公である碇シンジらが通う第中学校2年A組に転入してくる。

「癖であるかのように盛んに謝る」「本が好きでいつもで沢山の本を読む」といった少女で、地味めな見たも相まって「大人しく控えめな読書」という印。だが実は、劇中での内面描写によれば「本が好き。勝手に踏み込んでくる神経な人がいないから」「の中が好き。期待した以上の事は起きないけど、それより悪いことも起こらないから。私をほめてくれる人もいないけど、私を笑う人もいない」という、非常に後ろ向きな理由でのインド大人しいというのは彼女の独く「勝手な勘違い」らしい。実際、ゲーム中で彼女に強引に役を押し付けるような選択肢を選ぶと、気分をしたようにはっきりと断ってくる。

彼女の精世界でのフラッシュバックの中には、母親父親によって殺されるところを幼少時に間近で見てしまっている?ような映像がある(断片的な映像描写でしかないためそう確定できるわけではないが)。何らかのトラウマを抱えており、それが他人とのふれあいを拒絶するかのような性格へと影を落としている事が伺える。

両親に関する過去トラウマ人間関係に臆病、という諸々の要素に主人公碇シンジの共通点が多い。それがキャラクターとしてのキーにもなっているようで、劇中でシンジ彼女を評して「あの子に似ているのかも知れない」と言うシーンがある。またマユミが「私たち、似ているのかもしれませんね」とシンジシーンもある。

彼女メインとなるシナリオは2つあるが、その片方のサブタイトル「第X話 悲、切り開いて」の英語サブタイトルは「EPISODE:X Like as two Peas」。「like as two peas」とは、「うり二つ」「そっくり」という意味の英語慣用句である。

使徒との最初の戦闘での展開によっては、第XX使徒彼女の体内に本体を隠すという形態に進化することがある。それを悲観して彼女自殺を図る展開となることも。


ゲームオリジナル曲


ゲーム内では第中学校は文化発表会を控えており、「碇シンジが友人の鈴原トウジ相田ケンスケとともに音楽バンド地球防衛バンド」を結成し、発表に向けて練習する」という展開となることがある。

その際、選択肢次第で色々な女性ボーカルを頼むことができるが、引き受けてくれる可性があるのはテレビアニメ版のヒロインの一人「惣流・アスカ・ラングレー」と、ゲームオリジナルヒロイン山岸マユミ」の二名のみ。

この2人がバンドで歌う以下のそれぞれの曲はゲームオリジナル楽曲であり、ヒロインらを担当する声優が歌っている。

ゲームパッケージ内には、8cmCDとしてこれらの楽曲の音楽CDも収録されていた。

また、2005年に発売された「セガサターンヒストリーVOCALコレクション~セガサターン発売10周年記念盤~」というセガサターンゲームに使用されたボーカル楽曲を集めたオムニバスCDにも、これら2曲が収録されている。


青葉シゲル


文化発表会に向けて練習している「地球防衛バンド」の面々の元に、アニメ本編でも登場していたキャラクター青葉シゲル」が訪れ、主人公碇シンジによって「青葉さん!」と呼ばれるシーンがある。

そしてギターを教えてくれることを告げ、シンジらに感謝されつつ「の特訓は厳しいぜ!」と楽しそうにったのである。

……「それがどうしたの?」と思うかもしれない。

だがこの青葉シゲルは、テレビアニメオープニングにも最終話の最終シーンにも登場するというレギュラー級のキャラでありながら、本編中では一度もからも名前が呼ばれなかった上に見せ場もほぼなかったというキャラクターであった。

その彼が、やっと主人公ボイス付きで名前を呼ばれ、しかもなんだかカッコよくギターテクを教える役柄をやっていたのだ。これには当時の青葉シゲルファンも胸を熱くせざるをえなかったという。


関連動画



■sm5445612[ニコ動]


関連商品


■azB000069T8D
■az4797302402
■az4047070173
■azB0007G8CY8


関連項目



最終更新日: 19/06/16 22:09
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ