ニコニコ大百科モバイル

7/2(月)よりスマホまたはPCでアクセスした場合、各デバイス向けのサイトへ自動で転送致します


新小岩駅


ヨミ: シンコイワエキ
掲示板をミル!
120カキコ!

新小岩駅とは、東京都葛飾区新小岩にあるJR総武本線であり、グモ聖地である。


概要


1928年(昭和3年)7月10日開業。1926年(大正15年)に開業した新小岩信号所に昇格させたものである。当初は当時の地名から取って「下総小松駅」となる予定であったが、地元の要望により「新小岩駅」となった(後に地名が「新小岩」になる)。
当初は南口しかかったが、1944年昭和19年)に北口が開設された。

1956年昭和31年)、北口前に米軍戦闘機墜落し、炎上。これにより、多数の日本人が重軽傷を負う事態となった(犠牲者がパイロットだけで済んだのが不幸中の幸いだが)。

1972年昭和47年)に複々線化され、同時に快速となる。


人身事故


人身事故が非常に多いとして有名である。
事の発端は2011年7月12日。新小岩駅3番線を通過中の特急成田エクスプレス10号」に女性が飛び込む事故が発生。その女性キオスクまで跳ね飛ばされてガラスを突き破り、買い物客ら数人が軽傷を負った。

その翌日、再び人身事故が発生。その後も立て続けに人身事故が発生する事態となっている。

なぜ、このようなことが起こるのかと言うと、原因は以下が挙げられる。

ちなみに新小岩駅がここまで注・問題視されているのは、単独の単位で発生している人身事故としては明らかに突出して多いからである。
総武線首都圏の大動脈の一つなのでダイヤへの影も多大。特に航空機の出発時刻に関わる「成田エクスプレス」のダイヤ乱れは致命的で、自殺が頻発していた時期はライバル京成スカイライナーに需要が流出するなど、経営面にも影を与えている。

対策として警備員による巡回、ホーム屋根照明の一部に系の色の導入(系は心を落ち着かせると言われている)やヒーリング音楽放送(現在は終了)、コンコースイルカ風景などのヒーリング映像を流すモニターの設置、自殺防止広告や「いのちの電話」のポスターの貼付、非常停止ボタンのシミュレーターの設置、通過列車が通過中にロープの設置、などしているが、いずれも間接的な効果しかない苦の策でしかなく、人身事故は依然として発生しており、ホームドア設置など抜本的対策の早急な実現がめられている。


一覧


下線を引いている列車は新小岩駅を通過する列車である。なお、新小岩駅自体での人身事故2011年7月12日より前にも発生してはいるのだが、その当時は他のと発生件数がほぼ同じであり、対策が要望されていた訳でもないため、当記事では省略とする。


隣の駅



関連動画



■sm4037381[ニコ動]


関連商品


■az480680620X


関連項目



外部リンク



最終更新日: 18/06/08 07:44
タグ検索 パソコン版を見る


[0]TOP
ニコニコ動画モバイル
運営元:ドワンゴ